« ルソーの『孤独な散歩者の夢想』を読みはじめる | トップページ | 12月の暖かい夜 »

2018年11月25日 (日)

四十八年目の憂国忌に

 おはようございます。朝からブログを書くのは久しぶりです。
 本日はもちろん、三島由紀夫・森田必勝両烈士の義挙記念日であります。あれからもう四十八年です。この日を僕は一番大切にしていました。遺憾ながら、過去形です。いや、むろん今も大切にしていることには変わりはないのですが……。
 一昨日はこれも大切な日で、新嘗祭の日でした。この三日間、今年は金・土・日で、久しぶりに三連休を取りました。しかし、「新嘗を祝ふ集ひ」に出席するためでも、「憂国忌」に出席するためでもありませんでした。
 ソフトボールの大会に行くためでした。今年最後の大きな大会で、地区大会ではなく東京都の大会ですが、それゆえ、本来ならもういいおじさんの僕などが出る幕ではないのですが、若手のサポートのつもりで待機していました。
 祭日ではあっても日曜ではない一昨日は、メンバーの集まりが厳しく、守備だけのFPでしたが、レフトでフル出場しました。結果は、最後一点差まで詰め寄りましたが負けました。そんなわけで、今日は試合はなく、練習のみですが、今日もこれから地元のグラウンドに行きます。
 ジャン=ジャック・ルソーの『孤独な散歩者の夢想』を読みはじめたり、『戦後詩大系』や大手拓次、三好達治、谷川俊太郎の詩集を読み返したり、昨日も急に思い立ってヘミングウェイの最初の短編集『われらの時代(IN OUR TIME)』を再読し始めたりしてはいますが、まあ言ってみればそれまでで、三島さん・森田さん自決の日に、何とも情けない限りです。

|

« ルソーの『孤独な散歩者の夢想』を読みはじめる | トップページ | 12月の暖かい夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四十八年目の憂国忌に:

« ルソーの『孤独な散歩者の夢想』を読みはじめる | トップページ | 12月の暖かい夜 »