« 短説:作品「迎え火」(佐々木美千代) | トップページ | 短説:作品「あの日 あの曲」(西山正義) »

2005年7月19日 (火)

短説:作品「鳩」(福本加代)

   
 
            
福本 加代
 
 西ヶ原の町をわたしはひとりで歩いていま
した。時刻は午後一時を過ぎていて、汗ばむ
ほどの陽気でした。
 どこかで昼食をと思いましたが、住宅街で
そのような店は見当たりませんでした。よう
やく小さな蕎麦屋がありましたが、定休日の
札が掛かっていました。
(そうだ。たしかこの近くに古河庭園がある
はずだ。あそこに行けば茶店でパンか何か買
えるかもしれない)
 ちょうど薔薇の花の盛りの季節で、園内に
はカップルの姿が目立っています。池の側の
売店には、パンもお握りも置いてないので、
ポップコーンと缶ジュースを買って、ベンチ
に腰を下ろしました。
 芝生の上には沢山の鳩が舞い降りて、餌を
求めています。試しにポップコーンを幾粒か
撒くと、側に寄ってきます。面白くなって自
分が食べるのより、鳩にやるほうが多くなっ
てきました。ポップコーンは鳩の餌として売
っていたのかもしれません。
 鳩たちはわたしの足元に集まってきますが、
一羽、ポップコーンにまるで興味をしめさず
に、そっぽを向いているのがいました。群れ
の中でも抜きんでて大きな鳩でした。
 羽は鳩羽色といわれる、黒みがかった青緑
色。その黒みが光線の具合で紫色に見えて、
美しい鳩でした。たぶん雄でしょう。
 彼の視線の向こうにほっそりした白い鳩が
いました。彼はその鳩の様子に気をとられて
いるようです。 
 雄が雌に心を惹かれる。ごく当たり前の現
象なのに、なんだか腹が立ってきました。
(意地でもこちらをむかせてやる)
 わたしはポップコーンの残りを全部、鳩め
がけて投げつけていました。

〔発表:平成11(1999)年8月東葛座会・9月野田座会/初出:「短説」1999年11月号/再録:「短説」2000年5月号〈年鑑特集号〉自選集/短説[tansetsu]ブログupload2005.7.19〕
Copyright (C) 1999-2005 FUKUMOTO Kayo. All rights reserved.

|

« 短説:作品「迎え火」(佐々木美千代) | トップページ | 短説:作品「あの日 あの曲」(西山正義) »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1996〜2000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「鳩」(福本加代):

« 短説:作品「迎え火」(佐々木美千代) | トップページ | 短説:作品「あの日 あの曲」(西山正義) »