« ホームページ更新 | トップページ | 「短説関西第3集」 »

2011年4月18日 (月)

短説「連凧」檜垣英行

   連 凧

            
檜垣 英行

 三月の半ばのことであった。私はいつもの
とおり利根川の堤へ散歩に出かけた。そこで、
ダンボール箱を側に置き草むらに座っている
一人の人に出会った。箱の中には数十枚の凧
が入っているのが見えた。私が興味を持った
のは、この季節に、しかも白髪交じりの男と
凧の組み合わせであった。
「凧揚げですか」と声を掛けた。
「いやあ、そう思って来たんですが…」と、
照れながら応えた。
「風を待っているのですが、今日は全く風が
ありませんなぁ」と立上がり、遠くを見回し
た。傍らの枯れたススキは微動だにしない。
「子供達に一つずつ作らせ、連凧に仕上げた
ものです」
「なるほど、連凧ですか」
「もう、十年も前のことです。教室の片隅に
取っておいたのですが、私もこの春で退くこ
とになりましたので…」と凧を取り出しなが
ら一枚ずつ開いて眺めた。
 凧は破れたところを修理したらしく、その
部分が際立って白く見えた。
 どの凧にも、『希望』という文字がはみ出
さんばかりの大きさで書かれ躍っていた。そ
れぞれに子供達の名前があった。中には六年
二組とクラス名から書いているものもあった。
最後の凧には、小さくまとまった大人の文字
が見えた。
「全部で四十六枚あります。始末する前に、
もう一度、大空を泳がせてやりたいと思いま
して…」と心の内を明かした。
 私は、十年もの間、保管してきた理由を確
かめたいと思ったが口には出さなかった。
 再び四十六枚の凧が大空を泳いだ時、子供
達の歓声が聞こえてくるのではないかと、私
もそこへ座って風を待つことにした。


〔発表:平成7年(1995)6月第16回東葛座会/初出:「短説」1995年9月号(短説創立10周年記念号)通巻122号/〈短説の会〉公式サイトupload:205.3.24〕
Copyright (C) 1995-2011 HIGAKI Hideyuki. All rights reserved.

|

« ホームページ更新 | トップページ | 「短説関西第3集」 »

短説〈同人会員作品〉」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

短説集1991〜1995」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短説「連凧」檜垣英行:

« ホームページ更新 | トップページ | 「短説関西第3集」 »