« 短説「セイジの魂失い」原 葵 | トップページ | 短説「夢おとこ」坂木昌子 »

2010年5月20日 (木)

短説「船」見崎漣

   

             
見崎 漣

「ほら、みて、おふね」
 お菓子の空箱で作った船を、聡は自優げに
祖母に見せる。お世辞にも船に見える代物で
はなかったけれど、祖母はいつも優しく微笑
んで褒めてくれた。
「あらぁ、上手にできたねえ」
 
 聡の家は共稼ぎ。帰りの遅い両親。聡は祖
母のひざに座って、お菓子の空き箱やマッチ
箱で飛行機や船を作るのが好きだった。
 両親の方針で、近所の子供達のように好き
な玩具を与えられた事がない聡は、欲しい物
は何でも自分で作るのが当たり前になってい
た。そんな聡を不欄に思ってか、祖母が与え
てくれた唯一のものがあった。
 それは、五十円の小さなセロテープ。
 すぐに、何でもくっつけることができるそ
れは、聡のもの作りに大活躍していたが、無
駄づかいも多く、一週問ももたなかった。
「おばあちゃん、テープなくなっちやった」
「はいよ」
 祖母は仏壇の引き出しから真新しいテープ
を取り出すと、聡の手に握らせてくれた。テ
ープが切れていたことは一度もなかった。
 僅かな小遣いをもらうようになり、聡の行
動半径が広がると、祖母と過ごす時間やセロ
テープの出番は少なくなった。いつしか、祖
母と話す時間はほとんどなくなっていた。
 あれから二十五年、祖母は今日、小さな箱
に納まり、聡のひざに載って家に帰ってきた。
 祖母がいつもお経を唱えていた仏壇を家族
と共に整理していると、古ぼけたセロテープ
の小さな箱が、引き出しの奥にそっと納めら
れていた。
 テープがボロボロに剥がれかかり、すっか
り色裡せたマッチ箱の船と一緒に……。


〔発表:平成15年(2003)10月木座会/初出:2004年1月号「短説」/再録:2004年5月号「短説」〈年鑑特集号〉*2004年の代表作選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.11.15〕
Copyright (C) 2003-2010 KENZAKI Ren. All rights reserved.

|

« 短説「セイジの魂失い」原 葵 | トップページ | 短説「夢おとこ」坂木昌子 »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

短説集2001〜2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説「船」見崎漣:

« 短説「セイジの魂失い」原 葵 | トップページ | 短説「夢おとこ」坂木昌子 »