« 雨の日曜日 | トップページ | メモリ増設 »

2006年2月28日 (火)

短説:作品「馬と夢とラッキョウと」(秋葉信雄)

   馬と夢とラッキョウと
 
            
秋葉 信雄
 
 馬は夢を見た。草原を走っていたら目の前
にラッキョウがぶら下がっていた。にんじん
が下がっているという話は馬自身も聞いたこ
とがあるが、ラッキョウとは珍しいと思った。
だいぶ走り続けたので、一口で食べてしまお
うと口を開けた。顎をガチンと鳴らして、飲
み込もうとした。ラッキョウは危険を察した
のか、ヒラリと体をかわして、馬の耳の中に
もぐりこんだ。馬の体温が快適なので、馬の
体内深くラッキョウは入り込んだ。
 ラッキョウは、夢を見た。空腹を覚えたラ
ッキョウは猿のことを考えた。普通は猿に皮
を全部むかれてしまうのだが、反対に猿の皮
を一枚ずつむいている夢だ。むかれた皮は、
ポテトチップになっていった。ポテトチップ
はやがてキーキーと叫び声をあげ始めた。そ
のうち夢を見た。
 ポテトチップはカツオのことを考えた。カ
ツオの削り節は自分より薄くて食べやすいな
と思った。ポテトチップは削り節をほお張る
と眠くなった。
 削り節は人間のことを考えた。いつもダシ
に使われているけど、たまには奴らをダシに
したいと夢見た。
 人間をミイラにして、カリカリと削ってみ
た。これでスープを作ったが、たいした味が
でないと思った。
 ダシにされ色あせた人間は、馬のことを夢
に見た。さくら肉もいいし、焼いてもいいな。
生きたままの馬の首を切り落とした。血とと
もに、ラッキョウや猿や、ポテトチップやカ
ツオが飛び出してきた。そこで、馬は目を覚
ました。ホッとした馬の耳に、ワルツの曲が
聴こえてきた。
 遊園地のメリーゴーラウンドで人間を乗せ、
馬は生きたまま鉄柱の串刺しになっていた。

〔発表:平成12年(2000)3月東京座会/初出:「短説」2000年6月号/初刊:秋葉信雄短説集『砂の物語』2000年11月/再録:「短説」2001年5月号〈年鑑特集号〉*2000年の代表作「我」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2004.2.18〕
Copyright (C) 2000-2006 AKIBA Nobuo. All rights reserved.

|

« 雨の日曜日 | トップページ | メモリ増設 »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1996〜2000」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
西山さん、ありがとうございます。
早速、拙作をご掲載くださり感謝いたします。
ひさしぶりに画面上で自分の作品を読んでみましたら、
アレッというところがありました。
終わりから9行目の「ダシにされ色めいた人間」と
ありますが、これは「色あせた」が正解です。
よろしくお願いします。それでは、また。

投稿: 秋葉信雄 | 2006年3月 1日 (水) 09:22

秋葉さん、おはようございます。
いま外でチェックしたところなのですが、
さっそく直しました。申し訳ありません。
以前直したような記憶があって、書き込みがしてあったのですが、
錯覚だったようです。

投稿: 西山正義 | 2006年3月 1日 (水) 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「馬と夢とラッキョウと」(秋葉信雄):

« 雨の日曜日 | トップページ | メモリ増設 »