« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

平成十八年の大晦日

 クリスマスのままでは恰好悪いので、とりあえず更新しておきます。そう、もう大晦日なんですね。紅白歌合戦も始まりました。今年もあと三時間半ほど。年々そういうことに無頓着になってきました。
 昨日の夜まで三、四日ずっと調子が悪く、なにもやる気が起こりませんでした。仕事納めが早く済んで、年の瀬まで余裕があったので、さて、いろいろ溜まっていることを片付けようと思っていたのですが。まったくやる気なし状態に。たしかに体調も悪く、身体がだるくてだるくてしようがなかったのですが。勿体ない日々を過ごしてしまいました。
 それでも、一つ原稿を書き、月刊「短説」12月号のゲラを校正し、毎年今頃慌てて書いている年賀状もすでに投函しました。いや、そこまでは良かったのだが、そのあと停滞。今日は早起きし、大掃除。身体を動かしているうちに、ようやく普通の調子に。昨日、今日と、息子とキャッチボール。キャッチボール納めというわけですが、やはり運動しないと、調子が出ない身体になってしまったようです。
 短説の会でもいろいろなことがありました。いや、僕にとっては、あったようだ、という方がふさわしい感じなのですが、本部にとっては本当に大変な一年だったようで、とにかく皆様お疲れさまでした。
 全然関係ありませんが、今年最後の写真をアップします。今日写したものではありません。ほのぼの系を二枚。では、どちら様もよいお年を!
Ts2a0301   Ts2a0305

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

メリークリスマス

 娘(中三)の手作りケーキと、全然関係ないけど、僕の愛用のグラブ。自己流だが結構いい型がついています。しかしこれは外野用。目下、内野のセカンド・ショート用がほしくてほしくて堪らないのだ。それも既製品ではなく、オーダー仕様の。サンタさんオーダーしてくれないかな!
Ts2a0384   Ts2a0027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

短説:作品「セカンド・ステップ」(舘岡有紀)

   セカンド・ステップ
 
            
舘岡 有紀
 
「お義父さんには困るわ!」
 会社から帰るなり、妻につめよられた。
「カイ君に、中国はニセモノ作りの名人だっ
て言ってるのよ」
「作らせているのはパパ達なんだって、海渡
に教えてやれよ」
「母親が中国人の子、幼稚園にいるのに」
 菜箸を握った妻に睨みつけられる。やれや
れ。ネクタイを差し出し、父の部屋へ行く。
 父は海渡とファミコンゲームをしていた。
終りそうもないので、台所へもどった。
「カイ君がグローバルな大人になるよう、海
渡って名前、二人で決めたじゃないのよ」
「すぐ忘れるさ、ニセモノなんて」
「そういう問題じゃない」
 父は町工場をやっていた。プラスチック製
品を成形するための金型を作っていた。とこ
ろが、中国に仕事を持っていかれて倒産。ち
ょうど定年の時期だったので、住居を兼ねて
いた工場はたたんでしまった。
「また魚かよ」
「二度手間なのに。魚の方が高いんだからね」
「海渡はなに食ったんだ?」
「ハンバーグ」
「俺もそれ」
「だめ、冷凍したから。カイ君のお弁当」
 食事の後、父の部屋まで行った。丸めた背
中をむけて座っている。NHKニュースがつ
いていた。海渡は妻と風呂に入ったらしい。
 ファミコンのコントローラーを、また撫で
ているのだと思った。プラスチック製のそれ
を検査するみたいに、節した指で触るのだ。
 父はTVを消す。まだ音が鳴っている。耳
慣れた音楽。四角く平たい箱を小脇にかかえ、
立ち上がった。最新型のノートパソコンだ。
「ちょっと出掛けてくる」

〔発表:平成18年(2006)4~5月東葛藤代合同座会~ML座会/初出:「短説」2006年6月号/WEB版初公開〕
Copyright (C) 2006 TATEOKA Yuki. All rights reserved.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

短説:作品「ニート」(小森千穂)

   ニート
 
            
小森 千穂
 
 あ、いらっしゃい! お久しぶりー、さ、
入って入って……あら、有難う! モンブラ
ン? なつかしいわ、私達ケーキって言えば
いつでもモンブランだったわね、うちの大輔
も大好物なの、今一寸本屋さん迄出掛けてる
んだけど、あら座ってよ、そっちのソファの
方が良いかしら、美っちゃん少しやせた?
そんな事ない、そうお、この間の同窓会の時
よりスマートになった感じだけど。え、私?
太ったわよ、悩み太りってとこかな、もう…
 あなたの紅茶党変ってないでしょ、レモン
で良い? 悩み? あるわよ私だって、大輔
の事も悩みかな、大学院まで出してやったの
に、やりたい仕事がないとか言って会社の説
明会にも全然行かないし、まあ私はね、やり
たい事がはっきりする迄良いかな、とも思う
んだけど主人が怒るのよ、ニートなんて家じ
ゃ飼っておけないぞ、とか家を出て独立しろ
とか、学生時代にアルバイトもしたことない
し……性格は良い子なんだけど。
 ところでお宅の緑ちゃんお元気? え、結
婚? わあ、おめでとう! そう、来月なの、
いつの間にかお嫁さんの年なのね、そう言え
ば林さん、あの人もうお祖母ちゃんよ、この
間偶然逢って聞いたんだけど、娘さん出来ち
ゃった結婚なんですって。でも良いわよね、
今ちゃんと良いママやってるんですもの。
 主人はすぐ私が甘いから、とか言うんだけ
どそんなこと関係ないわよね、すぐ人の責任
にするんだから。あら、帰って来たみたい、
お帰り! 大輔くん覚えてる? 高校時代の
美っちゃん、そう十年位逢ってないかな、少
しお喋りしていかない? まあ、愛想のない
こと、男の子って……あら、大輔くーん、モ
ンブラン頂いたんだけど食べるう? 美っち
ゃんごめん、一寸大輔におやつ置いてくるわ。

〔発表:平成17年(2005)7月藤代座会/初出:2005年10月号「短説」/WEB版初公開〕
Copyright (C) 2005-2006 KOMORI Chiho. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

川越・蔵造りの町並み

 次にめぐったのは蓮馨寺。猫さんが呑気に日向ぼっこをしていました。そう十二月とは思えない温かい日和で、フィールドワークには最適でした。今年僕が同行した全六回のフィールドワークは、いずれも快晴で、職場では“晴れ男”と言われています。
Ts2a0373   Ts2a0375
 茶室で休憩後、住職の“ありがたい”説法を聞いて、講座の公式プログラムはここで終了。先生をお見送りし、僕は“仕事”から放免。まだ午後四時半。ここまで来たら行くしかないということで、土蔵造りの各種店舗が並ぶかの有名な「蔵造り」の町並みを見るべく足を延ばしました。
Ts2a0376
 一人のんびり気の向くままにぶらぶらしたためもあり、いやー、良かったです。着いて間もなく暗くなり始め、ほとんどの店がもう店終いの準備中でしたが、しばし旅情に浸りました。土蔵造りの家屋に豆電球のイルミネーションとはいささかちぐはぐな感もありましたが、暗くなってしまうと、その蔵造りもよく見えないので、まあ綺麗でいいかなと思いました。右の写真は、(残したい日本の音風景百選)にも選ばれた「時の鐘」
Ts2a0378
 ここは子供を連れて来ても子供には大して面白くないだろうし、恋人同士で来るにはちょっと地味? それで四、五十代の夫婦で時には二人で小旅行するにはちょうどいい所なのではないかと思った次第。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

川越大師・喜多院

 川越には、むかし仕事では行ったことがありましたが、よくよく行くのは初めて。小江戸と称される川越。蔵造りの町並みや名物の芋など、時々テレビの旅行番組で紹介されたりしていましたが、ついぞ行くことがありませんでした。今回初めて行って、ここは四十代以上の夫婦(つまり倦怠期を迎えた?)二人で行って、ぶらぶら歩くにはちょうどいいのではないかと思いました。
 さて、古寺社めぐりの方は、まずは喜多院に。春日局で有名ですが、徳川家ゆかりの天台宗のお寺で、川越大師とも称されます。詳しくは公式サイトで(→川越大師 喜多院
Ts2a0366   Ts2a0368
(上左)「全国古寺社めぐり」講座のフィールドワークはこんな感じで行なわれています。今回は、先生がほかの大学で担当する同種の公開講座の受講生も合流しました(というより、うちが相乗りした形なのですが)
(上右)境内奥に位置する仙波東照宮
Ts2a0369   Ts2a0371
(左)慈恵堂。比叡山延暦寺第18代座主・慈恵大師良源(元三大師)をまつる堂宇。現在は喜多院の本堂格で、大師堂として親しまれているそうです。入母屋造りの銅版葺。
(右)五百羅漢。見学できませんでしたが、ゆっくり見れたらここでの一番の見物でしょう。一体一体異なる実にさまざまな表情の羅漢様が集められているようです。

十大弟子、十六羅漢を含め、533体のほか、中央高座の大仏に釈迦如来、脇侍の文殊・普腎の両菩薩、左右高座の阿弥陀如来、地蔵菩薩を合わせ、全部で538体が鎮座しています。
とのことです。
Ts2a0372
 境内に入ってすぐに目につくのが多宝塔。
総高13m、方三間の多宝塔で本瓦葺、上層は方形、上層は円形、その上に宝形造りの屋根がのります。江戸時代初期の多宝塔の特徴が表れています。
 喜多院から次の目的地、蓮馨寺までは、成田山別院を横目にまたてくてく歩いて行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

古寺社めぐりフィールドワーク

 また教養文化講座のフィールドワークに来ています。今度は小江戸・川越。長年東京に住んでいて、東武東上線に乗ったのは初めてかも。
 春日の局で有名な喜多院と蓮馨寺をめぐりました。解散後、個人的に「蔵造り」の町並みをぶらぶら。土蔵造りにクリスマス様の電飾は妙ですが、着いて間もなく真っ暗になってきたので、それなりにきれいだと思いました。ぶらぶらそぞろ歩くにはいい町ですね。駅周辺は典型的な地方都市そのものですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »