« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月 9日 (土)

寒い土曜日の午後に詩を

 土曜日の午後、東京も大雪になるかもという予報でしたが、今のところなんとか雪にも雨にもならず持ちこたえているという空模様、一言、ただただ寒い。凍てつく寒さですな。家の掃除とか、書類整理とか、何もする気になりません。空は明るいので、今のうちに外で体操し、ウォーキングでもすればいいのでしょうが……。妻は、所属する朗読の会の先生が司会をするというある講演会に出かけていきました。
 そんなわけで、ストーブの前で猫と一緒に横になりながら、つれづれに開いた本が『日本の詩歌24』(昭和51年3月・中公文庫)でした。(BGMはビートルズに変更)
 この巻には、丸山薫・田中冬二・立原道造・田中克己・蔵原伸二郎が収録されています。私にとっては黄金の巻ですね。詩のアンソロジーはそれこそ枚挙に暇がないほどたくさんありますが、中央公論社の元は『日本の歴史』や『世界の歴史』などと同じ造本の箱入りの単行本で出たこのシリーズは、平成が終わろうとしている現在でも質・量ともに最良のアンソロジーといえますね。
 ついでに書き添えておくと、編集委員は伊藤信吉・伊藤整・井上靖・山本健吉。この巻の「詩人の肖像」は大岡信。「鑑賞」は坂本越郎。年譜付。立原道造と棟方志功のカットが入ります。
 その104頁に栞が挟んであって、それは単に以前の読み挿しを意味してあったのですが、そこに掲載されていた詩をあらためて読んで、心が打ち震えました。

    くずの花     田中冬二

  ぢぢいと ばばあが
  だまつて 湯にはひつてゐる
  山の湯のくずの花
  山の湯のくずの花

                    黒薙温泉

  何という詩情であろう。ただこれだけの言葉なのに。言ってみれば、ある情景をそのまま叙述しただけのようにもみえるが、なんと深い人生がそこにあることか。
「この無念無想の静寂境をとらえるため、省略を重ねて、この形にするまでには、作者は苦吟数年を要したという。けだし作者にとって会心の作」とは坂本越郎氏の鑑賞。
 初出は、昭和3年『パンテオン』第四号で、田中冬二の第一詩集『青い夜道』(昭和4年12月・第一書房)に初収録されました。
 はじめて読んだ二十歳そこそこのころは、その良さがたとえ分かったとしても頭で理性的にしか理解していなかったでしょうね。自分自身がまさにこの「ぢぢいと ばばあ」になって、しみじみと心に沁み込んできたというわけです。
 そんなことを書いているうちに、やはり雪が降ってきました。降り続けば積もりそうな気配の雪です。明日ソフトボールの練習があるのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

信濃追分文学散歩メモ(2)

 前の記事で、油屋は「この時はまだ旅館として営業していました」と書いたのは誤りでした。
 私のホームページの掲示板は滅多に書き込みなどないのですが、2007年7月27日に「追分油屋、休業中、心配」というタイトルで、(追分、軽井沢、立原、堀・・・ファンより。)というまったく未知の方から書き込みがあり、油屋はこの年2007年の4月から休業中とのことです。
 ですので、私が先輩の五十嵐正人さんご一家と行った2007年7月9日(つまり前の記事の写真を撮った日)の時点では、すでに休業中だったのですね。
 この年以降、私は軽井沢から遠ざかってしまいましたが、油屋のホームページはその後もしばらく生きていて、「設備の修繕、改装工事の為 休業中」ということになっていました。が、実際には経営破綻していたわけで、改修は行われず、そのまま旅館としては廃業になったのでした。
 しかし、2012年に「油やプロジェクト」というNPO法人が発足し、油屋旅館の建物保全と有効活用を目的に「信濃追分文化磁場 油や」として再生されました。
 その趣旨を記したパネル看板が、入口の石垣の脇に建てられています。(クリックすると拡大画像に飛びますので、ちょっと光が映り込んでいますが内容が読めると思います)。ホームページではテキスト化する予定。

Dscn3585_960

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

信濃追分文学散歩メモ(1)

 ということで、ホームページ「西向の山」「軽井沢文学散歩」の〈信濃追分編〉の後半を作成するためのメモとして、その素材となるべく写真や草稿をアップします。

 いきなり個人的なことになりますが、信濃追分の旅館「油屋」は、私にとって神田神保町のカフェ「ラドリオ」とともに最も思い入れの深い青春の場所です。受験勉強や卒論を書くための避暑として長期滞在したことがあるというわけではありませんが。
 旧中山道追分宿の脇本陣であった油屋は、昭和12年(1937)11月18日に隣家からの火災により焼亡しています。翌年、小さな街道をはさんだ向かい側、すなわち現在の場所に移転のうえ新築し、営業を再開しました。

 それから約70年後の平成19年(2007)7月9日に訪問した時の写真がこちらです。

P7090577_360
 
P7090578_360
 

 この時はまだ旅館として営業していましたが、一時期休業していた後、現在は、「信濃追分文化磁場 油や」として再生されています。下は平成30年4月9日撮影。

Dscn3591_360
 
Dscn3588_720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »