« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月

2008年10月25日 (土)

短説:作品「笑顔」(西山正義)

   笑 顔
 
            
西山 正義
 
 ショーケースから顔を上げた時だ。
「お決まりですか」
 ぼくが彼女の笑顔にぶつかったのは。こん
な素敵な笑顔は見たことがない。
「あ、えーと、このチョコレートケーキと、
そっちのチーズケーキ」
「レアのほうですね」
「はい。それと……、あのブルーベリーのと、
それからモンブランも」と、余計なものまで
買ってしまった。一人で四つもどうするのだ。
 学校を出て、一人暮らしも十年になる。せ
めてケーキでも買って、誕生日を祝おうとし
たのだ。
 甘党のぼくでも四つはきつかった。それで
も二日後にまた行った。彼女の笑顔見たさに。
 一ト月も経つと、よく一人でケーキを買い
に来る変な男の客ということで、店にも知ら
れるようになってしまった。
 すでに三か月経った。日曜も仕事になった
り、遅い日が続き、しばらく行けなかった。
三週間ぶりに行くと、やはり彼女の笑顔が迎
えてくれた。
「今日はどれにいたしますか」と彼女がにっ
こり。
 ぼくはつい、こんなことを口走っていた。
「その笑顔をください」
「レアのほうですね」
「え?」
 意味がよく分からなかったが、「あ、ハイ、
できればレアで」とぼく。
 サイフを出そうとすると、
「これは売り物ではありませんので、差し上
げます。どうぞ」と言って、彼女は笑顔を顔
から外した。
 ぼくは、その笑顔を受け取ると、てのひら
に慎重にのせ、店を出た。

〔発表:平成17年(2005)年9月・第119回通信/東葛座会~10/12月・ML座会/2005年12月号「短説」/再録:2006年4月号「月刊TOWNNET-常総・歴史の路」/再録:「西向の山」upload:2006.2.5〕
Copyright (C) 2005-2008 NISHIYAMA Masayoshi. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

短説:作品「女ひとり」(桂千香)

   女ひとり
 
             
桂 千香
 
 女が引っ越してきたのは二月の終わり頃、
小春日和の日曜だった。引っ越し業者の一〇
トントラックから数え切れない程の箱が流れ
出している。
「ねえ、あなた。隣、越してきたみたいよ。
すっごい荷物。何人家族かしら。タカシに新
しいお友達ができたらいいわね」
 ゆうこは、そうつぶやきながらカーテンの
隙間から様子をじっと窺っている。夕方、イ
ンターホーンが鳴った。「そらきた。引っ越
しのご挨拶よ!」ゆうこはインターホーンに
映る見知らぬ女に、「はい、どちら様でしょ
うか」と静かな調子で言った。
 細身の女だった。ゆうこと同じ三十半ば位
だろう。長い髪を一つにまとめ酒落たバンダ
ナで結んでいる。人なつっこい笑顔で女は、
よろしくと言って台所用洗剤を差し出した。
 扉を閉めるなりゆうこは言った。
「普通、旦那と一緒に挨拶に来るものよね。
いいえ一人ってことはないわ。だってベラン
ダに黒のゴルフバッグが立てかけてあるもの。
やだ人聞きの悪いこと言わないで。首をちょ
っと出すと見えちゃうんだもの」
 一ヶ月が過ぎた。ゆうこはせわしなく爪を
噛みながら言った。「ねえ、あれから隣の人
見たことある? おかしいのよ。ベランダに
一度も洗濯物干してないの。いいえ、いるは
ずよ。新聞も郵便も毎日とってあるもの。な
のにドアの音も掃除機の音も聞こえないの」
そして、またそろそろと暗がりのベランダに
出て隣をこっそり覗き見た。明かりは点って
いるが物音ひとつしない。
 ゆうこは諦めて部屋に戻った。明かりもつ
いていないがらんとした部屋に一人、肩をす
くめてつぶやいた。
「ねえ、あなた。変わった人もいるものね」

発表:平成10年(1998)5月通信座会/初出:「短説」1998年8月号/再録:「短説」1999年5月号〈年鑑特集号〉*1998年の代表作「我」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2004.2.18〕
Copyright (C) 1998-2008 KATSURA Chika. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

短説:作品「赤とんぼ」(道野重信)

   赤とんぼ
 
            
道野 重信
 
 雨が夕日を消したのだ。
 だから雲が出てるのだ。
 アミと虫カゴがぼくのタカラモノなのだ。
 今日も赤とんぼをつかまえるのだ。
 
 父ちゃんは焼酎を飲んで泣くのだ。
 男は涙を見せてはいけないのだ。
 それでも泣くほどつらいときは、子どもは
見ちゃいけないのだ。
 だから、ぼくは出かけるのだ。
 
 ぼくの家には傘がないのだ。
 だから濡れても平気なのだ。
 いつも赤とんぼが舞っている、坂の上のお
寺に行くのだ。
 
「ぼく、どうしたの?」
 と、声がしたのだ。
 ふりかえると、もも色の傘をさした女の人
が立っているのだ。
 ぼくはどうもしていないので、なんて答え
ていいかわからないのだ。
 坂をかけあがって、お寺の土塀によじのぼ
ったのだ。
 そして、アミを旗のよつにふったのだ。
 早くどっかに行ってほしいのだ。
 あんたはぼくの母ちゃんじゃないのだ。
 
 もも色の傘が遠ざかって行くのだ。
 それで、ぼくはやっとアミをふるのをやめ
るのだ。
 
 今日も赤とんぼをつかまえるのだ。
 ぼくは母ちゃんを待っているのではないの
だ。
 赤とんぼをさがしているのだ。

〔発表:平成18年(2006)3月通信座会/2006年5月号「短説」/再録:「短説」2007年6月号〈年鑑特集号〉*2006年の代表作「人」位選出作品/WEB版初公開〕
Copyright (C) 2006-2008 MICHINO Shigenobu. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »