« 原稿募集【横山とよ子さんの世界を語り論じる】 | トップページ | だらだらの一日 »

2009年1月12日 (月)

短説:作品「猫の絨毯」(五十嵐正人)

   猫の絨毯
 
           
五十嵐 正人
 
 レインボーブリッジを下りて、夜の湾岸線
に。いつになく、心地よい走り。タイヤは路
面に無理なく吸いつき、小石一つの振動も伝
えてくる。
 二人が目指すのは、浦安ベイエリアの高級
ホテル。同じようにクリスマスを迎える車が
前後に群れをなしている。
「ねえ見て、東京湾も、夜はこんなに縞麗に
なるのね」
 助手席の彼女が、運転席の彼に身を寄せた。
オートマチックの左ハンドル。男の右手が女
を抱きとめる。と、一瞬体が揺れた。
「どうしたの?」
「いやっ、何でもない。猫を礫いただけさ」
「なーんだ」
 高速道路に猫。ちょっと変な感じはしたが、
間違いないだろう。あのボコッという感触。
「あれっ、まただ」
「寒くなると多いのよね。猫って、どうして
避けないのかしら」
 見ると、前方の車が凸凹道を走るように跳
ねている。
 ボコボコッ。
 二人の車も跳ねはじめた。路面を確認する
勇気はない。おそらくは、一面に敷きつめら
れた猫の絨毯。目にしなければ、それですむ。
息を殺して、走り抜けよう。
 ボコボコボコッ、ボコボコッ。
 女の視線が、追い越し車線のドライバーの
目にあった。困った顔同士、会釈を交わす。
 ボコッ、ボコボコボコッ。
 未開の平原を走るバッファローの群れのよ
うに、恋人たちもオアシスを夢見て走る。
 ボコッ。最後の一匹をプレスした音。
「ほらっ、シンデレラ城が見えてきた。明日
はスプラッシュマウンテンに乗りましょう」


〔発表:平成7(1995)年2月第12回東葛座会/初出:1995年5月号「短説」/WEB版初公開〕
Copyright (C) 1995-2009 IGARASHI Masato. All rights reserved.

|

« 原稿募集【横山とよ子さんの世界を語り論じる】 | トップページ | だらだらの一日 »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1991〜1995」カテゴリの記事

コメント

作品アップ、ありがとうございます。
クリスマスシーズンの内容ですが、成人式にも合いそうです。浦安市の成人式はディズニーランドらしいです。

今年もよろしくお願いします。

投稿: 五十嵐正人 | 2009年1月13日 (火) 21:16

 そうなんです、当初の計画ではクリスマス頃にアップする予定だったのですが、年を越してしまいました。
 短説公式サイトの更新も滞っていますが、ぼちぼち作品を追加していこうと思っていますので、本年もお引き立ての程よろしくお願いします。

投稿: WEB版『短説』編集長 | 2009年1月14日 (水) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「猫の絨毯」(五十嵐正人):

« 原稿募集【横山とよ子さんの世界を語り論じる】 | トップページ | だらだらの一日 »