« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月22日 (月)

大雪

大雪
これから帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

三一書房版『戦後詩大系』全四巻を手に入れる(その二)

 さて、肝心の内容であるが、Ⅰの巻頭には、編者代表として嶋岡晨氏の「道標(みちしるべ)」と題された文があり、編集の経緯や意図、方針、凡例などが記されている。それを読んだだけでもエポックメイキングであったことがわかる。
 詩人は五十音順に配列されている。各人の分量はほぼ均等である。
 Ⅰは「ア~オ」五二名。五八一頁。
 Ⅱは「カ~ス」六九名。六二五頁。
 Ⅲは「ス~ハ」六五名。六二四頁。
 Ⅳは「ハ~ワ」五五名。六五六頁。
 合計二四一名。
 Ⅳの巻末には、
○大野順一氏の「戦後詩史序説」(副題・ひとつの思想史的あとづけの試み)と、
○嶋岡晨氏の「戦後詩の展望」(副題――詩壇略地図――)の、
それだけで相当読み応えのある二つの論考があり、これまた例によって大変な労作の、
○小川和佑編「戦後詩史年表」
がある。この年表は凡例を含めて六〇一頁から六五六頁まで及ぶ。そして最後に、
○大野順一氏作成の「戦後の主要詩誌の消長(一九四五~一九六五)」
が折り畳まれている。ここには四一の詩誌の発行年月が棒グラフで示されていて、非常にわかりやすく展望できる。年表やこうした一覧表は、作ってみればわからが、物凄い労力を必要とする。本当に大変な労作なのだ。
 もう一つ私にとって貴重だったのは、各巻に付録としてついていた月報である。私が以前から持っていた第一巻には月報が抜け落ちていた。
 
 月報1(1970・9)
○宗左近「戦後詩とわたし」
○嶋岡晨「夢の周辺」
 
 月報2(1970・11)
○新川和江「戦後詩と私」
○《同人詩誌の編集後記》
(「詩研究」「純粋詩」「FOU」より)
○S・S生「詩神と酒神の棲む所」
○詩友こぼれ話
(①村松定孝 ②「マチネ・ポエティック」 ③「ゆうとぴあ」、秋谷豊)
 
 月報3(1970・12)
○土橋治重「戦後詩とわたし」
○《同人詩誌の編集後記》(その二)
(「荒地」「列島」より)
○小川和佑「『地球』への回想」
○《編集者の言葉と略歴》
(大野順一〈筆名大野純〉・嶋岡晨)
 
 月報4(1971・1)
○片岡文雄「わが薄明の時代」
○小川和佑「『年表』作製の憂鬱」
○嶋岡晨「編集を終えて」
○『戦後詩大系』第二巻訂正表
 
 なかでも私にとって今回最大の堀大物は、小川和佑先生の「『地球』への回想」である。『小川のせせらぎ』第二号ではそのままコピーして転載しようと思う。
 それにしても、月報には三人の編集者の近影が載っているのだが、みな若々しい。それもそのはずだ。この時、三人ともまだ四十歳になるかならないかぐらいだったのである。あらためて、よくぞここまでの仕事ができたものであると感嘆する。いや、若いからこそできたのか。
 因みに生年月日を記せば、
小川和佑・昭和五年(一九三〇)四月二九日
大野順一(純)・昭和五年九月三日
嶋岡晨・昭和七年(一九三二)三月八日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

三一書房版『戦後詩大系』全四巻を手に入れる

 伝説の書籍と言っていい三一書房版の『戦後詩大系』全四巻を揃いで手に入れた。しかも、総革張りの限定300部特装版である。それを破格の安値で手に入れた。いくらかというのは、もしかしたら売主が後悔するかもしれないのでここでは伏せるが、まあ、今まで長い間売れずにいたわけだから、安値でも売れた方がいいのかもしれないが。
 第一巻は持っていた。いつだったかは忘れたが、おそらく1990年前後に、滅多に行くことのない渋谷の古書センターで偶然見つけたのだ。結構な高値で買ったような記憶がある。5800円だったか3700円ぐらいだったか。ともかく、第一巻はどうしても手に入れたかった書籍である。
 それから28年、発行からは実に48年、今回、四巻揃いでそれよりはるかに安い金額(送料込みでも)だったので、古書店によっては一冊ずつ買えるところもあったのだが、四冊揃えで購入した。実は、説明書きに「特装版」とあったのだが、あまりにも安いので、これは勘違いではないのかと疑っていた。(ネット販売だが、写真はなし)。しかし並装版でも、普通に見れば上製本なので、それでも良いと思っていた。ところが、本当に特装版だったのである。

