« 短説:作品「十三分間」(荒井郁) | トップページ | 短説:作品「鏡」(宮禮子) »

2005年9月30日 (金)

短説:作品「流山」(西山正義)

   流 山
 
            
西山 正義
 
 昭和維新を夢見て、壮士気取りの若者が四
人。リーダー格の田端は眼光鋭く、口髭を蓄
え、戦時中の国民服を模した服を着ていた。
平川は羽織袴に朴歯の高下駄。麻生はいわゆ
る戦闘服。間宮はごく普通の学生服だったが、
蝋で固めた学帽を目深に被っていた。
 間宮の運転するターボ・チャージャー付の
最新型スカイラインに乗っていても、とても
みな一九八〇年代の学生には見えない。
 流山に来ていた。間宮にとっては初めての
土地である。地元出身千葉商大国防部の平川
のつてで、ある民族派の老人と会っていた。
 和志丸剛毅と名乗るいかにも老翁然とした
その老人は、夥しい古文書に囲まれて鎮座し
ていた。若衆の訪問に老人は気を吐いた。本
職は郷土史家だというが、間宮は胡散臭いと
思った。天下国家を論じれば、田端も黙って
はいない。いつもの大言壮語がはじまる。
「そもそもヤルタ・ポツダム体制が……」
 しかしいつの間にか、なぜか幽霊の話にな
っていた。もう夜も更けていた。
「では、これから幽霊を見に行こう」という
ことになり、間宮の車で出掛けた。田圃の向
こうに小高い丘があった。農道脇に駐車する。
 稲穂の匂いが薫った。鬱蒼とした木立の向
こう、それは居た! まるで待っていたかの
ように。甲冑姿の黒い影。見たのは間宮だけ
ではなかった。からだが硬直し、動けなくな
った。麻生が引き寄せられるように、ふらふ
ら前を行く。間宮は危うく引き止めた。こん
なにはっきり見たのは初めてだと、和志丸剛
毅も声を震わせた。――あれは何だったのか。
確かに見た。幻影とは思えない。そこは戦国
時代の古戦場跡らしいが、武州多摩郡に生ま
れ育った間宮には、もっと近しい、もっと生
々しい、そして血腥いもののように感じた。

〔発表:平成17(2005)年1月ML座会/初出:2005年5月号「短説」〈年鑑特集号〉/再録:「西向の山」upload:2005.8.25〕
Copyright (C) 2004-2005 NISHIYAMA Masayoshi. All rights reserved.

|

« 短説:作品「十三分間」(荒井郁) | トップページ | 短説:作品「鏡」(宮禮子) »

僕の原体験」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

短説〈西山正義作品〉」カテゴリの記事

短説集2001〜2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/6179836

この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「流山」(西山正義):

» 新春豚汁とみんなで走ろう会 【流山市】 [柏・松戸・東葛エリアのくらし生活情報サイト]
あけましておめでとうございます。“おせち嫌い”Aです。 昨年は、わたしの拙いブログをお読み頂き、誠にありがとうございました。 今年はもう少し楽しいお話を載せていけるようにより一層頑張りますので、どうかよろしくお願いいたします♪ 先日、地域新聞で素敵な催し....... [続きを読む]

受信: 2006年1月 3日 (火) 11:00

« 短説:作品「十三分間」(荒井郁) | トップページ | 短説:作品「鏡」(宮禮子) »