« 春の夜に聴く横笛の音 | トップページ | 白い花とソフトボール »

2014年4月12日 (土)

“低く飛んでゆく”

 今日は、伝説のロック・バンド「LIBIDO」のリーダー・成田弥宇さんの命日です。私より三つ年上でしたが、三十歳になる前に逝ってしまいました。
 あれからもう二十四年! いったい私は何をしてきたというのか。ということを、この日を迎えると、いつも思ってしまいます。

ぼくは   留まり
あなたは 旅立つ
すべての 答えは
再び会う その時に
     ――LIBIDO『「こんなにも自由だ」とあなたは……』(1987)

|

« 春の夜に聴く横笛の音 | トップページ | 白い花とソフトボール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

初めてPCに触れたのが今年の卯月。この「短説」がずっと気になっていました。私はみっちゃんがいなくなってから抜け殻でした。でもここに、忘れないでいてくれる(光弥くんを)方がいらして、救われましたと言ったら言い過ぎでしょうか。
フリーWFで繋げているので頻繁には来られませんが、楽しみにしています。「雨と寝る桜」は好きです。
一周忌のあと本誓寺へ行きました。門前で桜の花びらをすくいあげて撒いている写真が残っています。私は二十七歳でした。ごめんなさい、なんだか書かずにいられなくて書いてしまいました。

投稿: 永塚智子 | 2016年6月11日 (土) 21:42

永塚智子様、メッセージをありがとうございます。
あれからもう26年になりますが、成田弥宇さんを忘れないでいる人はほかにもたくさんいると思います。
でも、こうして、その存在をお互いに知ることはほとんどないので、メッセージをいただき私もたいへん嬉しく、感激しました。
拙作「雨と寝る桜」を「好きです」と仰っていただけて良かったです。

投稿: 西山正義 | 2016年6月12日 (日) 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/59457517

この記事へのトラックバック一覧です: “低く飛んでゆく”:

« 春の夜に聴く横笛の音 | トップページ | 白い花とソフトボール »