 編者は、嶋岡晨・大野順一・小川和佑の三人。三人とも大学の先輩である。
Ⅰ ア~オ:1970年09月30日発行(限定番号300部の内 第158番)
Ⅱ カース:1970年11月30日発行(同 第165番)
Ⅲ ス~ハ:1970年12月31日発行(同 第164番)
Ⅳ ハーワ:1971年02月15日発行(同 第168番)
 本体菊判、ワインレッド色総革張り、白色クロース装貼函入り。函も並装版とは異なる。小川和佑先生のお宅で見ていたものだ。各巻平均580頁。

 何よりも嬉しいのは、月報も揃っていることである。ほかに三一書房の新刊案内や読者アンケートのはがきまで付いている。ないのは、おそらく巻かれていたであろうパラフィン紙ぐらいである。
 とすると、つい先日手に入れた『“美しい村”を求めて 新・軽井沢文学散歩』や『文明開化の詩』などのように、結局のところ読者の手に渡らなかったか、あるいは買われたけど読まれた形跡のない、本としては悲しい末路のいわゆる新古本かというと、どうもそうではないようだ。ぱっと見たところ本に書き込みなどはないのだが、月報の一箇所に赤鉛筆で括弧印がついている。本も開かれた形跡がある。が、月報なども綺麗に揃っていて、誰かが大切に保管していた本だということがわかる。
 この大冊の『戦後詩大系』は、並装版でも各巻3,000円なのであるが、特装版は全巻揃いの予約販売のみで各巻8,000円、合計32,000円もするのである。内容を考えると、決して高くはないのだが、それにしてもこれは1970年、昭和45年のことなのである。当時相当高価であったLPレコードでも1,700円か1,800円ぐらいの頃である。
 おそらく、この特装版を買ったのは、とりもなおさずここに収録されている詩人たちであろう。一般読者が買うとは思えない。並装版だって、実のところ関係者と図書館ぐらいだけだったかもしれない。そもそも詩集なんかみんな持ち出しで出すものであるから、収録されているからといって著者には一冊も献呈されていないだろう。あるいは自分が載っている巻だけはさずがに献呈されたかもしれないが、むしろ特装版を四巻揃いで買ってくれということだろう。限定300部というのは、すなわち全収録詩人230名あまりというわけだろう。
 ということは、このたび私が手に入れた本も、ここに収録されている詩人のものだった可能性が大なのではないか。本を開けられた形跡はある。しかしこの綺麗な保存状態は、著者の一人だからではないのか。もしそうなら、この本を売ることはないだろう。しかし本人ではなく、遺族なら、知らずに(あるいは知っていても)古本屋に処分することもあるだろう。
 本の匂いがたまらなくいいのだ。もう泣けてくるほどだ。何かパンドラの匣を開けてしまったような気がする。(肝心の内容についてはまたのちほど)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

平成30年の年頭に(「短説」復刊か?)

 新年最初の投稿。平成三十年が明けて、すでに十一日目である。年末年始にまとまった休みが取れなくなって七年になる。それ以前の五年間は、比較的長い休みがあった。今年は晦日と元日、三日、それに七草と仕事で、ほとんどお正月らしい気分は味わえなかった。やはりオンとオフは必要で、特に年末年始は一年のけじめとして、ゆっくりした時間がほしいものである。

 短説の会のすだとしおさんからの年賀状に、「『短説』の復刊を考えています」とあった。休刊からもう八年半が経つ。東京座会は今も変わらずに行われているようだ。藤代日曜や関西はどうだろう? しかし、日曜日の開催では私は参加できないのだ。たまたま開催日に雨が降らない限り。
 雑誌の復刊は望むところである。僕としては、何か手を差し伸べるべきであろう。だが、短説の会の同人みながインターネントでのやり取りに対応できないと、今やお手上げなのだ。藤代日曜座会のネット版も立ち上げたはいいがすぐに頓挫したのは、この「みな」が対応できないからだ。
 一括メール送信のシステムである「メーリングリスト」の機能も、もうとっくの昔に大手プロバイダをはじめYahoo!もサービスを打ち切り、今ではすっかり衰退してしまった。代わって現在ではLINEが普及し、メーリングリストとほぼ同じような機能を有しているわけだが、LINEは基本的にはスマートホン向けのアプリケーションであり、短いとはいえ短説のようなまとまった文章をやり取りするのには向かない。
 私はスマホを持っていないので、LINEもパソコンでやり取りするという変則的な使い方をしているので、LINEでもかつての「メーリングリスト座会」をできると思うのだが、おそらくスマホではやりにくいであろう。なら、私と同じようにパソコンでやればいいのだが、そうした使い方ひとつ、一から説明しても、結局のところ使いこなせないんだろうと思う。
 メールや掲示板などでなら、私も短説の座会に参加できるのに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »