« 鈍化現象 | トップページ | 「家庭をまもれ」 »

2009年12月24日 (木)

短説:作品「三角クジ」(糸井幸子)

   三角クジ
 
            
糸井 幸子
 
  あれは確か、三年前の暮れだ。
 洋子は、夫の達夫と一緒に冷蔵庫を買いに
行った。買物を済ませ、洋子が急いで帰ろう
とすると、達夫は、貰った券で三角クジを引
いて来ると引き返した。
「賞品だってよ」
 葉書より少し大きめの白い封筒をブラブラ
させながら戻って来た。
「なあに?」
 中を覗くと、スポンジの板が入っている。
「なにかしら?」
 引っぱり出してみると、紺の絣を着た忍者
が出てきた。体はきせかえ人形のようにバラ
バラに刷られている。胴体、顔、頭、チョン
マゲ、腕、手甲と黒いはばき、それに、直径
三センチ程の葉っぱが二つ。いずれも切り抜
くようになっていた。
「そんなの、捨てちゃえば」
 しかし達夫は、洋子の目を盗むようにして、
ポケットヘ突っ込んだ。
 夕飯を済ませると、達夫は、白い封筒から
スポンジ板を取り出し、忍者の切り抜きを始
めた。切り離しては組み立てていく。
 達夫の家の風呂に忍者が住みついたのはそ
の晩からだ。
 達夫の後の風呂に入るたび、忍者は交通整
理のおまわりさんよろしく腕を上げたり下げ
たりしている。そして今夜は、葉っぱに乗り、
湯舟の中に浮かんでいた。洋子は達夫の幼稚
さに呆れた。
 湯を汲もうとした時、ポロッと忍者の手が
落ちた。拾い上げると、一文字に結んだ口元、
大きく見開いた目、瞳を中心に寄せた忍者が、
洋子に笑いかけた。
 八歳のとき交通事故で死んだ息子は、叱ら
れると、よくこんな表情をしておどけた。

発表:平成9年(1997)12月藤代木曜座会/初出:「短説」1998年2月号/再録:「短説」1999年5月号〈年鑑特集号〉*1998年の代表作「我」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2004.2.18〕
Copyright (C) 1997-2009 ITOI Sachiko. All rights reserved.

|

« 鈍化現象 | トップページ | 「家庭をまもれ」 »

創作」カテゴリの記事

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

短説集1996〜2000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/47098691

この記事へのトラックバック一覧です: 短説:作品「三角クジ」(糸井幸子):

« 鈍化現象 | トップページ | 「家庭をまもれ」 »