« 〈年鑑〉三位選と自選作の送付について | トップページ | 短説:作品「鶏」(太秦映子) »

2007年3月14日 (水)

あの絶叫ヴォーカルが……

 今、ネットのニュースを見ていたら、元モップスの鈴木ヒロミツさんがお亡くなりになった由。びっくりした。本日午前10時2分、肝細胞がんのため死去、享年60歳とのこと。ショックだ。
 僕は「ザ・モップス」が大好きなのだ。パソコンにも取り込んで、いつでも聴けるようにしている。今も追悼に名曲「朝まで待てない」~「あの娘のレター」「ベラよ急げ」「朝日よさらば」「消えない想い」をかけながらこれを書いている。
 いわゆる“グループサウンズ”の一バンドとして1967年にデビュー。GSは、リバプールサウンズ系、ベンチャーズやビーチボーイズ系、カレッジフォーク系に分かれるが、モップスはウッドストックに象徴されるヒッピー・ムーブメントに影響されて出てきた。あるいはそういう路線を売り込み戦略としていた。GSとしてはインテリ揃いで、音の傾向は異なるが、のちのはっぴえんどや頭脳警察など、本格的なロックへの移行を孕んでいた。
 1968年4月に発売されたファーストアルバム「サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン」は、現在でも海外の“ガレージ・パンク”ファンの間では最高傑作と讃えられている。ジェファーソン・エアプレインのカバー「あなただけを(Somebody To Love)」は、オリジナルも素晴らしいのだが、鈴木ヒロミツのヴォーカルはそれをも凌ぐほどである。それと星勝のファズ・ギター。最高にカッコいいのだ。バンド解散後、鈴木ヒロミツはコメディアンに近い俳優・司会業に転身してしまったが、あのヴォーカルは日本のロック史上に残るものでしょう。
 ともかく、ご冥福をお祈り申し上げます。最近、この台詞が多くて……。

|

« 〈年鑑〉三位選と自選作の送付について | トップページ | 短説:作品「鶏」(太秦映子) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、とりあえず。残念です。
昔、ヒロミツさんと・・・もしかしたら一緒に
演奏したかも知れません。覚えていません。
少なくとも、「月光仮面は誰でしょう」を
つばをとばして歌ったような気がします。
きっと、夢、でしょう。
時間が過ぎていきます。
それでは、また。

投稿: 秋葉信雄 | 2007年3月16日 (金) 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/14260879

この記事へのトラックバック一覧です: あの絶叫ヴォーカルが……:

» あの懐かしのグループサウンズの動画が観れる! [グループサウンズ伝説~GS I Love You]
60年代後半から70年代初頭にかけて日本中の若者を熱狂させたグループサウンズの情報を集めました! [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 13:36

« 〈年鑑〉三位選と自選作の送付について | トップページ | 短説:作品「鶏」(太秦映子) »