« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月29日 (金)

短説:作品「息子よりお父さん」(西山正義)

   息子よりお父さん
 
            
西山 正義
 
「あッ、京王線のプラレール!」
 息子が叫ぶ。それより先に、お父さんの方
がショーウィンドーに張り付いていた。
「8000系だね。いま乗ってきたやつだよ」
「うん! あ、あっち、南海ラピート」
「ほんとだ。中にもあるよ。さあ入ろう」
 館内に入ると、右手の脇にもプラレールコ
ーナー。京王線の多摩動物公園駅に、「京王
れーるランド」というのができた。土日は混
むだろうから、幼稚園が夏休みになった平日、
お父さんのからだが空き次第、息子を連れて
来ようと決めていた。バスにも乗れ、電車に
も乗れる。息子は喜ぶに違いない。退屈しの
ぎにも丁度いい。というのは半分口実で、実
は、お父さんの方が一度来たかったのだ。
 メインは、Nゲージのジオラマで、実際に
運転士が使っているハンドルを操作して、模
型の車輌を走らせることができる。一回五分、
百円也。これは面白い。万世橋の交通博物館
でも青梅の鉄道公園でも、Nゲージは大人気
なのだが、自分で走らせることはできない。
しかも本物の運転台。制動弁の操作は幼児に
はやや難しい。思わずお父さんの手が延びる。
 さて、一番の目的は、一般には市販されて
いない京王8000系のプラレールを買うこ
と。京王線にはロマンスカーのような車輌は
ない。この最新型にしても、ごくありふれた
通勤電車で、グッドデザイン賞を受賞したと
はいえ、取り立ててどうという代物ではない。
が、長年京王線に慣れ親しんできたお父さん
としては、やはり買わずにはいられない。
「これはお父さんが管理するからね」
「うん。早く帰ろう。おうちで走らせようよ」
「もう帰っていいの? あれにも乗ってみた
いと思わない」とお父さんは、開通したての
多摩モノレールの高架を指差した。

〔発表:2000年7月第76回東葛座会/初出:2000年9月号「短説」/再録:「西向の山」upload2002.9.21〕
Copyright (C) 2000-2005 NISHIYAMA Masayoshi. All rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

『カバー、おかけしますか?』

 まだ現物は見ていないのだが、『 カバー、おかけしますか?』というユニークな本が出版ニュース社から出ている。発行は昨年の十二月。
 本屋さんでかけてくれる紙製のブックカバーのコレクションで、デザインのカテゴリー別にカラーで紹介されているらしい。実は昨日の産経新聞にレビューが載っていたので知ったのだが、是非手に取ってみたい一冊だと思った。
 僕は、文庫本の場合、二十歳頃から紀伊國屋とか三省堂で売っている合成皮革や和紙のブックカバーを愛用していて、書店ではカバーを断っている。が、それ以前はよくいろんな書店に行っては集めていた。日常使うのは使い回しにして、一部は使わずにきれいなまま取っておいたりした。別にコレクションにしていたわけでもないのだが、今でも捨てられずに保管してある。
 現在使っている文庫カバーは、紀伊國屋で売っているCONCISEの合成皮革のカバー。しかしこの手の物は、文庫にはいいが単行本には向かない。もちろん各種サイズが取り揃えられているし、いろいろ試してみたが、結局、紙のカバーが一番いい。分厚い全集などは画用紙で作ったこともある。しかし画用紙では、手の脂が吸い取られ、手触りも良くない。ということで、単行本の場合は時々カバーをしてもらう。
 最も憧れたのが、元ジャックスの早川義夫氏が経営する書店のブックカバーで、つげ義春の「紅い花」の最後の二コマ、「のうキクチサヨコ」「うん」/「眠れや………」を左右に配したブックカバーである。
 僕の二大「アイドル」の、こんなコラボレーションはまたとない。垂涎物だ。しかし、残念ながら持っていない。それを知った時にはすでに遅かった。文庫用に二万枚作り一年ほどで消費し尽くすと、その後は作っていないそうで、それを知ったのは早川氏の著書『ぼくは本屋のおやじさん』であるが、僕が手に取った本は初版から三年経っていた。(このカバーも収録されているのかしら?)
 ゴミの問題や過剰包装ということもあるが、一冊だけ買う場合、カバーだけしてもらい、紙袋は断ればいいし、そうしている書店もある。本の場合、テープを貼るわけにもいかないから、そこで買ったよという印になり、世界中で日本だけだというこの風習はいいんじゃないかと思う。必要なければ断ればいい。
 産経新聞の猪谷千香氏が紹介しているのだが、本書によると韓国でも一九九三年頃まではやっていたらしいが、ゴミ減量運動で絶滅したとか。「もはや日本独自の文化なのだ」かどうかは分からないが、各書店独自のブックカバーは、知らない土地のはじめて入る書店のカバーがなかな良かったりすると、嬉しくなるものである。
 それにしても、何にでも愛好家というか好事家というのはいるもので、「書皮友好協会」というのがあるとは知らなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

短説「雨と寝る桜」(成田弥宇さん追悼)推敲作

   雨と寝る桜
 
            
西山 正義
 
 あの日もこんな雨の日だった。
 今日四月十二日は、LIBIDOの成田弥
宇さんの命日。十六回忌である。LIBID
Oとは、一九八〇年代のインディーズ黎明期
において、一際異彩を放っていた伝説のロッ
クバンド。成田さんはそのリーダーで、作詞
作曲・ボーカル・ベースを担当。
 そのボーカルは一見金属的であるが、生な
肉声そのものだった。ベースは滑らかにうね
り、変則リズムを支えた。視覚的には、黒づ
くめの出で立ちに、白塗りの顔。そのライブ
は見る者、聞く者をゾクむぞッとさせた。
 詩人とロックンローラーは三十までに死な
なくてはならない。成田さんの場合、病死で
あるが、まさかそれを地で行くとは。
 はじめて会ったのは、僕が二十歳、成田さ
んが二十三。当時僕はある先輩の舎弟のよう
になっていたのだが、その先輩が成田さんと
幼馴染みだった。僕がロック少年であったの
で引き合わせてくれたのだ。
 ライブは欠かさず行った。内輪の打ち上げ
にも参加した。朝まで飲んだ。みんなへべれ
けになり、下戸の僕が機材を積んだバンドの
車を運転して帰ったこともある。
 最後に会ったのは、亡くなる五か月前。小
田原の病院に見舞いに行った。癌であった。
三十歳の誕生日を一ト月後に控え、その歌詞
「ぼくはこの道を あまりに急ぎすぎたか」
の通り、夭逝してしまった。
 実家はお寺さんで、住職を継いでいた。そ
の通夜の日、今日と同じような春の雨が降っ
ていた。境内に桜の大木があった。花はなか
ば散らずに残っていた。それが雨に濡れそぼ
っていた。夜の桜。桜に雨。「雨と寝る桜」
−というフレーズが僕に浮かんだ。「死んで
生まれた」と、成田さんも歌っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月20日 (水)

短説:作品「生け花」(喜多村蔦枝)

