« 短説:作品「お戒壇めぐり」(五十嵐まり子) | トップページ | 短説:作品「犬と少年と郵便夫」(芦原修二) »

2005年8月30日 (火)

短説:作品「背後霊」(岩谷政子)

   背後霊
 
            
岩谷 政子
 
「ねえお父さん、犬には人に見えないものが
見えるんでしょう」
「さあ、どうかな、犬は近眼なんだよ」
「でも友達がそう言ったよ。クロさ、よくじ
ーっとうちの後ろの方を見る事が多いよ。我
が家に背後霊がいるんじゃないかと思うんだ。
だからその時、うちクロの眼を見るの、クロ
の眼に背後霊がうつってるんじゃないかと思
って」
「ハハア、捨てられていたこのバカ犬にそん
な霊感があるわけないだろう」
 信夫は晩酌の手を停めて、玄関でクロとた
わむれているまみのそばへ行った。中学生で
もまだ子供だなと思いながら。
 まみがクロを拾って来た時、庭もないのに
と怒ったが、妻の敏子が、がんで入院中だっ
た事もあり、命を粗末にするわけにもいかな
いか、と仕方なく飼う事にした。小犬だった
クロも四ヶ月程もすると、立派な成犬になっ
たが、敏子は一と月程前に亡くなった。
「お前、一人で留守番をしていて、背後霊が
出ても怖くないのか」とからかうと、
「うん、もしそれがお母さんだったら、背後
霊でも逢いたいもん」
 まみはここ一週間程学校を休んでいる。母
の死の心の整理がつかないからだろうと思っ
ていたが、背後霊の母に逢いたくて、日がな
一日クロと向き合っているのかと思うと、信
夫はまみを抱きしめたい衝動にかられた。
「ほら、台所の方をじっとみてるでしょ」
 クロはまみの肩ごしに、背伸びをするよう
にして、暗い台所の方を見ている。
「きっと、お母さんがいるんだよ」まみはク
ロの脚を持ちクロの眼を覗いている。
 信夫は何かの物音でもしたのだろうと思い
ながらも、ゆっくりと台所へ首を回した。

〔発表:平成10(1998)年3月東京座会/初出:「短説」1998年5月号/再録:「短説」1999年5月号〈年鑑特集号〉*1998年の代表作「天」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2003.12.4〕
Copyright (C) 1998-2005 IWAYA Masako. All rights reserved.

|

« 短説:作品「お戒壇めぐり」(五十嵐まり子) | トップページ | 短説:作品「犬と少年と郵便夫」(芦原修二) »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1996〜2000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「背後霊」(岩谷政子):

« 短説:作品「お戒壇めぐり」(五十嵐まり子) | トップページ | 短説:作品「犬と少年と郵便夫」(芦原修二) »