« 令和二年のにゃんこの日に | トップページ | 多摩川の万葉乙女 »

2020年3月 5日 (木)

泉龍寺弁財天池(狛江)

 間に猫が挟まっていますが、2月13日に母を連れ出して行った狛江散歩の続き。続きというより、こちらが最初。狛江通りを調布方面から歩いてきて、まずは狛江の駅ビルでランチ。一服してから、駅北口隣接の「狛江弁財天池特別緑地保全地区」へ。いえ、こちらは柵で囲われていて、通常は立ち入り禁止になっていますので入れません。毎月第二日曜のみ開放されています。

Dsc_0208_720

 開放されている散策路を少し行くと、泉龍寺弁財天池があります。こちらは常時開放されています。この辺りの地名を「和泉」といいますが、その名の由来となったとされる池です。

Dsc_0210_720

 黒々とした大きな鯉が悠然と泳いでいます。亀もたくさんいます。が、これは捨てられた外来種が繁殖したものか?
 説明版の写真もアップしておきましょう。拡大する文字が読めると思います。

Dsc_0213

 雲松山泉龍寺は曹洞宗のお寺。弁財天池を見守る聖観世音さま。たいへんに神々しくも美人におわします。

Dsc_0209_720

|

« 令和二年のにゃんこの日に | トップページ | 多摩川の万葉乙女 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和二年のにゃんこの日に | トップページ | 多摩川の万葉乙女 »