   生け花
 
           
喜多村 蔦枝
 
 数室は、木を切るハサミの音がするだけで
ある。桃の節句が近づいている。今日の花材
は白桃と緋桃に菜の花、アイリスである。
「男雛と女雛をイメージしてください。女が
強い時代ですから、女雛の方に男雛が幾分寄
り添うように生けてもおもしろいですね」
 先生は冗談まじりにそう言った。
 枝をたわめる。水盤の中の世界が広がる。
梅は武家の娘のように、でも桃は町娘のよう
に生けるという。そうは言ってもなあ、まま
ならないと思いながら良子はハサミを入れる。
元気な町娘だ。緋色の幹は太いし枝も多い。
それに比べ白桃は細く貧弱な蕾の数。どうや
らまとまった。これでいい。我が理想とする
男女同権だ。でもちょっとノミの夫婦かな。
「お願いします」
 先生はじっと眺める。バランスは取れてい
ますが、器の中央で寄り添っているから面白
みがないという。崩してみましょうと手直し
をしている。
「どうかしら」
「直していただいたのは、なんだか……どう
も……逃げる男に追う女のイメージがして」
 教室内がどっと笑った。真剣に生けている
のか、それとも私の言葉を聞きながらのんび
り生けているのかと良子は思った。
「あらそう、じゃあ受け止める男にしましょ」
 先生はハサミを入れ、白い枝を一本加えた。
その根元に菜の花、そして側にアイリスを真
っすぐ立たせた。それが男性のシンボルか、
男前の白桃。なるほど。
 自宅で良子は教わった通りに生け直した。
玄関である。真っ正面。扉を開ければ一番最
初に否応無く目に入る位置だ。来客が言った。
「まあ、花で雛を表すのもようございますね。
頼る奥方、戸惑う殿方って感じですわね」

〔発表:2001年4月東京座会/初出:「短説」2001年7月号/ 再録:「短説」2002年5月号〈年鑑特集号〉*2001年の代表作選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2004.3.20〕
Copyright (C) 2001-2005 KITAMURA Tutae. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土)

短説:作品「楽団」(秋葉信雄)

   楽 団
 
            
秋葉 信雄
 
 テレビ会社の控室は、思ったほど広くはな
かった。バンドメンバー四人で、出番を待つ。
 やがて、名前が呼ばれ、あっと言う間にオ
ーディションは終わった。二週間ほどして不
採用の通知が届いた。また、僕達はパーティ
ー回りに精を出した。みんな十六歳だった。
二年程して、中学から続いたバンドは、解散
した。僕が大学へ進むことになったからだ。
メンバーは、「学生とバンドは両立できない
のか」と問い詰めた。まだまだ僕は、そのこ
ろは不器用だった。二足のわらじは履けない
と信じていた。
 その一年後、大学生になった僕は、テレビ
に映るメンバーを見付けた。僕の後釜を加え、
人気俳優のバックバンドとして、レコードも
出していた。
 数年後、僕は大学を追われた。時を同じく
してバンドのみんなもテレビから姿を消した。
僕は懲りもせず、再びギターを手にし、様々
なバンドを渡り歩いた。学園祭で酒を飲んで
はギターで殴り合うこともあった。
 諦め切れない性格からか、大学を受け直し
た。不思議に四年で卒業できた。ギターは埃
をかぶっていた。
 やがて運よく職を見付けたころ、かつての
メンバーと偶然再会した。みんな数々の仕事
を転々とし、印刷工や大工に変身していた。
「またバンドをやろう」と言われたが、うな
ずくことは出来なかった。
 その翌年、職場の関係者から、バンドに誘
われた。お世話になった大先輩の退職に合わ
せ、地元の小学校の体育館を借用した。「演
芸会」と銘打たれた会場の看板の下で、光り
輝く禿頭をかきながら、照れていた大先輩の
姿から、いにしえのヒット曲が聞えて来た。
 When I'm sixty-four

〔発表・1991年5月東京座会/初出・「短説」1991年10月号/初刊・年鑑短説集〈5〉『螺旋の町』1992年4月/再録・秋葉信雄短説集『砂の物語』2000年11月/〈短説の会〉公式サイトupload2005.3.24〕
Copyright (C) 1991-2005 AKIBA Nobuo. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

雨と寝る桜(成田弥宇さん追悼)

  雨と寝る桜
 
            西山 正義
 
 あの日もこんな雨の日だった。
 今日四月十二日は、LIBIDOの成田弥
宇さんの命日。十六回忌。LIBIDO(リ
ビドー)とは、一九八〇年代のインディーズ
・シーンにあって、独特な光芒を放ち、一種
カリスマ的存在でもあった伝説のロックバン
ド。成田さんはそのリーダーで、作詞作曲・
ボーカル・ベースを担当。暗黒舞踏を思わせ
る、黒づくめの出で立ちに、白塗りの顔。そ
のライブは見るものをゾクむぞッとさせた。
 詩人とロックンローラーは三十までに死な
なくてはならない。成田さんの場合、病死で
あるが、まさかそれを地で行くとは。
 はじめて会ったのは、僕が二十歳、成田さ
んが二十三。当時僕はある先輩の舎弟のよう
になっていたのだが、その先輩が成田さんと
幼馴染みだった。僕がロック少年であったの
で引き合わせてくれたのだ。最初からぶっ飛
んでしまった。
 ライブは欠かさず行った。内輪の打ち上げ
にも参加した。朝まで飲んだ。みんなへべれ
けになり、下戸の僕が機材を積んだバンドの
車を運転して帰ったこともある。
 最後に会ったのは、亡くなる五か月前。小
田原の病院に見舞いに行った。癌であった。
壮絶な闘病だったという。若かったので進行
が速かった。三十歳の誕生日を一ト月後に控
え、その歌詞「ぼくはこの道を あまりに急
ぎすぎたか」の通りに、夭逝してしまった。
 実家はお寺さんで、住職を継いでいた。御
通夜は、今日と同じような春の雨が降ってい
た。境内に桜の大木があった。花はなかば散
らずに残っていた。それが雨に濡れそぼって
いた。夜と雨と桜。「雨と寝る桜」−という
イメージが僕に浮かんだ。以来、このフレー
ズが僕の頭から離れなくなった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

Invitation to tansetsu

Invitation to tansetsu
 
Shuji Ashihara

 
  Tansetsu is the novel which was written in only 800 characters of Japan. But, there is a big difference between Japanese characters and English. So, think like this. Tansetsu is the shortest novel. For example, as one-page or one-column.
  But, maybe you won't recognize it as the novel. Because it is too short. Then, we named it "tansetsu"as a form of new literature.
  Tansetsu is a thing like a haiku in the poetry, but in the novel. In Japanese, haiku is announced in the party, and they enjoy and criticize it. Also, in the party which named "zakai", we read and criticize tansetsu.
  The literary movement of tansetsu began in autumn 1985. It is a new literary movement, but the tradition of Japanese literature is taken over richly.
  For example, the history of this short story "tansetsu" began from the"Konjaku- monogatri (now, long ago, a story)" was compiled in early 12th century in Japan. And, "Ise-story" was concluded in the Heian Period (8th century in Japan). This story is the accumulation of the little episode. And then, was described the all lives of "Poet Mr. Narihira". We recognize it, as an origin of "rensetsu". The "rensetsu" is composed with plural "tansetsu". We produced some wonderful "rensetsu" works and "tansetsu" works already, by the citizen, not a famous writer.
  Now, it passes through about 20 years. We can say that the pleasure of the creation of the novel was liberated to the general public.
  As for the thing that a novel creation is to look for an answer. What am I? Where am I? This method was liberated from the dictator's occupation. Now   we can participate in the creative activities freely. Anyone, all.
  A tansetsu is very little. But, the universe is contained in it. One lily flower is to be so.
 
