« 平成29年の年の瀬に | トップページ | 平成30年の年頭に(「短説」復刊か?) »

2017年12月29日 (金)

平成29年の年の瀬に(その二)

 ここ何年もの間では珍しく、年内に年賀状を作成し、投函も済ませた。妻は引き続き部屋の大掃除。
 父の本をBOOK・OFFに売った。遺品だが、すべてを保管しておくわけにもいかない。今回で三回目。72冊で2550円になった。歳末大買取祭ということで、500円分のクーポン券も貰ったから、実質三千円ほどになったわけだ。
 小川和佑先生の『著書目録』を更新した。今まで長年手に入れることができないでいた『〝美しい村〟を求めて 新・軽井沢文学散歩』だ。昭和53年8月に読売新聞社から出た新書サイズの書き下ろし長編評論である。インターネットが普及し、古書もネットで簡単に検索、購入できるようになって本当にありがたい。図書館で読んではいたのだが、古書店では見つけることができないでいた。それを先月、「日本の古書店」というネット経由で手に入れることができた。しかも安く(新刊の新書と同じぐらいの値段)。しかも美品である。というより、スリップもそのままの新(古)品である。

|

« 平成29年の年の瀬に | トップページ | 平成30年の年頭に(「短説」復刊か?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75251/66216911

この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年の年の瀬に(その二):

« 平成29年の年の瀬に | トップページ | 平成30年の年頭に(「短説」復刊か?) »