« 四季派書庫(小久保実文庫) | トップページ | 短説:作品「行く末」(西山正義) »

2005年2月10日 (木)

短説:作品「トカゲ」(田中睦枝)

   トカゲ
 
            
田中 睦枝
 
 玄関を出ると、植え込みの中からトカゲが
飛び出してきた。
 アプローチの敷石の上に足を踏ん張って、
じっとしている。何度も見かけているが、今
までは素早く身を隠していた。
 全身で気配を感じ取っている姿に少し見と
れ、足を踏み出した途端に茂みの中にスルリ
と消えた。
 
 梅雨の晴れ間だった。
 朝、夫と子供を送り出し、庭の草抜きをし
ていた。
 南天と姫沙羅の葉の問に、わずかばかり見
えているフェンスの上にトカゲがいた。
 頭をこちらに向けている。掌をそっと差し
出すと、乗ってきた。
 カーブを描いたしっぽを眺める。汗が一筋
胸の間を流れ落ちた。と、トカゲは素早く腕
をつたいTシャツの袖口から中へ滑り込んだ。
 Tシャツの裾から両手を入れる。胸と背中
をかき回す。が、トカゲは落ちてこない。
 家の中に駆け込んで、風呂の脱衣所で衣服
を脱いだ。トカゲは見当たらなかった。
 浴室に入ってシャワーを浴びる。
 シャンプーをして髪の毛の泡を流し、目を
開けると、バスタブの縁にトカゲがいた。
 咄嵯にわしづかみにした手が空を切る。
 にぶい音がする。タイルの上に腹を見せた
トカゲが転がった。その上にシャワーの湯が
降り注ぎ、湯気が充満した。
 衣服を着てから、トカゲを隣の空き地に埋
めた。

 翌日の午後、買い物に出かける。
 自転車を押して門を抜けるとき、門扉の陰
からトカゲがすり抜けたような気がした。

〔発表:2000年9月藤代日曜座会/初出:「短説」2000年11月号/再録:「短説」2001年5月号〈年鑑特集号〉*2002年の代表作「我」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2003.12.19〕
Copyright (C) 2000-2005 TANAKA Mutsue. All rights reserved.

|

« 四季派書庫(小久保実文庫) | トップページ | 短説:作品「行く末」(西山正義) »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1996〜2000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「トカゲ」(田中睦枝):

« 四季派書庫(小久保実文庫) | トップページ | 短説:作品「行く末」(西山正義) »