« 実に久しぶりにノートに万年筆で書く | トップページ | 鈍化現象 »

2009年12月15日 (火)

短説:作品「クエンカの一日」(小林稔)

   クエンカの一日
 
             
小林 稔
 
 ラマンチャの岩と砂の荒野を車窓から見渡
し辿り着いたところが、クエンカという町で
あった。
 タイルが貼られた駅を出て、とことこと歩
いていくこと一時間、リュックに引きずられ
て両肩がもぎれそうに痛い。
 白く塗った幹の街路樹の下を歩道に沿って
歩き、立ち並んでいた店がとぎれ民家がまば
らになってきた。前方に切り立った岩の山が
聳えている。さらに近づくと岩にしがみつく
ようにあちこちに木の家が建っていた。
 谷間には吊り橋がかかっている。だれもい
ない。日は暮れかかって、岩の山の輪郭を白
く浮き立たせている。
 私はリュツクを背負ったまま吊り橋に足を
かけた。足元が揺れる。橋の向う側は見えそ
うにない。心細くなりながらも歩みを進める
のだった。
 人影がある。だれかが向こうからやって来
るらしい。さらに歩いていくと十歳そこそこ
の少年が向こうからやって来るのだった。ロ
ープを手のひらで辿りながら歩いて来る。私
に気が付いたらしく、歩幅を少し緩めた。あ
どけない顔をひきつらせて、視線を外しなが
ら歩みを止めなかった。少年と私は距離を狭
めて、まもなく橋の中程で擦れ違った。
 すると、「チーナー、チーナー」という少
年の声が洩れ、岩の山に谺して谷間に響き渡
った。
 振り返ると少年の後ろ姿が遠くに見えた。
私はこれ以上、橋を渡る理由がなくなったよ
うに思えた。すくに引き返して橋を渡りきり、
来た道を急いで戻った。少年の姿はもはやな
かったが、少年の甲高い叫び声が、いつまで
も私の耳から離れないでいた。やがて、にぎ
やかな人ごみの中を私は歩いて行った。

〔発表:昭和63年(1988)11月第39回東京座会/初出:「短説」1988年12月号/初刊:年鑑短説集〈3〉『乗合船』1989年10月/再刊:小林稔紀行詩文集『砂漠のカナリア』2001年12月/〈短説の会〉公式サイトupload:2008.9.22〕
Copyright (C) 1988-2009 KOBAYASHI Minoru. All rights reserved.

|

« 実に久しぶりにノートに万年筆で書く | トップページ | 鈍化現象 »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1985〜1990」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「クエンカの一日」(小林稔):

« 実に久しぶりにノートに万年筆で書く | トップページ | 鈍化現象 »