« 年賀状 | トップページ | 忍者ホームページのサーバーがダウン »

2020年1月 8日 (水)

令和2年(2020)に『地獄の黙示録』を再見して

 映画『地獄の黙示録』を見た。今さっきの話である。NHKのBSプレミアムで。言わずと知れたベトナム戦争を素材にしたフランシス・フォード・コッポラ監督の戦争映画の傑作(というか怪作といった方がいいかもしれない)である。
 その〈REDUX〉版。すなわち、2001年に53分間の未公開シーンが追加された『地獄の黙示録 特別完全版』である。もちろんこれは邦題で、原題は“Apocalypse Now”の〈Redux〉である。
 北米で初公開されたのは1979年の奇しくも8月15日。日本では昭和55年(1980)2月23日に公開された。僕が最初に見たのはそのロードショーであるから、17歳になる少し前で、高校1年から2年になる前の春休みである。
 昭和54年から55年といえば、僕が生涯のなかで最もへんてこりんな時期で、一番ぶっ飛んでいたころでもあり、何よりも暇さえあればギターを抱えていて、変な詩を書いては、曲作りとバンド活動に熱中していたころだ。
 当時の高校生はハード・ロックに夢中で、少し変わったところではプログレ派があり、一方ではフォーク派もいたのだが、世にはすでにパンク・ロックも出現していたころだ。僕はパンク系ではストラングラーズにはまっていたが、一番好きだったのは、当時少し廃れた感のあった60年代のロックであった。すなわち第一にビートルズがきて、第二にローリング・ストーンズがきて、キンクス、ザ・フーなどなど、そしてアメリカのバンドでは、なんといってもドアーズが大好きであった。その流れでストラングラーズというわけであるのだが、そしてこの映画、ドアーズの「ジ・エンド」が大々的にフューチャーされていて、「ジ・エンド」で始まり「ジ・エンド」で終わるわけで、すでにその前年の16歳のときにこの曲に衝撃を受けていた僕としては、この映画を見逃すわけはないのであった。
 さらに、川をさかのぼる最初の方のシーンで、ラジオのリクエストという設定でローリング・ストーンズの「サティスファクション」がノリノリでかかり、慰問で来た「プレイメイト」のバニーガールのお姐さんが挑発的なダンスを踊るシーンでは「スージーQ」が
生バンドで演奏されるのである。それだけで大興奮である。
 もう一つ音楽が効果的に使われているのは、これはたしか映画の宣伝でも印象的に使われていたと思うが、ヘリコプター部隊が爆撃するシーンでかけるワグナーの「ワルキューレの騎行」であろう。これには、三島由紀夫がからんでくる。後年知ったところによれば、コッポラ監督の妻エレノアの回想録によると、コッポラは撮影中よく三島由紀夫の『豊饒の海』を手に取っては構想を膨らませたという。ここでも、またしてもミシマである。
 今見ると、「ワルキューレの騎行」をオープンリールでけるあたりが時代を感じさせるわけだが、この映画では音楽や文学作品がいたるところで細かくメタファーに使われている。
 高校生の時、映画館の大スクリーンで見て、その映像の迫力に圧倒され、これは問題作だとは思ったが、正直に言えば、よく分からなかった、というのが素直な感想である。そりゃあそうだろう、ベトナム戦争のことなどよく知らないのだから。それでも、まだ僕ぐらいの年代までは、ベトナム戦というものがすぐ近くで起こっていたということぐらいは知っていた。しかもその雰囲気を多少なりとも“肌で”感じていたおそらく最後の世代であろう。
 以来、テレビでやるたびに、たぶんすべて見ていると思う。調べてみると、以下の通り。
・日本テレビ『水曜ロードショー』1982年3月31日
・テレビ朝日『日曜洋画劇場』1984年6月3日
・テレビ東京『木曜洋画劇場』1989年4月6日
 見るたびに、少しは分かった気になるが、本当に理解しているのかモヤモヤ感はなお残っていた。今回の〈REDUX〉版(特別完全版)は初めて見たかもしれない。(今回放送されたものは、2015年8月14日と2016年4月1日にNHK-BSプレミアムで放映されたものの再放送であろう)。日本初公開から40年、16歳の少年も56歳のオジサンになった。なんだかやっと少しはクリアになったような気がした。しかし、これは壮大な深刻ぶった「マンガ」のような気がしないでもない。
 だが、それにしてもだ。21世紀も20年近く過ぎた2020年になった現在でも、アメリカは(いやアメリカだけでなく)これと同じようなことを中東でやっているという驚愕の事実! そして、もはや日本も対岸の火事ではないのである。
 空爆って、空襲を受けた側からすれば、どう考えたって、ありえねぇだろうに、それが今この現在でも行われているというのはもう悪夢としか言いようがないし、狂気そのものだ。それがカーサ大佐が最後に呟く「恐怖」ということなのだが、文学的修辞ということでは済まされないことなのである。……

|

« 年賀状 | トップページ | 忍者ホームページのサーバーがダウン »

音楽」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀状 | トップページ | 忍者ホームページのサーバーがダウン »