« 「短説」休刊のお知らせ | トップページ | 〈短説の会〉公式サイト移転 »

2009年11月 1日 (日)

短説:作品「待って」(川嶋杏子)

   待って
 
            
川嶋 杏子
 
「また来ておくれ」
 ばあちゃんは何回もそう言っていた。次の
日から毎日道の方を見ていた。
 あのお姉さんはもう来ない。僕は思ってい
た。僕の母さんのように。もう決してあの知
らないお姉さんはここへは来ない。お姉さん
はやがてお嫁に行き、男の子を産んでよその
男と駆け落ちする。僕の母さんのように。
 母さんはやがてばあちゃんのようになる。
 黙って炊事をし、しゃがんで洗濯をし、庭
先へ出ては通る人を呼び止める。
 誰が来ても同じ話を、今日もあしたも同じ
話を、やがて誰も居なくなっても話し続ける。
 風に向かって。音に向かって。
 僕は母さんの事をあまり憶えていない。僕
はこのままでいい。
 ばあちゃんは言っている。
 誰にも人生は有るのだよ。誰の人生もそう
変わりはしない。ブラスマイナスゼロだよと。
 始めは身の上話だった。話の中身はだんだ
ん変わって行った。でも誰の人生も同じって、
本当にそう思っているかどうかは分からない。
 僕はやがて大人になって街へ出て行く。
 僕はもっと大人になってばあちゃんの所へ
帰って来る。そして僕は考え続ける。
 誰か女を不幸にしなかったかと。
 ばあちやんはもう待つこと自体が生活にな
って、自分が何の為に庭先から道を見ている
のか分からない。でも僕にはその方がよかっ
た。来ない人を待つのは辛かろうから。
 お姉さんは気まぐれに寄っただけ。通りが
かりに、ただ話しかけられたから。
 でも時々思う。またあのおばあさんと話し
たい。また行きたいと思っているかもしれな
い。けれどそれは多分お姉さんが不幸だから。
 お姉さんはもうここへ来なくていい。

〔発表:平成17年(2005)7月上尾座会/初出:「短説」2005年10月号/WEB版初公開(追悼)〕
Copyright (C) 2005-2009 KAWASHIMA Kyoko. All rights reserved.

|

« 「短説」休刊のお知らせ | トップページ | 〈短説の会〉公式サイト移転 »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

短説集2001〜2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「待って」(川嶋杏子):

» とんみんくんの読書履歴 [とんみんくんの読書履歴]
この主人公の流され方に、自分は違うと言い切れますか。人間・人生の不可思議をとことん突きつめる、著者の新たな代表作の誕生。 [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 22:57

« 「短説」休刊のお知らせ | トップページ | 〈短説の会〉公式サイト移転 »