« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

雨の日曜日(二月の終わりに)

 ♪雨がしとしと日曜日 ぼくは~ひと~りで~♪ 
 ソフトボールができないのは恨めしいが、たまにはいいものである。少々お疲れ気味だったので恵みの雨かも。でも日曜日に体を動かさないと気持ちが悪い。
Ts2a0848 せっかく早くから起きたのでブログを書く。まずは、バンクーバー五輪、スピードスケート女子団体追い抜き銀メダルおめでとうございます。惜しかった。あと一歩、いや半歩。よく頑張りました。決勝進出は見事。
 二月に撮った写真を二枚。一枚目は、板橋・諏訪神社の「赤塚の田遊び」祭りでのお焚き上げ(どんど焼き)の炎。2月13日の夜、極寒の中、伝統の習俗を保存した貴重な祭りを見学した。非常に興味深い祭りであった。

 田遊びは、旧正月にその年の五穀豊穣と子孫繁栄を祈願し神に奉納する行事です。
 稲作の作業内容を唱える言葉と所作を田の神に奉納し、豊作を祈願する予祝の祭りで、板橋区では、「徳丸北野神社田遊び」と「赤塚諏訪神社田遊び」が国の重要無形民俗文化財に指定されています。 (板橋区役所産業経済部 くらしと観光課)

 めちゃくちゃ寒かった。しかし、やはり火というものは有難いものだ。消防車や消防隊員も三十名ほど待機してのどんど焼き。顔を向けていると熱い。背中を温めると風呂に入っているようで、生き返るような思いだった。

 もう一枚は、これも寒かった。こちらは早朝の河原。2月3日、地域で恒例の耐寒マラソン大会が行われた。役員として準備でまだ暗いうちから集まった。お陰で日の出を拝むことができた。
 一月はゆっくり過ごせたが、二月はあっという間だった。三日少ないとはいえもう月末。一年の五分の一がはや過ぎた。オリンピックも間もなく終わる。
Ts2a0844
 今日、娘が中学から六年間お世話になった高校を卒業する。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

短説「悦子」西山正義

   悦 子

            
西山 正義

 関東ローム層は霜柱が立ちやすい。
 悦子はその日取引先へ直行となり、いつも
より遅く家を出た。ちょうど小学生の登校時
刻で、悦子の前を後ろをランドセルが行く。
このあたりにはまだ近郊農家の畑が、住宅地
のあいだに点在している。
 今年の冬は冷え込みが厳しい。畑は一面、
霜柱であった。むかしの農道が駅への近道に
なっていた。そこは一部舗装されておらず、
垣根沿いには、やはり霜柱が立っていた。
 小学生がそれを踏んでゆく。わざと音を立
てて踏んでいるのである。
「楽しそう」
 悦子は、手袋に白い息を吐きかけながら、
そう呟いていた。
「私もしてみたい」
 いつもはよけて通っていたのに。しかし、
ハイヒールでは……。
 悦子は二十九歳になっていた。短大では珍
しい法律科を出、光学機器メーカーに入社し
た。最初は一般職であったが、企画能力を買
われ、総合職的な仕事にも就くようになった。
しかし、キャリアでもお茶汲みでもない中途
半端な立場で、あまり居心地がいいとはいえ
ない。OLとしては生真面目すぎるきらいが
あり、ガードが堅そうに見られた。
 日曜日。悦子は早く起きた。洗顔と歯磨き
だけで、すっぴんのまま外へ出た。ジーンズ
にスニーカーを履いていた。
 見事にせり上がった霜柱の断面が、朝日に
輝いていた。悦子は踏んだ。音を立てて。ゾ
クッとする。一歩二歩と歩く。足踏みしてみ
る。おもしろい。もう一度。靴が滑って、転
びそうになる。可笑しかった。声をあげて笑
った。いや、笑ったつもりであった。悦子は
天を振り仰いだ。冬の日が眩しかった。


〔発表:平成18(2006)年2月第126回通信座会~3月ML座会/2006年5月号「短説」/WEB版初公開〕
Copyright (C) 2006-2010 NISHIYAMA Masayoshi. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

引き続きホームページ更新

 ブログは三週間更新していませんでしたが、昨年末から一月末にかけてホームページはさかんに更新していました。時間がありさえすればパソコンの前に坐り、「西向の山」と「短説」公式サイトの新しいページの制作とすでにアップ済みのページもデザインやレイアウトをちょこちょこ修正したりしていました。見た目はほとんど変わっていないところも、ソース的には相当にいじくっています。
Ts2a0547 「西向の山」の新規ページである文学散歩三つとエッセイ二つは、しかし実のところこのブログにアップした記事を元ネタにしたものですので、純然たるニューページというわけではありません。過去の遺物に頼っているという感もしないではありませんが、いずれはちゃんとしたウェブページに再構成したいと思っていたものです。

 ところで、この写真は今朝撮ったものではありません。二年前の1月23日の朝です。御茶ノ水駅のホームから神田川を御茶ノ水橋方面にシャッターを切った図です。
 昨日は残業で職場を出たのが10時半過ぎで、吉野家で牛丼を食べていた時が一番の降りでした。店員も思わず外の景色に見とれるぐらい真っ白になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »