« 短説:作品「鯉を釣る少年」(道野重信) | トップページ | 短説:作品「ミミズ」(関口十至) »

2005年6月26日 (日)

短説:作品「ホットケーキ」(古川身江子)

   ホットケーキ
 
           
古川 身江子
 
「白い犬が来ました」と電話があった。
 僕と母さんは保健所へ行った。
 おじさんが子犬を抱いてきた。奥の部屋で
他の犬が吠えている。
「可愛がってもらうんだよ」おじさんが子犬
を僕に渡した。僕は「シロ」と呼んでみた。
 シロは僕の鼻を舐めた。
 
 父さんのホットケーキは変だ。丸くないし
焦げている。でも文句は言えない。母さんが
入院してるから。僕は父さんと病院へ行った。
 母さんは暗い部屋で眠っていた。水道の蛇
口に綿が詰めてあって、雫が落ちていた。
「どうして、こんなのついてるの?」
「壊れてるんだろう…」
「父さんに買ってもらったんだよ」
 僕が飛び出す絵本を広げて見せても、母さ
んは起きなかった。
 父さんとお風呂に入るのは嫌だ。ごしごし
洗うから痛いし、髪を洗うときシャンプーハ
ットを被ってないのに、いきなりお湯をかけ
る。目が痛いけど我慢する。
 母さんがいないから、なかなか眠れない。
「あと何回寝たら母さん帰ってくるの?」
 父さんは、もういびきをかいている。
 
 朝なのに、シロが起きない。
「ドライブに行こう」父さんが言った。
 いつもなら僕とシロが後ろに座るのに、父
さんはシロをトランクに入れた。
 レストランで僕はホットケーキを食べた。
きれいで柔らかくて美味しかった。少し残し
て紙に包んだ。シロにあげようとトランクを
開けた。鼻にくっつけても、まだ眠っている。
 1、2、3と弾みをつけて父さんがシロを
川に投げた。シロは眠ったまま流れて行った。

〔発表:平成13(2001)年2月通信座会/初出:「短説」2001年3月号/再録:「短説」2002年5月号〈年鑑特集号〉 *2001年の代表作「天」位選出作品/再録:「風都市」10号2003年11月/〈短説の会〉公式サイトupload:2003.6.14-2004.2.18〕
Copyright (C) 2001-2005 FURUKAWA Mieko. All rights reserved.

|

« 短説:作品「鯉を釣る少年」(道野重信) | トップページ | 短説:作品「ミミズ」(関口十至) »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集2001〜2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「ホットケーキ」(古川身江子):

« 短説:作品「鯉を釣る少年」(道野重信) | トップページ | 短説:作品「ミミズ」(関口十至) »