« 泉龍寺弁財天池(狛江) | トップページ | 開花宣言の日に雪! »

2020年3月 7日 (土)

多摩川の万葉乙女

 前ページにアップした「狛江弁財天池特別緑地保全地区」は小田急線狛江駅の北口に隣接していますが、その区域の手前、駅ロータリーの滝を模した流水池横に、「万葉乙女」の像がちんまりと鎮座しています。

  多麻河泊爾左良須弖豆久利左良左良爾奈仁曽許能児能己許太可奈之伎
  多麻河にさらす手作りさらさらに何そこの児のここだ愛しき
  【万葉集巻十四・三三七三・東歌】

 そうです、『万葉集』の東歌で詠まれた「この児」をイメージして彫られた乙女像です。
 東京芸術大学教授・山本正道氏の作品で、平成8(1996)年3月に狛江市により設置されました。

Dsc_0218_720

 すでにサイト本編の「文学散歩」の「多摩川の万葉歌碑と万葉乙女」にアップしてありますが、
「いかにも可憐に慎ましやかに鎮座していますが、万葉時代の実際の武州多摩郡の乙女は、こう言ってはなんだがもっと野卑だったのではと思います。
 野暮で泥臭く、しかし元気で、何より働き者で、野性味に溢れていた。仔犬のようにコロコロした、今や死語ですがトランジスターグラマー的で、性的にも奔放で……と勝手な想像でした。」
 と書いた気持ちは今も変わりません。

|

« 泉龍寺弁財天池(狛江) | トップページ | 開花宣言の日に雪! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泉龍寺弁財天池(狛江) | トップページ | 開花宣言の日に雪! »