« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年4月

2013年4月20日 (土)

小川和佑先生の新刊『戦後文学の回想』

「小川ゼミ通信」Vol.30
小川和佑ゼミナールOB会の皆様

 先生の新刊が出ました! 待望の『戦後文学の回想』です!
 
 4/12に先生から先日のお花見の写真と一緒にご連絡をいただきました。写真の整理も新しい名簿の作成にもまだ着手できていませんが、すでに四日も経ってしまいましたので、ほかのことはさておき、取り急ぎ皆様にお知らせいたします。

◆小川和佑著『戦後文学の回想 小説家・詩人・評論家交遊録』
発行日:2013年4月10日
発行所:竹林館 http://www.chikurinkan.co.jp/book/index.php
ISBN: 978-4-86000-249-7 C0095
定価:1,575円(税込)
http://www.chikurinkan.co.jp/book/index.php?main_page=product_book_info&cPath=4&products_id=296

【登場する文学者】杉山平一・中村真一郎・木下順二・舟橋聖一・中村光夫・大岡昇平・三島由紀夫・鮎川信夫・田村隆一・黒田三郎・木原孝一・高見順・井上靖・吉行淳之介・吉行理恵・久坂葉子・三井葉子・堀内幸枝・平野謙・江藤淳・ほか

 今まで折に触れて(場合によっては何度も)聞いたことのあるお話も、やはり先生ご自身の文章でこのようにまとめて読めるのは貴重なことです。
 先生ご自身は、「この種の私的回想は語り棄てるべきものと決めていた」というように、ならば私が聞き書きを書こうとも思いましたが、到底無理。
「このテーマはどうしても自分史に即して書かざるを得ない。高齢者の思い出は自慢噺になりがちである」、だから、「可能な限り筆を抑えて客観的に書くことを自己に課した」というのだが、私たちにしてみれば、知りたいこと聞きたいことが山ほどあって、抑えなくてもいいのにと思えてきます。

 それでも、和佑先生の若き日の肖像を窺い知ることができ、いや、だから、先生は気恥ずかしいのでしょうね。
 特に先生の学生時代の話は、私たちの頃とは時代も状況も異なるとはいえ、「学生」という同じ立場にたてば、精神の上では同じなのだなと妙な感慨を覚えました。

「可能な限り筆を抑えて」書かれているから、一般読者には分かりにくい箇所や補足が必要なところもあるかもしれません。しかし、章と章のあいだに「戦後こぼれ話」と題された時事的なコラムがいくつか挿入されているあたりは、さすがは先生の編集方法だなと感じ入りました。

 自己を多くは語らぬ先生ですが、実は、教養文庫の『青春の記録』三部作や『中村真一郎とその時代』、『三島由紀夫-反「日本浪曼派」論』などでは結構語っていたりもします。しかしそれらは今ではなかなか手にできませんので、是非この本を手に取ってほしいです。先生にぐっと親近すること請け合いです。

 さて、4月6日のお花見は、直前になってすったもんだしたり、当日も春の嵐に見舞われたりと、いろいろありましたが、結果的には、当初予定の紀尾井町通りの八重桜がちょうど見頃になっていて、成功裏に散会することができました。
 14年前の花見の時は新卒だったI君とKさんが立派な社会人(Kさんは大学の先生!)になっていたり、卒業以来実に久しぶりに参加したW君にも会え、OBの子供も三名参加し、忙しい時期のほんのひと時でしたが、たいへん充実したものになりました。

 その模様の一端が、Yさんのブログ「コロンブドール」(http://blog.goo.ne.jp/colombedor)にアップされています。Yさんのブログには「桜」関係だけでも、かなりの写真がアップされていますので、是非ご覧いただければと思います。
該当ページ:http://blog.goo.ne.jp/colombedor/e/93cbc365b2ed9ca01e437fd9b4389b3b

 それでは、是非とも先生の『戦後文学の回想』を手に取ってみて下さい。

-------------------------------------------------------------

(4月11日)
*読了14冊目(24.12.1~):『ポケット詩集』(田中和雄編・1998年11月初版/2008年12月第36刷・童話屋)
収録作:宮沢賢治「雨ニモマケズ」~茨木のろ子「自分の感受性ぐらい」(全33編)

(4月20日)
*読了15冊目(24.12.1~):『戦後文学の回想 小説家・詩人・評論家交遊録』(小川和佑・平成25年4月10日初版・竹林館)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年4月 8日 (月)

五十歳!

本日は花祭りの日。
私の誕生日である。

今日で、とうとう私も五十歳!になった。
短説が始まったころ、まだ現役の大学生で、
最年少だった私もついに五十歳。
当時の芦原修二氏の年齢に追いついてしまった。

三島由紀夫の四十五歳もとうに過ぎた。
もうこうなったら、
大学の大先輩である田村隆一氏のように、
「やっと五十歳になった」と開き直るしかないかなと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

14年ぶりの第6回「小川ゼミお花見」のお知らせ(最終版)

「小川ゼミ通信」Vol.29
小川和佑ゼミナールOB会の皆様

 先にご案内しました14年ぶりのお花見会が、いよいよ二日後に迫りました。結論から言いますと、当初の計画通り実施致します。ただ、若干の変更と少し流動的になるところがありますので、あらためてご連絡します。
(念のため、すでに欠席のお返事をいただいている方も含めて、全員に送ります。煩わしいかもしれませんが、ご了承ください)
 流動的というのは、ランチのお店(席)の予約が出来ていません。逆に言うと、当日突然の参加も可能ですので、よろしくお願いします。

 さて、今年は冬の寒さに較べて、桜の開花が異様に早く、東京の桜も満開からはや二週間近く経ち、見頃どころか昨日の嵐であらかた散ってしまいました。しかし、桜はソメイヨシノだけではないのでした。

 実は、今更日程は変えられないけど、場所を変更しようかという話がありました。藤井ゆかさんが大いに腐心し、山本太朗くんなども加わり、ああだこうだと、あわただしく打ち合せしました。
 最終的には、先生のご意見と、直接現地を視察した結果、ほぼ当初の計画通りに実施することになりました。

 和佑先生曰く。「四谷にも八重桜があるぞ」……調べてみたら、なんのことはない、ランチ予定の「オーバカナル」前の紀尾井町通りは、一部では有名な八重桜の並木なのでした。(4/1現在、やっとほころび始めたといったところ)
 そして先生はこうも!
「花が散っていたっていいじゃないか。君たちに会えれば」

《14年ぶりの第6回お花見会》
【日程】4月6日(土)・雨天決行
【集合時間】11時30分※
【集合場所】JR中央線「四ツ谷」駅・麹町口改札
※早めに集合できる方は、11時に集合お願いします。
「オーバカナル」に先に行って席を確保したいと思います。

【コース・予定】
上智大学の脇から赤坂見附方面にそぞろ歩き(あるいは、紀尾井町通りに直行)

「オーバカナル紀尾井町店」にてランチ(懇親会)
★流動的になるのはここです。席の予約が出来ていません(個室以外は予約不可)
目の前の八重桜が見頃だと、むしろオープンテラスの方が混んでいるかも。
すぐに入れない場合は、紀尾井町通りを挟んだ向かい側に、清水谷公園という小さいながらも歴史的に由緒ある公園がありますので、そちらを散策&待機。

その後、弁慶橋のあたりまで散策し、先生はお帰りに
あとは時間の許す限り、赤坂見附あたりの居酒屋で飲み会に突入

◇今からでも大丈夫ですよ! 奮ってご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »