« ボブ・ブラックの『労働廃絶論』を読む | トップページ | 短説「木枯らしの街」井上たかし »

2011年12月10日 (土)

重い作品集

すだとしおさんから、重い、重過ぎる作品集が届いた。
今日のお昼ころのこと。とてもすぐには読み飛ばせない。
中身もさることながら、その集を編集した父親の思いが重いのだ。
血の吹き出るような、いや、何と表現したらいいのか、感に堪えない。
これに対しては、やはり短説で応えるしかないだろうと思う。

先日ネット上で、久しぶりに太宰治の随筆を読んだので、
引き続き別のも読みたくなり、『もの思う葦』を再読している。
懐かしい、あの新潮文庫で。高校二年の時、
リアルタイムに「今月の新刊」で読んだのだった。
太宰のまとまったエッセイ集は文庫では初だったのではないか。
それにしても、文字が小さい!
当時はこれが普通だったのに……。

|

« ボブ・ブラックの『労働廃絶論』を読む | トップページ | 短説「木枯らしの街」井上たかし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重い作品集:

« ボブ・ブラックの『労働廃絶論』を読む | トップページ | 短説「木枯らしの街」井上たかし »