« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月22日 (火)

短説:作品「栗の花」(岩谷政子)

   栗の花
 
            
岩谷 政子
 
 雨戸を一枚開けた途端、直子は一瞬息を止
め、不快な物でも追い払うように、鼻の先で
手首を小さくふった。
 近くに神社があり、大木が何本かある。ど
の木がこの匂いを発するのか、いや、神社だ
けではない。この時期、街を歩いていれば、
漂っている匂いがある。思わず赤面するよう
な、まともにかぐのがためらわれるような、
青くさい匂い。男女の営みの後の、男のあの
液体と同じ匂い。
「新緑、若葉、風薫る、萌えいずる」五月を
彩る言葉はいっぱいあるけど、直子は「五月
は男の匂い」と思う。
 木だって生きている、発情した雄木が雌木
を求めて匂いを発しても可笑しくはない。
 が、まさか木が動けるわけもないから、枝
を伸ばし、葉を重ね、こすり合わせ、ことを
済ませての匂いだろうか、朝から恥ずかしく
ないのかしら、こんな匂いをぶちまけて、そ
う思い、直子ははっとした。自分こそ朝から
何を想像しているのかしら、と一人で体を熱
くし、苦笑した。
 それと言うのも、二日前息子が家を出たか
らかしら、
「金がないから式は挙げないよ」
 と言って、布団とダンボール箱三つを車に
詰め込み、五つ年上の彼女のもとへ、行って
しまった。まるで旅行にでも行くように。
 あの息子が、よくぞ相手を見つけたものだ。
 来年の今頃は孫がいるかも知れない。いや
もしかして、あっさりと別れているかも知れ
ない。それでもいいさ、今新婚の楽しさを味
わえているだけでもいいさ、と思うと、直子
は漂っている匂いに愛しさを感じ、今度は胸
いっぱいに息を吸い込み、もう一枚雨戸を繰
った。


発表:平成17年(2005)7月東京座会/初出:「短説」2005年10月号/再録:「短説」2006年9/10月合併号〈年鑑特集号〉*2005年の代表作「我」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2007.1.6〕
Copyright (C) 2005-2007 IWAYA Masako. All rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

西向観世音(増上寺)

Ts2a0449 古寺社めぐり講座のフィールドワークに同行してきました。今回は芝の増上寺。十七、八年前、浜松町から大門を潜り、増上寺の前の大通りを毎日ルートバンを運転して走っていましたが、よくよく境内を散策するのは初めてでした。本堂のすぐ裏に東京タワーが聳えているというロケーションはなかなかだったのですが、うまく写真に撮れませんでした。境内の水子地蔵を祀っているのは「西向観世音」というのでした。「西向の山」の「西向」は、二つの苗字を合成したもので、宗教的・地勢的意味はありませんが、記念に大写しで撮ってきました。

Ts2a0453   Ts2a0454

Ts2a0455

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

短説:作品「夜明けにララバイ」(秋葉信雄)

   夜明けにララバイ
 
            
秋葉 信雄
 
 彼は楽器を背負い町を歩いた。
 一本も弦が張ってないギター。
「お客さん。可愛い子がいますよ」
 ポン引きが、すりよる。
「どうですか、遊んでいきませんか」
 首を振って、断わった。男が離れていく。
 公園の暗がりから、女が現れた。
 長い髪を後ろに束ねている。
「もう帰るの、夜は長いわよ」
「金は持ってない。ほかに当たりな」
「誤解しないで。私はそういう女じゃないわ」
 女は静かに言った。
 杉の大木の後ろから、キーボードを引っ張
り出した。
「あなたのギターとお手合わせをしたいだけ
なの」
「なんだそれを早く言えば」彼は背中からギ
ターをおろした。
 女は鍵盤のないキーボードで、スローな曲
を弾き始めた。
  なくしたこどもの 年さえ忘れ
  ひとりさまよう 還れない街
  神様の涙が 空の果てから
  地上に降りて 私を洗う
  雨 雨 雨 そして 雨
 彼は、見えない弦を張替え、キーボードに
音を含わせて弾き始めた。
  背中の子が 腐り始める
  いつになっても 赤ん坊のまま
  俺の心の 闇を食べてる
  God's Rain God's Rain
  No more Pain No more Pain
 彼は昔の女房のキーボード弾きを、抱き寄
せた。やがて雨はやんで、空は明るくなり始
めた。彼は空っぽのギターケースの中で、小
さな腐った幼児になっていた。

〔発表:平成15年(2003)7月東京座会/初出:「短説」2003年10月号/再録:「短説」2004年5月号〈年鑑特集号〉*2003年の代表作選出作品/初刊:秋葉信雄短説集『DEAD DECEMBER(死んだ師走)』2006年9月/〈短説の会〉公式サイトupload・2006.11.21〕
Copyright (C) 2003-2007 AKIBA Nobuo. All rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

別所沼と神保光太郎詩碑

 別所沼に行ったのは、立原道造の風信子荘〈ヒヤシンス・ハウス〉を見たかったからで、それを堪能し、食事後、沼を囲む公園をひと回りしてしまうと、これといってすることはない。もう一つの目的は別所沼会館の下見でしたが、連休中は休館で中の様子を見ることは出来ませんでした。妻と息子で行ったのだが(娘は留守番)、結局何をやったかというと、三人でキャッチボール。結構投げ込みました。
Ts2a0421   Ts2a0435
↓別所沼弁天
Ts2a0423 この日は端午の節句。四時までいて、いったん帰宅し、娘も連れ、夕食は無性にラーメンを食べたくなったので、家族は行ったことがない地元でもちょっと離れたうまい店に行き、そして銭湯に。そうです、菖蒲湯。
 二年前にもこのブログに書きましたが、この日は銭湯に限る。休日、特にゴールデンウィーク中は日帰り温泉のようなところは大混雑。普通の銭湯なのだが、軟水を使ったつるつるのいい湯で、ちょっとした露天もあって、何よりさほど混んでいないのがいいのです。
 話は戻りますが、浦和といえば、画家が多く住んだところで、別所沼も立原道造というよりは、もともとは同じ『四季』の先輩詩人・神保光太郎ゆかりの地なのでした。神保光太郎は平成二年まで存命で、戦前からずっとこの地に住んでいました。
Ts2a0436
《神保光太郎詩碑》
    神保光太郎
沼のほとりを
  めぐりながら
神をおもふ
水面に映る
  ひとひらの雲
羊の孤独
    冬日断章より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

エベーカトル・ケッツアルコアトル

Ts2a0439
 別所沼にこんなのがいました。河童かと思ったらそうではありませんでした。
 メキシコ・トルーカ盆地のカリストラワカで発掘されたもののレプリカで、「風の神」だそうです。健康・豊作・知恵を市民にもたらす恵みの神とか。
 1980年10月2日、浦和の友好都市の証としてメキシコ州から贈られたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

立原道造の風信子荘

 浦和の別所沼湖畔に再現された〈ヒヤシンスハウス〉を見に行ってきました。そうです、立原道造が設計した、あの〈風信子荘〉です。
  このゴールデンウィークはどこへも行く予定がなく、出掛けるつもりもなかったのですが、やはら一日ぐらいはどこかにドライブしようと思い、近場であまり混みそうにない所ということで、今朝起きてから思い付き、十一時頃に出発。思惑通り渋滞もなく、環八から笹目通りを一直線。実際には途中まで裏道をくねくねと行きましたが、幹線道路だけを通るなら、我が家から右折・左折・右折だけで着けます。
Ts2a0426 詩人立原道造は、いかにも詩人らしい詩人で、詩人以外の何物でもないように思えるのだが、職業としての本職は建築家で、東京帝大建築学科で何度も最優秀賞である辰野金吾賞を受賞するような、建築家としても優れた才能を有していた。
 そんな詩人が、自らのために小さな「週末住宅」を建てようと企図した。そして実際に、その建設候補地として、昭和十二年の冬から翌春にかけて、この別所沼湖畔を訪れている。夢は実現しなかったが、「詩人の夢の継承事業」ということで、さいたま市政令市記念市民事業として2004年11月6日に竣工したのがこの〈ヒヤシンスハウス〉。
 その設計図とスケッチを見、また、二十一年前、軽井沢のりんどう文庫にその模型が飾られていたのを見て以来、ずっと憧れていました。二年半前、ゆかりの地に再現されたというニュースは知っていましたが、遅ればせながら今回初めて訪問。 
Ts2a0424   Ts2a0427
 左は、十字架をくり抜いた雨戸を閉めた所。写真を撮るためにわざわざ閉めてもらいました。右は、雨戸を開け、ガラス窓も開けたところ。窓ガラスの写真を撮り忘れましたが、旧丸ビルの古い手作りガラス(硝子と書いた方がふさわしい)を嵌め込んだそうです。(写真をクリックすると拡大されます)
Ts2a0429   Ts2a0440
 外観もお洒落なのですが、中がまたいいのです。広くはありませんが、週末を一人で過ごすには非常に贅沢な空間。しかも窓を開ければ湖畔。こんなところで読書三昧できたら最高です。(いや、原稿を書くべきか)
 意外だったのは、ベッドが小さい(長さが短い)こと。長身の立原が寝たら相当窮屈そう。でも、立原は丸まって寝そうなイメージがありますが。しかし、昭和十年代に洋式ベッドですからね。一人用の別荘としては、今の感覚でも斬新で瀟洒。
Ts2a0430   Ts2a0432
 開館は、水・土・日・祝祭日の10:00~16:00で、維持管理・運営のボランティアを募集していました。今日いた初老の女性もボランティアなのでしょう。近所だったら、ボランティアで案内や解説しながら一日中いてもいいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »