« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月26日 (土)

小川和佑先生の『近代日本の宗教と文学者』から

 文芸評論家で近代文学研究家の小川和佑先生の七回忌のご命日も過ぎました。奥様から法要が無事済んだというご連絡をいただきました。
 その九月二十日前後、先に制作した小川和佑ゼミナールOB会誌『小川のせせらぎ』第2号に掲載した「小川和佑先生著書目録」第二回に続くべく第三回用の原稿を、いくつかすでに同ブログにアップ開始しました。
 それで、『近代日本の宗教と文学者』を読み返したのですが、これは元はNHKラジオの放送であるので、その放送を録音したカセットテープのアナログ音源をデジタル化しようと思い立ちました。いやもっと以前にやろうと思っていたのですが、先生がお亡くなりになって、生のお声を聴くのが辛くてなかなかできなかったのです。
 これはNHKラジオ第二放送の「NHK文化セミナー」のシリーズで放送されたラジオ講座で、平成7年(1995)年の2月5日から2月26日までの毎週日曜日の午後20時から一時間、全四回放送されたました。

『近代日本の宗教と文学者』(1995年)
第一回(2月05日):明治キリスト教徒文学者
第二回(2月12日):漂流する神を求めて
第三回(2月19日):信仰と革命の思想
第四回(2月26日):美しい日本に詩と真実を求めて

 NHKだから当然CMはなく、時報に続いてすぐに、テーマソングに乗せてアナウンサーによるごく簡単な番組と講師の紹介があり、終りも同様。その時間が前後一分程度で、途中に休憩もないので、講義は正味58分あります。
 もちろん生放送ではなく、1月12日から毎週木曜日に南青山のNHK放送センターで収録されたよし。
 今にして思えば、この放送時期です。すなわち、阪神淡路大震災の直後から、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起こる直前までの、間ということになります。近代日本の宗教や神の問題を考えるには、あまりにもタイムリーだったと言わねばならないでしょう。
 個人的には、放送のちょうど中間の2月15日に、私たち夫婦の第二子である長男が生まれています。
 まあそれはそれとして、当時先生は65歳で、まだまだ若々しいお声で、ほとんどよどみなくマイクの前で講義されています。実にうまいというほかありません。多少のアドリブも入っているようですが、そのまま本にしてもいいような完全な原稿を用意して講義しているので、事実、その放送原稿をほぼそのまま活かして加筆されて単行本になっています。
 それが、翌年出た『近代日本の宗教と文学者』(平成8年2月・経林書房刊)です。私などが言うのもなんですが、見事な論評です。放送をダビングするのに聞きながら本を読んでいると、さらになるほどと思います。そしていろいろな思いに駆られます。

 そして、本書に導かれ、
・ラフカディオ・ハーンの『Kwaidan』(すなわち小泉八雲の『怪談』――岩波文庫版は息子に京都に持っていかれたので、新たに文字の大きくなった新潮文庫版を数日前に購入)
・和辻哲郎の懐かしい古典的名著『古寺巡礼』(岩波文庫)
・亀井勝一郎の『大和古寺風物誌』(これも文字が大きくなった新潮文庫の新版を昨日買い直しました)
・堀辰雄の『大和路・信濃路』(文字の小さい昔の新潮文庫)

 をここ数日読み直しています。この時生まれた息子がもう25になり、現在、京都に在住です。仏像や仏閣を観たくなりました。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

小川和佑先生七回忌のご命日に

 本日は、明大文学部のわが恩師で、文芸評論家・小川和佑先生の七回忌のご命日です。と同時に、個人的に「創作記念日」と称している日です。
 今年はコロナでお墓参りにも行けませんので、きょうの命日に向けて、前の記事の通り、小川和佑ゼミナールOB会誌として『小川のせせらぎ』と題する冊子の第2号を編集・制作し、OB,OGなどに配付しました。
 すかさずさまざまな反響があり、メールや手紙、ハガキ、ブログのコメント欄などでやり取りをしました。先週の金曜日(9/11)の午前中に新宿のコピー屋で印刷・製本し、家に飛んで帰り、すぐに封入し、金曜日の夕方便で発送しました。早いところでは翌日の土曜日に着いたようで、以後、この一週間、ずっとみなさんから送られて来た反響に応えていた日々が続いていました。
 個別にはさまざまな内容が含まれているので、ここでは繰り返しませんが、それが何よりも楽しかったです。小川先生、みなさん、ありがとうございます。
 きょうからまた普段の日常が始まります。その前に連休ですが、地元のソフトボールの秋季大会、きょうが初戦です。何かホームランでもかっ飛ばせそうな気分です。
 繰り返しますが、小川先生の法要は、教え子のみならず、親戚や東京に住んでいる親族も集めずに、奥様お一人で執り行うということです。もちろんコロナのせいです。
 宇都宮に向かって合掌いたします。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