  We want an American or an English person who lives around Tokyo and can help us for translation in Japanese to English. Make contact with e-mail please. <tansetsu@sj8.so-net.ne.jp>

Copyright (C) 2000-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 4日 (月)

短説:作品「四人ないし三人の彼等」(芦原修二)

   四人ないし三人の彼等
 
            
芦原 修二
 
 川べりを下っていったら、男の子同士が抱
き合っているのに出会った。見るのは気がと
がめたけれど、どうしても見て置きたかった。
目を向けたら、相手の一人と目線があってし
まった。それでも二人は抱き合っている。よ
く見ると、彼等は下半身がくっついたまま生
まれてきた双子であった。
 美しい匂いのする女性器を持ったひとがい
て、そのことを書いた小説が評判になってい
る。小説の名は『花の膣』。これはちょっと
ひどい題名だ。しかしわかりよいこともたし
かである。そういえば、自分の腋の下がいい
匂いを放っているときがある。自分のそこは
どうなんだろう。背をまるめて、鼻を近づけ
た。旅先の温泉で、誰もいない露天風呂での
ことである。湧き出す湯に含まれる硫黄の匂
いに消されてしまうのか、それとも体が硬く
て顔が近づかないせいなのか、そこの匂いは
嗅ぎ分けられなかった。もし、これがいい匂
いを持っているなら、『花の筒』ということ
になる、とそこまで考え、笑ってしまった。
 橋の上から眺めていたら、みみずくが溺れ
ている。ばかなやつだ。水の中で逆立ちでも
やったのだろう。それなら、もういちどひっ
くりかえればいいのに。そう思ったとたん、
みみずくはひっくりかえって、うまく水の上
に立ち、飛び上がった。みやがれ、そういう
こったろう、とべろを出したら、みみずくも
振りかえってべろを出した。それはまっ黒で、
先端がとがっていた。
 展覧会があった。いいものが並んでいる。
作者名に記憶がないのは、新人たちなのだろ
う。出ようとしたら入口脇に丸裸の少年が立
っている。「ほう」と立ち止まって見ると、
時々のどぼとけが動く。さわってみたくなっ
て、腹に指をふれたら温かであった。

〔発表:1999年8月東京・東葛座会/初出:「短説」1999年11月号/ (英訳版)「短説」2000年4月号:/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.2.1〕
Copyright (C) 1999-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 1日 (金)

"Four persons or three of them" by Shuji Ashihara

The Tansetsu:
"Four persons or three of them"
 
Shuji Ashihara

 
 I was coming down the riverside. There were two boys, and they were holding each other. I felt guilty as for seeing them. But, I wanted to stare at them well. Then, my eyes met one of boy's eyes. But they were still holding tightly. And I observed them well. They were twins whose lower half of the body stuck together.
 There was a woman who had the sex organs giving off fragrance. A certain writer novelized her life. The novel became one of the best sellers. Titled as "The flwer vagina". Isn't it a cruel title? But it is the name which is very easy to understand.
 Say the truth, my armpits have good smell, too. Then how about my sex organs? I rounded my back, and drew a nose to my sex organs. It was a happening in the hot spring of the destination. In the open-air bath, no one was there except for me. But my sex organs didn't smell. The sulfur smell of the hot spring might disturb it. And probably because my nose didn't reach to my sex organs. My body was so stubborm. If there was good smell there, it would be named "The flower pipe". As I thought so far, I began to laugh.
 I was looking around on the bridge. An eared owl was drowned in the river. What a silly feI1ow! Maybe, he stood on end in the surface of the water. As for such a thing, he had to be again overtumed. The moment I thought it, the owl was overtumed and stood on the water. Therefore, he could jump into the air. It was as I said. Then I stuck out my tongue. And the owl stuck out his tongue to me. He had a black tongue which was very sharp.
 I visited the artistic exhibition. It was the very good and fine exhibition. But all of artists were unknown to me. Probably, they were all newcomers. On the exit, a naked boy was standing, He didn't move like an object. I stopped, and looked at him well. Only his Adam's apple moved a little. I wanted to touch him. Ahen! His belly was so soft and Warm.

(translated by author himself) 〈August 1999 Tokyo/Tokatsu session〉 〔発表:1999年8月東京・東葛座会/初出:「短説」1999年11月号/(英訳版)「短説」2000年4月号:/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.2.1〕
Copyright (C) 1999-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »