« 短説:作品「尾売り横丁」(すだとしお) | トップページ | 短説:作品「赤とんぼ」(道野重信) »

2008年9月27日 (土)

短説:作品「黒曲」(美野里亜子)

   黒 曲
 
           
美野里 亜子
 
「親方、借りていいすか」
 佐介は使いこまれて手になじみの良い曲尺
を持ち、親方亮吉の丸い背に声をかけた。
「まぁたおめぇは、人の道具で仕事すってか」
「なしてだが、わがんねぇけど、親方の借り
っと、按配いいんだやね」
「親方、オラの方さも貸してくんねぇが」
 今度は駒吉が墨壼を手に声をかける。
「おめぇら何持って仕事さ来てんだか。道具
は職人の命だべさ、んだけど良がったら使え
ばいいべさ。なんぼでもな」
 亮吉の道具箱は角がすり減って丸みをおび
黒光りしていた。手入れの行き届いた大工道
具がいつもきっちりと並べられている。やっ
と墨付けが許されるようになった駒吉もまだ
自分の墨壺を持っていない。玄能、鋸ぎり、
鉋、曲尺、のみ。仕事を覚えるたびに道具の
数が増え、やっと大工らしくなってきた駒吉
だった。
「だども、親方みでに道具持ちになんねぇど
いい仕事師になれねんだべな。駒兄ぃだって
だんだん持ってけんど、オラなんてまだ釘袋
だけだ。早く自分の曲尺持ちてぇな」
「持ったってやっと一本だけだべさ、オラも」
 駒吉は言いながら親方の腰の釘袋に目をや
った。亮吉の腰にはいつも一本の黒曲が差し
込まれている。何十年も使いこまれてほとん
どはげ落ち、角もすっかり丸くなっている。
肝心な目盛は大方消えて役立ちそうもない。
「数でねぇ……一本あればいい」
 亮吉は黒曲を手に胡座をかいた。
「自分に合ったの一本でな……。大工が目盛
の無い曲尺持ってだって仕方ねぇと思うんだ
べ。だどもやっと自分だけの目盛が読めるよ
うになったんだ。こいつのおかげでやっとな」
 黒曲はしっくりとごつい手になじんでいた。
 

*黒曲=くろがね(黒い曲尺) *曲尺=かねじゃく *玄能=げんのう *鉋=かんな
発表:平成5年(1993)3月第31回藤代日曜座会/初出:「短説」1993年5月号/初刊:年鑑短説集〈6〉『函中の函』1993年12月/*初刊稿は一行超越しているため、語句を二箇所削除し、句読点を三箇所付加しました。/〈短説の会〉公式サイトupload:2006.7.12〕
Copyright (C) 1993-2008 MInori ako. All rights reserved.

|

« 短説:作品「尾売り横丁」(すだとしお) | トップページ | 短説:作品「赤とんぼ」(道野重信) »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1991〜1995」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「黒曲」(美野里亜子):

« 短説:作品「尾売り横丁」(すだとしお) | トップページ | 短説:作品「赤とんぼ」(道野重信) »