« と言いつつ、はや一週間。 | トップページ | 恩師の一周忌に »

2015年9月12日 (土)

葡萄の季節に、堀内幸枝さんからお手紙

 詩人の堀内幸枝さんから手紙が来た。
 氏からの連絡は、いつも突然でびっくりさせられる。ちょうど、私の師で、堀内作品を高く評価した一人である文芸評論家の小川和佑先生が亡くなって、この九月二〇日で満一年を迎えるところであったから。
 そのことともあながち関係がないわけではないのだが、直接には別の用件で、今回はなんと原稿依頼であった。
「ただ今『葡萄』最終号をつくっておりますが」とあり、そこに載せる原稿をということなのだが、私は、さりげなく書かれている《最終号》という言葉にハッとなった。
 堀内幸枝さんが長い間主宰している詩誌『葡萄』は、現在までに何号出ているのか存じないが、年一回程度の緩やかなペースながら、私なんかが生まれるはるか以前の創刊である。あの書肆ユリイカの伊達得夫氏が色紙を切り抜いて作った装丁で、昭和二九年(一九五四)月一二月に創刊されたのだった。時に堀内さん三四歳。そして現在、九五歳!
 調べてみると誕生日は九月六日で、ということは、九五歳のお誕生日の二日後にお手紙をいただいたわけだ。
「明治大学の学生が山梨に行った時のこと、
坪井の温泉で一泊して小川先生を中心に
みんなで話しましたね。
原稿三枚ほどにまとめられましたら」
 久しぶりに依頼された原稿を書いた。手紙が届いた一〇日に二枚書き、今日三枚に仕上げて、夕方には、郵便局の本局から速達で出した。
 自分で言うのもなんだが、相当に力の入った原稿で、小川和佑先生への供養にもなったような気がする。
 平成五(一九九三)年のこれもちょうど今頃行われた、堀内幸枝文学紀行のゼミ合宿。原稿の主題が堀内幸枝さんにあるということもあるが、その指導教授であった小川和佑先生が、すでにこの世にいないということは一切言及していない。
 私のその原稿では、あたかも小川先生が今も健在であるかのように描かれている。
 もちろん堀内幸枝さんも。いや、堀内さんは正真正銘ご健在で、だから、最終行は現在形で締めくくっている。堀内さんのお手紙は、とても九五歳の“おばあさん”とは思えない、実にしっかりとした律儀そうな楷書の筆跡で、それは、十代のころ、せっせと『四季』に詩を投稿していたころから全く変わっていないのだと思う。

|

« と言いつつ、はや一週間。 | トップページ | 恩師の一周忌に »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/62269155

この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄の季節に、堀内幸枝さんからお手紙:

« と言いつつ、はや一週間。 | トップページ | 恩師の一周忌に »