« 短説:作品「水車小屋」(日向野フミ) | トップページ | 仙台へ日帰り »

2006年3月28日 (火)

短説と写真のコラボレーション「桜」

   
 
            
西山 正義
 
 高樹朝子は、「はけ」の道を歩いていた。
 この「はけ」とは、古代多麻河が南下して
いった軌跡で、武蔵野台地に崖線をかたち造
っている。大岡昇平の『武蔵野夫人』で有名
になったあの「はけ」である。これには二系
統あって、ここ調布市にはこの二つがほぼ並
行して走っている。武蔵野夫人道子が悶々と
して過ごした旧家があった「はけ」は、国分
寺崖線の方で、いま朝子が歩いているのは、
南よりの府中崖線に属す。
 
Ts2a0150_1
 
 春である。桜が満開。この「はけ」下に沿
った道は、多摩川住宅という大きな団地の外
周道路でもあり、両側の歩道の街路樹はすべ
て桜である。樹齢四十年ほどになったソメイ
ヨシノは、今がまさに花の盛りで、この道を
桜のトンネルにする。
 
Ts2a0152
 
 朝子は胸を大きく反らし、満開の桜を見上
げた。午後の物憂い時間、人影も途切れた。
私はいま桜を独占している。
 息を深く吸い込む。薄いブラウスを透かし
て、そう豊かではないが形のいい乳房が隆起
する。官能が刺戟された。からだの内部から
火照ってくるのがわかった。
 
Ts2a0159
 
 桜の精がからだの中に入ってくる。朝子は
そう思った。あからさまに言えば、それは性
的な快感であったが、幼児がそれと知らずに
感じる快感に近かった。だが、子を二人産ん
で、子育て真っ最中の朝子にとって、それを
認めるのはやはりなんとなく躊躇われた。
 
Ts2a0155
 
 しかし朝子は、腰から砕けてしゃがみ込み
たいような感覚に襲われた。幹に手をつく。
それは色艶もよく、がっしりとしていた。さ
ながら中年女のように。私はこんなんじゃな
いわと言ってやりたかった。
 桜がまた匂う。ぶるっとからだが震えた。
思わず朝子はあたりを見回した。
 
Ts2a0156
 
*短説と写真「桜」完全版はこちら        

〔発表:平成12年(2000)5月第74回東葛座会 (千葉県松戸市・戸定が丘公園探題会)/第二稿:2000年6月ML座会/初出:2001年3月WEBサイト「水南の森」/再録:2001年5月号「短説」〈年鑑特集号〉/再録:「西向の山」upload:2003.3.29/2006.3.28〕
Copyright (C) 2000-2006 NISHIYAMA Masayoshi. All rights reserved.

|

« 短説:作品「水車小屋」(日向野フミ) | トップページ | 仙台へ日帰り »

創作」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

短説〈西山正義作品〉」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。西山さんの「桜」、いいですね。
「写真+短説」、新しい試みという方法論とともに
桜(の花や木)に対する西山さんの「想い」がにじみ出ているような
作品ですね。桜の木が、静かな音曲を奏でているようです。
春は桜とともに、イノチの輝きを目覚めさせるのでしょうか。
音の香りとともに。それでは、また。

投稿: 秋葉信雄 | 2006年3月30日 (木) 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/9301803

この記事へのトラックバック一覧です: 短説と写真のコラボレーション「桜」:

« 短説:作品「水車小屋」(日向野フミ) | トップページ | 仙台へ日帰り »