« タイムリーヒットを打った嵐の夜に | トップページ | ビートルズ・デビュー50周年の日に »

2012年10月 3日 (水)

西山家之墓(龍珠院)

 一昨日、10月1日月曜、大安、五日市にある母方の菩提寺に行ってきた。
 ある事情により、わが西山家には墓があってない。そこで、母方の曾祖母と祖父母が眠る墓のほぼとなりに墓を建てることになった。
 そのお寺は、臨済宗建長寺派の禅寺で、天照山龍珠院という。
 Pa010949_640  Pa010950_640
 東京の西、あきる野市のさらに西、JR五日市線の終点・武蔵五日市からさらに奥、キャンプ場やマス釣り場などがある秋川渓谷の北岸の高台。墓はほとんど山と言っていいような斜面にある。
 戦時中、この龍珠院の近くに、母方一家が牛込喜久井町から疎開していた。この寺と現在「瀬音の湯」温泉が出来た中間あたり。
 終戦直前の昭和20年8月3日に母方の曾祖母が亡くなり、当地で葬儀を行い、祖父母もこの地を気に入り、のちに墓を建てた。
 それが昭和46年7月だったとは、今回あらためて認識したのだが、私がこの寺に来た最初の記憶がまさにその時だったわけだ。小学二年生だった。お寺に泊まり、秋川で釣りや川遊びをした記憶がある。このとき私は、川で溺れそうになったのだ。
Pa010952_640  Pa010974_640
 この龍珠院、私の認識不足だったのだが、開創は貞治2年(1363)というから、もう650年の古刹というだけでなく、四季折々の花と紅葉がことに有名で、はとバスのツアーにも組み込まれるほどだという。「ONちゃんのPHOTO-Gallery」というホームページには、「龍珠院の四季」というコーナーがあり、四季折々の写真が大量にアップされている。
 うちの墓にはまだ誰も入っていないのだが、墓参りは二の次としても、これは季節ごとに来る価値があると思った。すぐ近くには日帰り温泉もあるし……。

(このわが家の墓にまつわる報告は何回かに分けてアップするつもり。第三者にはどうでもいいことでしょうが、龍珠院やその周辺の紹介も兼ねて)
 わが家の墓から見下ろした村落。うちの墓は絶壁のようなところにあります。墓自体はこれから建てるわけですが。
Pa010954_640

|

« タイムリーヒットを打った嵐の夜に | トップページ | ビートルズ・デビュー50周年の日に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/55805017

この記事へのトラックバック一覧です: 西山家之墓(龍珠院):

« タイムリーヒットを打った嵐の夜に | トップページ | ビートルズ・デビュー50周年の日に »