« 映画『春の雪』 | トップページ | 短説:作品「丸い男」(芦原修二) »

2005年11月17日 (木)

「一日一字を記せば……」

 今月一日から始めたこのブログ(gooブログ「一日一枚」)。十五日まで二週間毎日何がしかアップしてきたが、きのうついに途切れてしまった(※のちのココログ・フリー版のアーカイブでは一部割愛)。
 といっても、きのうは、別のブログに、原稿用紙六枚半に及ぶブログにしては長編の力作?評論を書いた。三島由紀夫原作の映画『春の雪』を観てきた。それについての観劇評である。さすがにこのようなメジャーな話題は、あっちこっちで論評されていて、トラックバックしたり、コメントを返したり、補筆したりしているうちに、日付が変わってしまったのだ。
 まあ、毎日一枚何がしかアップするといっても、無理やり、あたかもアリバイのようにアップしてもあまり意味はないのだ。それできのうは空白のままとした。が、「一日一字を記せば 一年の中 三百六十字を得」を目標に、やはり極力何がしか書き込もうと思う。

 

(初出:gooブログ「一日一枚」)

|

« 映画『春の雪』 | トップページ | 短説:作品「丸い男」(芦原修二) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事