« Paul McCartney ~OUT THERE~ 2013 | トップページ | ランボーの生涯 »

2013年11月29日 (金)

辻井喬氏が死去

 辻井喬氏が亡くなった。世間的には、堤清二氏が、と言った方がいいかもしれない。またひとつ「昭和」が消えたような感じだ。
 訃報が流れたのは昨日(11月28日)だが、実際に亡くなられたのは11月25日だという。僕は、反射的に小川和佑先生を思ってしまった。
 小川和佑先生より三つ年上の昭和2年生まれ。行年86歳。同世代であり、学生時代に多少接点がある。詩人としての出発もほぼ同じころで、一般には狭義の「戦後派」に属しているとは言われないが、その最も若い世代であり、系譜的には「戦後派」を引き継いでいる。
 しかし、あれだけの詩人・作家にもかかわらず、その作家論として一冊にまとまったものは、現在までに小川和佑先生の『辻井喬―創造と純化―』(2008年12月、アーツアンドクラフツ刊)ただ一冊しかない。
 同年生まれに吉村昭がいる。文学的位相では似通ったところがある。二つ上の三島由紀夫とは、思想的には相反するはずであるが、相互にシンパシーを抱いていた節がある。いやそれだけでなく、三島由紀夫の世間的には悪評に曝されていた「楯の会」の、その悪名高い制服を制作するにあたっては相当の便宜をはかったことは有名な話である。奇しくも命日が同じになった。
 1980年代に青春を送った者としては、なんといっても、パルコの戦略は鮮烈だった。詩人・小説家としてはもちろん、実業家としても、いま(まさに今この現在に)再び検証されるべき人物であろう。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。――合掌

|

« Paul McCartney ~OUT THERE~ 2013 | トップページ | ランボーの生涯 »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辻井喬氏が死去:

« Paul McCartney ~OUT THERE~ 2013 | トップページ | ランボーの生涯 »