« 久しぶりに太宰治 | トップページ | ボブ・ブラックの『労働廃絶論』を読む »

2011年12月 5日 (月)

牛島神社の撫で牛とスカイツリー

 昨日、仕事中にそばを通ったので、向島の牛島神社に立ち寄った。師走にしては暖かい快晴の日曜日ということもあって、そこそこ賑わっていた。
 牛島神社の由来などはこちらに詳しいが、文学的に言えば、ここは何よりも堀辰雄なのであった。
Sn3n0203
 ちょうどお昼すぎで、結婚式が行われていた。近くの浅草では人力車が走っていて、多くの観光客を乗せていたが、その人力車で新郎新婦と仲人もしくはご両親がパレード?してきて、本殿に参るところに遭遇した。
 ↓思わず、境内を掃き清める巫女さんを撮ってしまいました。Sn3n0204   Sn3n0207
 大鳥居の真っ正面に、でーんと東京スカイツリーが。↑(クリックで拡大)
 小川和佑先生の明大リバティアカデミーでの公開講座で、堀辰雄の幼年時代を訪ねる「隅田川畔フィールドワーク」でここを歩いたのは、もう八年前になるのでした。その時は、スカイツリーなど影も形もありませんでした。
 堀辰雄が愛した「撫で牛」↓
Sn3n0209

 おばあさんは私の家にくると、いつも私のお守(も)りばかりしていた。そうしておばあさんは大抵私を数町先きの「牛の御前(ごぜん)」へ連れて行ってくれた。そこの神社の境内の奥まったところに、赤い涎(よだれ)かけをかけた石の牛が一ぴき臥(ね)ていた。私はそのどこかメランコリックな目(まな)ざしをした牛が大へん好きだった。「まあ何んて可愛(かわ)いい目んめをして!」なんぞと、幼い私はその牛に向って、いつもおとなの人が私に向って言ったり、したりするような事を、すっかり見よう見真似(みまね)で繰り返しながら、何度も何度もその冷い鼻を撫(な)でてやっていた。その石の鼻は子供たちが絶えずそうやって撫でるものだから、光ってつるつるとしていた。それがまた私に何んともいえない滑(なめ)らかな快い感触を与えたものらしかった。……
          ――堀辰雄「幼年時代」(「青空文庫より」)

|

« 久しぶりに太宰治 | トップページ | ボブ・ブラックの『労働廃絶論』を読む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛島神社の撫で牛とスカイツリー:

« 久しぶりに太宰治 | トップページ | ボブ・ブラックの『労働廃絶論』を読む »