« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月20日 (水)

短説:作品「深層海流」(普川元寿)

   深層海流
 
            
普川 元寿
 
 乱次郎は羽太郎を連れてペットショップに
行った。オウムが面白い。店員が教え込んだ
のだろう、「いらっしゃいませ」「かわいい
なあ」はいいとして「どろぼう、どろぼう」
はどうなってるの? ペットを盗もうとして
見つかり、逃げる泥棒を大声が追いかける。
その声があまりにショッキングだったので、
オウムが覚え込んでしまったのだろう。一度
覚えてしまった言葉は消去できないから売る
時は値引きかなあなどいろいろ想像する。で
も息子の為に曰く付きのオウムはやめて九官
鳥にした。
 
 乱次郎は売れない画家。いや腕やセンスは
いいのだが売るための絵を描かないので手元
不如意なのだ。自分に厳格なのである。
 終日アトリエに居ることが多い。従って九
官鳥ハッチャンに話しかけることもあるし、
独り言をハッチャンにみな聞かれてしまう。
「これだ!」はハッチャンの十八番のセリフ
である。
 
 このところ乱次郎にもカルチャーセンター
の講師の口があり、週に一度は家を空ける。
妻の修子はそのチャンスにアトリエ掃除だ。
 
 アトリエでハッチャンがなにか喋る。
 修子が聴く。
一月九日「ばかだなあ」(沈欝な声で)
〃一六日「ばかだなあ」(やや暗い声で)
〃二三日「ばかだなあ」(暗さ明るさ半々)
〃三〇日「ばかだなあ」(少し明るい声で)
二月七日「ばかだなあ」(明るく自己肯定的
            に)
 
 もうすぐ春である。

発表:平成17年(2005)3月通信座会/初出:「短説」2006年6月号/〈短説の会〉公式サイトupload:2007.2.21〕
Copyright (C) 2005-2008 FUKAWA Motohisa. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

短説:作品「発表会」(根本洋江)

   発表会
 
            
根本 洋江
 
 さとは、孫の典子のバレー発表会に呼ばれ
た。遅れない様に早目に家を出る事にした。
 会場では、息子が待っていて席をどうする
かと聞かれた。初舞台を見るには一番前が良
いと思い、一寸回りを気にしながら座わり、
渡されたプログラムを開いた。
 典子の出番の所には、赤い線が引かれてあ
った。さとはじっと緞帳の上がるのを待った。
 典子は見事に踊ったと、さとは満足した。
舞台裏を訪ねたさとに、典子が言った。
「おばあちゃんを見つけちゃった」
 さとは、典子の邪魔をしたのではと驚いた。
次の年、発表会の誘いの電話口で典子が、
「八日の日よ、今度は一番前にいないでね」
 あの時、目と目が合った気がしていた。や
はり、嫌だったに違いない。
〈ごめんよ〉
 今度は、帽子を被って中程に座ったさとは、
典子の踊る姿に見入った。
 舞台裏を訪ねたさとに、典子が言った。
「典子、おばあちゃんを探しちゃった」
「ええっ、まあ…、真ん中に居たのよ」
 さとは、思わず両手で典子の肩を撫でた。
 典子は五年生になって、本格的に、トウシ
ューズを履いて踊ると、嫁さんから連絡があ
った。さとは四年ぶりに発表会に出かけた。
今年はどの辺に座ろうかと迷った。
 目が霞んで来ているし、中央前から五番目
に決めた。プログラムを見ると役がついてい
た。そして一番小さいのが典子ですと、嫁さ
んのメモ書きがあった。
 踊る典子は、大人びた様に感じた。
 舞台裏を訪ねたさとを、ちらと見た典子は、
「失敗しちゃった…」
 と言って目を伏せた。さとは何も言わず、
笑顔で、胸の前に花束を差し出した。

〔発表:平成16年(2004)9月藤代日曜座会/初出:「短説」2004年12月号/WEB版初公開〕
Copyright (C) 2004-2008 NEMOTO Hiroe. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »