« 『ぼくらの民主主義なんだぜ』 | トップページ | 節分祭 »

2016年1月 5日 (火)

佐伯彰一さんがご逝去

 文芸評論家の佐伯彰一さんがお亡くなりになったというニュースが入ってきた。そうだ、まだこの人がいたのであった。だが、それも……。
「この1日午後1時48分、肺炎のため東京都目黒区の病院で死去した。93歳だった」とのこと。
 先月、野坂昭如さんも亡くなった。野坂氏は小川和佑先生と同年であった。これで本当に戦後文学を作ってきた人たちがみな鬼籍に入ったことになる。
 佐伯彰一さんに関しては、三島由紀夫研究の第一人者ということだけでなく、個人的に思い出がある。『日本文芸鑑賞事典』の第20巻(昭和63年6月・ぎょうせい刊)の、佐伯彰一氏の長編評論『日本の「私」を索めて』の鑑賞文を担当したのだった。当時まだ学部の大学生で、研究者でもなければ大学院生でもない私がよくも書かせてもらったものである。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 ――合掌

|

« 『ぼくらの民主主義なんだぜ』 | トップページ | 節分祭 »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/63010149

この記事へのトラックバック一覧です: 佐伯彰一さんがご逝去:

« 『ぼくらの民主主義なんだぜ』 | トップページ | 節分祭 »