« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月27日 (火)

短説:作品「うつくし」(川嶋杏子)

   うつくし
 
            
川嶋 杏子
 
「もう一度行ってみたい」と妻は言った。
 疎開先で教帥に引率されて行った川の風景
が忘れられないという。
 宿の主人は、文箱に入った手紙の束を持っ
て来た。
“おせわになったおじさんへ”
 茶罫のわら半紙の原稿用紙に、食事がおい
しかった、せみをつかまえてもらってうれし
かった等、礼の言葉が綴られている。戦争が
終って、束京に帰る子供達が置いて行ったも
のだという。妻のように大人になってまた訪
れて来る人間も居るとの事だった。低学年だ
った妻には、手紙を書いた記憶はなかった。
「今頃は日光きすげが咲いていますよ」
“うつくし”に行ってみたらと主人は言った。
 宿の前の坂道を下ると湧水があり「ここで
顔を洗った」と妻は言った。
 翌日は娘と三人、バスで美ヶ原へ登った。
 娘はその頃の妻の年齢だ。
 帰る日、妻は朝早く一人で宿を出て行った。
「川を見て来るね」「早く帰って来てママ」
 出発の時間真近になって彼女は戻って来た。
「ここじゃないかと思う処はあった」
 はっきりとは確認出来なかったのだと私は
思った。始発のバスの二人掛の座席に私は娘
と並んで座り、妻は後に座った。
 窓外に川の景色が見えて来た。私は思わず
目を凝らした。川原の白い砂の上に妻の後姿
がある。――妻は何を思い残しているのか。
 その日まで戻って解決してやれないものか。
 後ろに居る女は誰だろう。ふり返っても誰
も居ないのかもしれない。
 川原へ、妻を連れ戻しに行かなくてはと思
いながら、私はふっと別の事を考えた。
 地元の人は“美し”というのか。高原に、
きすげの花が盛りだった……。

〔発表:平成16年(2004)8月上尾座会/初出:「短説」2004年11月号/再録:「短説」2005年5月号〈年鑑特集号〉*2004年の代表作「我」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2006.5.11〕
Copyright (C) 2004-2006 KAWASIMA Kyoko. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

河口湖バスツアー

 今日は、地元の健全育成推進地区委員会の研修バスツアーで、河口湖に行ってきました。
 最初に立ち寄ったのは、写真左の山梨県環境科学研究所。隣接する生物多様性センターのほうが見所があったのですが、どちらも建物が立派すぎるのにびっくり。これでもかという豪勢ぶり。基本的には研究施設であるから、研究資材にお金をかけるのにはとやかく言いませんが、ここまで必要なのか。典型的なバブルの頃の遺物ですね。
 後者は環境省、つまり国が設置。前者は地球規模の環境の研究、後者は「生物多様性条約」(そんな条約があったとは今調べて初めて知ったのですが)に基づいて設置されたわけで、趣旨や意義は分かるのだが、建物自体に説得力がないと言えなくもない。 
Ts2a0248  Ts2a0249
 上の写真右は、昼食をとった「ふじ発見館」の入口前。積み木でツインタワーを作りました。(いや、誰かがすでに作っていたものに追加して増築したのですが)。昼食は、もちろん「ほうとう」定食でした。
 次に行ったのは、大石公園。自然生活館ではジャム作りができます。このあたりから雨がぱらぱら。やっぱり食べてしまいました、ラベンダーソフトクリームを。
Ts2a0250  Ts2a0252
・富士山の集いモニュメント           ・ラベンダーと小雨に煙る河口湖
 最後は、子供たちはクラフトパークで「吹きガラス」を体験し、石ころ館やハーブ館に。男性陣はロイヤルホテル河口湖の「開運の湯」に浸かってきました。
 帰りの渋滞は、自分で運転していないのでほとんど気にならず、かえってルパン三世の「カリオストロの城」一本がちょうど見られて良かったぐらい。帰りは寝ていくつもりが、子供たちと一緒にけっこうはまって見入ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

“ヂーゼルカー”

 本日は、ある教養・文化講座のフィールドワークで、埼玉県日高市の高麗神社と聖天院を訪れました。本題はさておき、久しぶりに“ヂーゼルカー”に乗りました。高校生のころ、友人の家に遊びに行くのに拝島でよく乗り換えていたので、八高線の列車は見ていたわけですが、乗るのは初めてでした。
 八高線の八王子-高麗川間は電化されていて、八王子発の列車の半数以上は川越線直通のため「電車」なのですが、高崎方面行きは“ヂーゼルカー”。たまたまそれに当たったわけです。
 あのディーゼル特有の“いい匂い”はほとんどしませんでした。あの匂いは旅情を誘われるのだが……。
 
Ts2a0228  Ts2a0226
キハ110系ディーゼル動車(高麗川駅)   DE10型ディーゼル機関車(八王子駅)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

短説:作品「夢の中で」(小野寺信子)

   夢の中で
 
           
小野寺 信子
 
 息をひそめるようにして小さな川辺でしゃ
がんでいた。夫も二人の子供も側にいる。
 足もとの草むらで、数匹の蛍が青白い光を
出している。
 見慣れない景色の中、ここにいるのは私た
ち家族だけ。
 闇の中にいる全てのものが眠っているのか
何の音もしない。時々、狭い川の上を舞うよ
うにして蛍は一瞬、水に光を落として飛んで
いく。
「源氏蛍も平家蛍も、卵を水草にかためて生
みつけるんだよ」
 そんなことでも教えているのだろうか。夫
が、星明かりの下で子供たちに顔をくっつけ
るようにしている。すぐ側にいるのに、声は
遠い。
「何を話しているの?」
 声を出すと、何もが消えてしまいそう。
 幼虫になると、水の中でカワニナやミヤイ
リ貝を食べて生きていることや、幼虫のまま
冬を越して土の中でさなぎになることも、教
えたいと思っていた。夫は、そんな話もして
くれたのだろうか。光を放つ蛍の側で、目を
丸くしている子供たち。
 
 やはり、私は夢をみていた。
 まだ、子供たちに蛍のいる里を見せたい想
いを果たせないでいる。
 夢の中の私が、私に少しの思い出だけを残
して死んでしまった母と重なった。
 蛍の住めるきれいな水辺に辿り着く前に、
子育てが終わってしまいそう。
 
 成虫になるまで一年もかけて、飛べるのは
二週問ばかりだと言う。
 蛍はどんな言葉を持っているのだろう。

〔発表:平成16年(2004)6月通信座会/「短説」2004年9月号/〈短説の会〉公式サイトupload:2006.6.18〕
Copyright (C) 2004-2006 ONODERA Nobuko. All rights reserved.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

月刊『短説』編集状況

 月刊『短説』の発行が遅れています。もう6月もなかばを過ぎたというのに、みなさんのお手許には3月号までしか届いていないと思います。
 ですが、4月号の校正は4月下旬には完了しており、ゴールデンウイーク前後には印刷所にまわっているはずで、発送作業待ちです。
 5月号の〈年鑑特集号〉の編集が遅れているのですが、芦原修二同人編集の6月号(2月/3月座会分)を5月号に繰り上げて刊行します。10日ほど前に校正も済んでいます。
 さらに、三日前の未明には、西山編集の7月号の原稿(作品のみですが)も本部に入稿してあります。まだ未定ですが、これも6月号に繰り上げて出されるかもしれません。
 要するに「年鑑号」が遅れているのですが、漸次編集は進んでおります。が、芦原さんが無理できない状態ですので、気長にお待ちください。その分内容は充実しています。お楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

短説:作品「茂草鉄道」(向山葉子)

   茂草鉄道
 
            
向山 葉子
 
 二人は、学生街にある小さな教会でささや
かな結婚式を挙げた。花嫁は初々しく、花婿
は照れてはにかんでばかりいた。友達はみん
な二人を心から祝福し、親が反対してたって
幸せにはなれるさ、と花を振り撒いて幸福を
祈ってくれた。
“私、幸せよ”と少女は夫となった青年にそ
っと肩を寄せる。茂草鉄道の軽妙な振動が二
人の肩を小鳥のついばみのように打ち合わせ
る。霞むような桜並木の下をおままごとのよ
うなハネムーナーを乗せて、電車はやがて陶
器の町に滑り込む。
 『真下焼窯元』と書かれた看板を掲げた旧
い構えの店が春の日差しの中に幻のようだ。
“これ、いいわねぇ”“ほんとだ、いいね”
二人はそう言い合いながらも何一つ買おうと
は言い出さない。見つめ合って微笑んで、そ
してすべてを諦めるのだ。“あら、可愛い。
歩き始めたばっかりね”少女は店の奥からよ
ちよち出てきた幼児を見て微笑んだ。とその
時、幼児は綺麗な藍色のティーカップを掴ん
だままぱたりと転んだ。幼児は泣き出し、テ
ィーカップは真っ二つに割れた。その瞬間少
女がほんの一瞬、幼児に憎さげな視線を投げ
たのを青年は見逃さなかった。傾斜していく
兆しにおののいたが、青年を見上げる少女の
笑顔はいつもと何も変わらなかった。
 茂草鉄道の最終電車は十七時三十二分だ。
その頃になるともう駅員すらもいなくなる。
夕日の射す短いプラットホームに立って、二
人は電車を待っている。“私、幸せよ、今が
一番”“そうだね。僕も幸せだよ”
 電車は四十分を過ぎても現れない。“もう
帰らなくていいのよ、きっと私達”青年はそ
の声に促されて線路を歩き始める。その先は
草が茂り、もう何処へも続いてはいなかった。

〔発表:平成元年(1989)12月第52回東京座会/初出:「短説」1990年1月号/再録:1990年12月・年鑑短説集〈4〉『海の雫』/WEBサイト「西向の山」upload2002.4.5〕
Copyright (C) 1989-2006 MUKOUYAMA Yoko. All rights reserved.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

短説:作品「夜泣き街道」(道野重信)

   夜泣き街道
 
            
道野 重信
 
 おれは終電車を降りた。コンビニに寄った。
缶ビールとつまみを買った。コンビニの脇に
石碑があった。おれはその夜、はじめて石碑
に気がついた。夜泣き街道と書いてあった。
おれが普段通る商店街のことだ。由来を読ん
だ。奈良時代の街道だったらしい。商人の往
来が多かったが、中でも農村で子どもを買い、
町に売りに行く連中がよく使ったらしい。夜
ごと、子どもたちの泣き声が響くので、夜泣
き街道と名付けられたという。
 商店街はみなシャッターを閉めていた。ど
こにでもあるような商店街だ。今のアパート
に住んでもう十年になるが、奈良時代の街道
だったなんて気がつかなかった。おれはビニ
ール袋から缶ビールを出して、飲みながら夜
泣き街道を歩いた。
 煙草屋のシャッターの前でかすりの着物を
着た男の子が泣いていた。おれは声をかける
気になれなかった。足早に男の子の前を通り
すぎると、風景が一変した。煙草屋は藁葺き
の農家になった。かすりの着物の男の子は農
家の戸の前で号泣していた。男の子の腰には
縄が巻かれていた。そして、縄の片方はおれ
の手に巻かれていた。
「早く連れて行ってくだされ。長引くとよけ
いに悲しいだけですだ」
 戸の向こうから涙声が怒鳴った。おれは必
死で走った。縄を離したかったが、蛇のよう
に手にからみついていた。泣き叫ぶ男の子を
ひきずって、おれは夜泣き街道を走った。そ
こはもう商店街ではなかった。走っても走っ
ても山道だった。山の端から日が昇ってくる
のが見えた。
 朝になって、おれは自分のアパートの前に
立っていた。手にぼろぼろになった縄がから
みついていた。

〔発表:平成15年(2003)6月関西座会/初出:「短説」2003年9月号/再録:「短説」2004年5月号〈年鑑特集号〉*2003年の代表作「地」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2004.7.26〕
Copyright (C) 2003-2006 MICHINO Shigenobu. All rights reserved.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »