« 極楽寺駅~星月井 | トップページ | 鎌倉の大仏 »

2006年5月 5日 (金)

長谷寺の文学碑

 極楽寺の駅に着いたとき、ここらで昼食をと思ったのですが、何もなさそうなので、参拝後てくてく歩いていく。星月井を経て、長谷寺方面へ。長谷駅を南北に貫くメインストリート(大仏通り?)に出たらびっくり。どこから沸いてきたのかという人、人、人。出足が早かったため、それまでさほど混んでいなかったのですが、昼近くになってどっと人が。さすがはゴールデンウイークなのでした。
 食事後、長谷寺へ。ここの史跡や見所を書き出したらキリがないので、文学碑のみを。
Ts2a0203久米正雄像
 久米正雄〈明治24年(1891)~昭和27年(1952)〉は、大正14年から鎌倉に住み、大町、雪ノ下、二階堂と居を移しながらも、鎌倉を終の住処としました。「鎌倉ペンクラブ」を結成したり、「鎌倉文庫」の重鎮として、いわゆる「鎌倉文士」の中心的存在でした。
 今では文学史に名を留めているだけで、一般には忘れられていますが、一時は流行作家でもあったんですよね。
 
Ts2a0204
「高山樗牛 ここに住む」の碑
 31歳で亡くなった高山樗牛〈明治4年(1871)~明治35年(1902)〉は、転地療養のため、最初大磯、ついで鎌倉に転居。明治34年12月から亡くなるまでの1年ほどを、長谷寺の境内に居住。その葬儀も長谷寺で行なわれたとのこと。

 写真を取り損なってしまいましたが、樗牛とは逆に長生きした高浜虚子の句碑もあります。
 高浜虚子〈明治7年(1874)~昭和34年(1959)〉は、明治43年以来、その死まで50年近く鎌倉で過ごしたというとです。

|

« 極楽寺駅~星月井 | トップページ | 鎌倉の大仏 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

TBどうも有難うございました。
お礼とお返しが今頃となって、本当に申し訳ございません。
「鎌倉文士?」 いやー、鎌倉に旅行で行った時に、皆さんから教えていただいたくらいです(汗)。
あっ……高浜虚子くらいは知ってましたよん!
これからも、よろしくお願い申し上げます。

投稿: Y・T | 2006年5月12日 (金) 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/9911350

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷寺の文学碑:

» 長谷寺へGO! [梅郷通信]
少し歩いて、長谷寺へ……。 よく歩いた日だなあ。 この寺が一番、良かった。 撮 [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 22:41

« 極楽寺駅~星月井 | トップページ | 鎌倉の大仏 »