« 箱根山の猫 | トップページ | 春の夜 »

2014年4月 8日 (火)

多摩川と51

51
多摩川左岸の調布市と狛江市の境目あたり

 僕の原風景のひとつ。
 このあたりから、川を挟んで右手(南西側)によみうりランドの観覧車が聳える多摩丘陵と、左手(東南側)に今はなき向ヶ丘遊園と鶯色の世田谷通り(津久井道)の多摩川河原橋が見える風景は、僕にとって掛け替えのない風景です。いやもちろん僕だけでなく、地元の誰もが愛してやまない景色です。

 さて、本日は花祭り、お釈迦様の生誕を祝福する潅仏会の日ですが、私の誕生日でもあります。
 満五十一歳ですよ、ほんとうにもう、正真正銘のオジサンで、老年の域に入りつつあります!
 もはや抱負もクソもありませんね。でも、でもね、それでも、やっぱり、ちょっとはまだ、そのォ、ね、……。

|

« 箱根山の猫 | トップページ | 春の夜 »

僕の原体験」カテゴリの記事

コメント

年は取っても、感覚は何も変わらない気がします。染地辺りの多摩川土手の風景も、多摩川住宅が出来て以降は何も変わらずに、私たちを迎えてくれる。

花まつりの日・・・柔らかにそよぐ風に桜の花びらが舞っていました。私の中で「とき」は止まり、瞬間と永遠が等価であると感じる刹那・・・花散る季節。

投稿: のんかん | 2014年4月 8日 (火) 22:44

中学時代のあだ名で投稿します。
誕生日にコメントを寄せていただき、ありがとうございます。
そんないい季節の生まれなんですが……。

51にもなって、デコレーション・ケーキでもないような気がしますが、
家族揃ってバースディケーキを戴けたので、まあよしとしておきましょう。

投稿: ラム | 2014年4月 8日 (火) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/59433525

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川と51:

« 箱根山の猫 | トップページ | 春の夜 »