« 短説:作品「飛行機」(芦原修二) | トップページ | 短説:作品「山釣り」(根本洋江) »

2006年4月25日 (火)

小川和佑『名作が描く昭和の食と時代』

 文芸評論家・小川和佑先生の新刊が出ました。
-『名作が描く昭和の食と時代』-
 最近「食育」というようなことが話題になっていますが、昭和の文学作品に見る「食」をテーマにした画期的な評論です。関西の竹林館から五日前に発売されたばかり。

 具体的に取り上げられている作品は以下の通り。

  永井龍男「黒いご飯」
  川端康成「伊豆の踊り子」
  宮沢賢治「雨ニモマケズ」
  高見順「如何なる星の下に」
  堀辰雄「天使達が」
  小島政二郎「悪妻二態」
  ブルーノ・タウト「ニッポン」
  横光利一「旅愁」
  伊藤桂一「戦場と糧食」
  大岡昇平「野火」
  武田泰淳「ひかりごけ」
  太宰治「斜陽」
  開高健「青い月曜日」
  中里恒子「時雨の記」
  中村真一郎「恋の泉」
  立原正秋「春の鐘」
  村上春樹「ノルウェイの森」
  吉本ばなな「白河夜船」
  海老沢泰久「美味礼讃」
  水上勉「土を喰う日々」
  大沢在昌「闇先案内人」

 これはもともと昨年一年間、明治大学リバティ・アカデミーの教養・文化講座で講義されたノートを基にしたものですが、稿としてはまったく新たな発想で書き下ろされた文芸評論で、ほかにあまり類を見ないものでしょう。
 この夏には、本書をテキストにした夏季集中講座の開催も決定しました。講座では、昭和にこだわらず、明治文学から説き起こされ、詩や俳句、時代小説まで論及される予定です。
 本についての詳細は「西向の山」の「小川和佑先生最新情報・新刊案内」を、公開講座については「講座案内」をご参照ください。

|

« 短説:作品「飛行機」(芦原修二) | トップページ | 短説:作品「山釣り」(根本洋江) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、皆さん。
小川先生の著作、面白そうですね。
「ショクイク」と打ってまだ、「食育」は出てこない
状況ですね。
小生もこういった言葉に関係のある職業。
栄養教諭という職名。「職名」という公務員用語も
一般国民の皆様には、ナジミが薄いと思われます。
(テーハンミングのチジミを昨日、上野の韓国料理の
お店で食べましたが・・・)
モノをくう動物、みたいなタイトルで、小説を書いた
辺見庸さん。病気から復帰していい作品を書かれているようです。
小川先生とはいまだ面識はありませんが、一度
「短説」誌上に、「三四郎の東京学」の書評を
書かせていただきました。鮮明に頭脳に残っているのは、
「東京」に対する愛と、桜とそして「青年時代」に対する
思慕と優しさの感性。それは小生にとっては、あの「全国
学園闘争」の嵐の中で、生き残った人間の責務のような
ことです。小川先生は、60年ほど前の終戦を
記憶されております。わたくしの「終戦」は桜の季節の
連合赤軍事件でした。いまだ「総括」ができておりません。
そんな思いを想起させていただいた、西山さんの文章でした。
それでは、また。

投稿: 秋葉信雄 | 2006年4月30日 (日) 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小川和佑『名作が描く昭和の食と時代』:

« 短説:作品「飛行機」(芦原修二) | トップページ | 短説:作品「山釣り」(根本洋江) »