« メール投稿で画像も送れるかテスト | トップページ | 短説の会へのレクイエム(4) »

2020年8月25日 (火)

わが家の老猫二匹(ともに19歳)が同じ日の朝と夕方に永眠しました

 令和2年8月13日(木)の午後5時16分、わが家に平成13年(2001)10月から住んでいるキジトラの雌猫の“ひかり”ちゃんが、静かに息を引き取りました。
 人間でいえば92歳ぐらいで、病気一つしたことがありませんでした。老衰です。天寿を全うしたといえるでしょう。

Dscn44081c_200417_0833

 そのことを、10日以上経って、ようやく昨夜からウェブページに写真とともに書く気になり、朝の5時までかかってページを作成し、「わが家の猫/ひかり(8)〈2020年8月13日永眠・満19歳〉」としてアップロードしました。ですので、ブログでは繰り返しません。
 奇遇なのは、翌2002年の夏頃からわが家の庭に現われたはじめた“フサ”ちゃんも、この時すでに1歳くらいでしたから、“ひかり”と同い年の19歳になるのですが、前日の8/12に危篤になり、8月13日の朝7時頃に亡くなったのです。

Dscn4044_640_20200825142401

 わが家では伝説になった屈強な外猫の“黒ボス”の妻だか愛人であった“フサ”は、本当はもしかしたら結構由緒あるかもしれない長毛の洋猫です。半外猫にもかかわらず、こちらも病気知らずでした。
 私は今、糖尿病を患っていますが、猫も人間もやっぱり健康が第一だということですね。

Dsc_0430_480
ひかりとフサ(亡くなる約三週間前の二匹)

 “フサ”の孫の“モコ”ちゃんは、時々わが家に来なくなったりする外猫ですが、この5月の連休頃からもう長いこと顔を見せていません。
 そして、昨年の台風19号で被災したらしく、台風の後にうちの庭に棲みつくようになった“茶白”ちゃんも、7月に入って急に姿を見せなくなりました。もともとケガをしていて、しかしまったく懐かないので病院にも連れて行けないので、梅雨と暑さの中、もうどこかで行倒れているかもしれません。
 そんなわけで、21世紀になったこの20年間に入れ替わりはありますが、一番多かったときには13匹いた猫が、みんないなくなってしまいました。(二階の妹の部屋には茶トラと黒白の2匹がいますが、その二匹のみになってしまいました)

Dsc_0546_720
ひかりちゃんのお墓

Dsc_0537
フサちゃんのお墓

 ひかりちゃん、そしてフサちゃん、茶白も、
西向の山の猫みんな、どうか安らかにお眠りください。
     ―合掌―

|

« メール投稿で画像も送れるかテスト | トップページ | 短説の会へのレクイエム(4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

猫の写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メール投稿で画像も送れるかテスト | トップページ | 短説の会へのレクイエム(4) »