« 短説:作品「匂う部屋」(西山正義) | トップページ | 短説:作品「水曜日」(向山葉子) »

2005年5月30日 (月)

短説:作品「珠子」(有森望)

   珠 子
 
             
有森 望
 
 死んだ友人の一周忌が過ぎた頃、残された
その夫人を訪ねた。ご無沙汰の詫びをかね、
線香を上げるつもりであった。
「どうぞ、あちらでお茶を」と庭の見える部
屋に通された。縁側に藤製の椅子とテーブル
があり、テーブルの上の小鉢が目に入った。
「何をやっておられるんですか」
 すり餌を作っているように思った。
「あ、それ。骨ですの。あの人のよ」
「あの人って、ヤツのですか」
「ええそうよ。きれいでしょ、まっ白で。こ
うやると砕けるのよ、ちいさく。ほら、ね」
 珠子はすり餌用の小型の棒でトントンと白
い固まりを潰してみせた。直ぐに粉末になっ
ていく。「おかしい?」と言って珠子は私を
見つめた。
「だって土の中にあの人を入れるなんて嫌よ。
可哀相だわ。暗くて冷たいところでしょ」
 私は珠子の口許を見ていた。
(わたし結婚してしまいます。あなたはいつ
もご自分をごまかしてらっしゃるのね)
 七年前、私に向かって言った珠子の科白と
声が、目の前の彼女の口許と重なった。
「納骨の時ね、前の晩お骨を少し抜き取って
おいたの。全部主人の実家にやったら、わた
し、ひとりぼっちになってしまうわ」
「ええ……。それで、それをどうなさる……」
「どうしようかしら。形のまま持ってると何
かと不便だわ。だから潰してみたんだけど。
でもね、不思議なのよ。こうやって砕いてい
ると、全てが終わって清算されてくようでね、
体が軽くなっていくの。嘘じゃないのよ」
 下を向いたまま棒を動かしている珠子の横
顔に気をとられていると、
「ここにお掛けになって。潰すのをね、手伝
ってくださいません」という珠子の声がした。

〔発表:1998年9月通信座会/初出:「短説」1998年12月号/再録:「短説」1999年5月号〈年鑑特集号〉*1998年の代表作選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2004.3.20〕
Copyright (C) 1998-2005 ARIMORI Nozomi. All rights reserved.

|

« 短説:作品「匂う部屋」(西山正義) | トップページ | 短説:作品「水曜日」(向山葉子) »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1996〜2000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「珠子」(有森望):

« 短説:作品「匂う部屋」(西山正義) | トップページ | 短説:作品「水曜日」(向山葉子) »