« "Pig" by Masayoshi Nishiyama | トップページ | 短説:作品「夜泣き街道」(道野重信) »

2006年5月28日 (日)

短説:作品「ヒキガエル」(田中睦枝)

   ヒキガエル
 
            
田中 睦枝
 
 正志は、三年A組の教室へ入って行った。
外はもう、暗いはずなのに教室の中だけは明
るかった。電気が点いているわけではない。
 二十年前の自分の席に座ってみた。
《あぁ、この列の一番前は勉だったな。あそ
こが小西だ》
 教室の中を一通り見渡して立ち上がると、
教壇の端にヒキガエルがいた。
 じっとして、こちらを見ている。
 正志はヒキガエルを無視して、教室の後ろ
の壁一面に貼られた絵に見入った。上部に、
“自画像”と書かれた帯がついている。
 一際大胆なタッチで描かれた絵が目を引い
た。いがぐり頭で顔が異様に長い。画用紙の
下に小さく、春日中三年、藤堂正志とある。
自分が描いた絵だ。まったく記憶にないが、
自然と顔が緩んでくる。と、その時、何かが
跳ねた気配がした。
 自画像の真ん中にヒキガエルが張りついた。
ぬめりのある、いぼいぼが光っている。
 正志は叩き落とす気にもならず、前の席の
方へ歩いて行った。
 机の上に数学の本が置いてある。正志は得
意だった数学の問題を解いてみようという気
になった。
 黒板に関数の問題を書き、解きはじめた。
好きだったものは、忘れないらしい。おもし
ろいように解ける。正志は、次々と書き込ん
でいく。
 いつの間にか、ヒキガエルが、黒板消しの
横に乗っていた。
 チョークを持ち、飛び跳ねながら問題を書
いている。不等式だ。中学生の問題ではない。
正志に解ける問題は一題もない。
 ヒキガエルは、答えを書き終えて一度消す
と、今度は微分積分を書き始めた。

〔発表:平成11年(1999)6月藤代日曜座会/初出:「短説」1999年8月号(フランス語訳併載)/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.3.24〕
Copyright (C) 1999-2006 TANAKA Mutsue. All rights reserved.

|

« "Pig" by Masayoshi Nishiyama | トップページ | 短説:作品「夜泣き街道」(道野重信) »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1996〜2000」カテゴリの記事

コメント

田中さんの「ヒキガエル」。お久しぶりの感じです。
作者の作品は、今思い出すと、「蜥蜴」や「カッパ」が
出てくるものがおおいのに気がつきました。
極めてエロチックな世界を描いていらっしゃると、
勝手に考えてきました。
そこが田中作品の際立つ一つの魅力であると
感じています。
その中で、知的な主人公が「両棲類」と
「絡んで」いる、という不思議な世界が、普通の日常の中で
描かれます。そうした「弐つの生」が短説を作っている。
それは、この世とあの世、でもあるような・・・。
興味深い作品です。それでは、また。

投稿: 秋葉信雄 | 2006年6月 1日 (木) 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「ヒキガエル」(田中睦枝):

« "Pig" by Masayoshi Nishiyama | トップページ | 短説:作品「夜泣き街道」(道野重信) »