« 短説:作品「ママムシ」(向山葉子) | トップページ | 短説メーリングリスト座会 »

2005年2月25日 (金)

短説:作品「症候群」(五十嵐正人)

   症候群
 
           
五十嵐 正人
 
 少年がはじめて淋しさを知った頃、巷では
あるテレビゲームが流行っていた。ゲームセ
ンターは小学生であふれ、無口な子供達はテ
ーブルに群がった。少年も同じように百円玉
を入れてみる。一瞬画面は緑色に光り、機械
が大声で笑うのが聞こえた。
 一人の女の子が走っている。怯えた様子は
追われているせいだ。追手の子供達は、手に
手に石や棒を握っている。少年は画面を見な
がらレバーを操作するうちに、少女のすべて
が自分の思いのままになることを知った。左
のレバーで少女の足は速くなる。右のボタン
を押すと、少女を狙って石が投げられたのだ。
少女は一目散に逃げて行く。行く手を遮る者
もいるが、ボタンを押さないかぎり安全だ。
少女は難なくかわしていった。
 しかし、ついに一つの石が小さな胸に触れ
てしまう。驚いた少女の顔を、少年はどこか
で見たような気がした。左のレバーが遅くな
り、手元には別のボタンがあった。今までは
たしかに無かったはずのボタンの効果を、少
年は始めから知っていたのだろうか。思いっ
きり押すと、いっせいに棒が飛んで来た。そ
のうちの一本が細い足に絡まり、少女はうつ
伏せに倒れた。もう起き上がることも出来な
い。レバーはいつしか消えていた。泣き出し
そうな瞳が、誰かに似ている……。誰なんだ
ろう。ハンター達は、獲物に近づいて行った。
 あぁ……。少年がそう思った時、はたして
赤い最後のボタンがそこにあった。数十の目
が同じ色に光り、機械は少女の絶叫を伝える。
 この声は……! 少年の指に力がこもった。
 
 テーブルには、別の少女が座っている。画
面では一人の少年が進み出て、少女のブラウ
スに手をかけたところだった。

〔発表:1985年9月第1回東京座会/初出:五十嵐正人短説集『羽化』1986年7月/初刊:年鑑短説集(1)『旅のはじまり』1987年7月/「水南の森」upload2002.2.5/〈短説の会〉公式サイトupload2004.2.14〕
Copyright (C) 1985-2005 IGARASHI Masato. All rights reserved.

|

« 短説:作品「ママムシ」(向山葉子) | トップページ | 短説メーリングリスト座会 »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1985〜1990」カテゴリの記事

コメント

拙作「症候群」をアップしていただき、ありがとうございます。
第一回短説座会で天位をいただいた作品である以上に、僕にとっては記念すべき短説第一作です。あれから20年。数だけは随分書いてきましたが・・・。

投稿: 五十嵐正人 | 2005年2月26日 (土) 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「症候群」(五十嵐正人):

« 短説:作品「ママムシ」(向山葉子) | トップページ | 短説メーリングリスト座会 »