小川和佑先生七回忌のご命日を控えて

 本日昼頃、私が編集した小川和佑ゼミナールOB会誌『小川のせせらぎ』の第2号が、亡き先生の奥様である小川節子様に無地届けられました。
 OB、OGのみなさんへは、一日早い9月11日金曜日に「ゆうメール」で発送しました。速達扱いではありませんが、早いところでは翌日の12日に届いたようです。
 先生の七回忌の一週間前に間に合いました。昨日あたりも九州地方は大雨だそうで、心配であります。
 先生の七回忌の法要は、親戚なども集めずに、奥様一人で執り行うとのことです。もちろん新型コロナウイルスの影響で。
 奥様へもみなさんへも届いたようですので、インターネット上でも告知します。以下に「編集後記」を転載します。
 もしまだ届いていない方や、最近音信不通になっている方は西山までご連絡ください。限定50部の手作り冊子で、必要部数しか制作していませんので、少しお待ちいただくことになりますが……。

 

『小川のせせらぎ』第2号〈編集後記〉

 

   小川和佑先生七回忌

 

 この九月二十日で、小川和佑先生が他界されて満六年になります。すなわち、仏教でいうところの七回忌にあたり、日本の多くの家庭で追善供養の法要が行われるのが慣例になっています。
 ところが今年は、ご周知のとおり新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行し、高温多湿の季節になっても依然収まらず、現在も第二波といえるような猛威が広がっています。
 それで、小川家としても、七回忌に人を集めないことになりました。せめてお墓参りだけでもと思いますが、県外から宇都宮へ行くのは、今はまだ差し控えた方がよいでしょう。
 本当は、この冊子を御命日に墓前にお持ちしたいと思っていました。そしてOB会で集まり、みなさんにお渡ししたいと。しかしそれも今は難しいので郵送することにしました。

 

   第2号について

 

 今回も力まかせで作りました。第1号ではそうしたように、雑誌や新聞の初出や書籍の形で見てもらいたいという思いもありますが、月報をそのまま拡大コピーした『「地球」への回想』以外は、一語一語手打ちで入力しました。
 巻頭の『わが一九四五年』は、当初は抜粋のつもりが、ほぼ全文丸々写すことになりました。社会思想社の現代教養文庫の『青春の記録』三巻は、まったく特異なアンソロジーで、私が学生の頃はまだ新刊本の書店にも並んでいましたが、小川ゼミの中でも手に取ったことがある人はごくわずかのようです。今年は敗戦から七十五年の年。今、改めて読んでもらいたい一書です。現在では入手困難なゆえ、ここに打ち出しました。可能なら実際の本を手に取り、収録作品も読んでほしいです。

 

   小川ゼミOB会の運営について

 

 さて、みなさんにご相談というか、確認したいことがあります。
 私たちがここに「小川和佑ゼミナールOB会」と名乗っている会は、一応会則もありますが、もう長いこと組織的な「会」としての体裁を成していません。
 このOB会は、私が卒業した昭和六三年九月から準備され、翌平成元年七月に発足しました。そして、平成一三年(二〇〇一)一月に先生の「最終講義」を開催し、以後も、ゼミ合宿(というより、もはや学生がいないのでOB会合宿)や出版記念会などを開催してきました。
 平成二一年と二二年の最後二回の合宿や、最後の花見(平成二五年)は何人かで協力し合って企画しましたが、事務局の運営を組織的に行っていたのは最終講義の頃までです。
 その事務局は、発足当時から現在に至るまで、一貫して私が一手に引き受けています。それはやりたくてやっていることなので別にいいのですが、何が言いたいのかというと、今回この冊子を送るにしても、本当に送っていいものかどうか迷う人もいるということです。会員を明確に組織化できていないので。
 この会はOB会といいながらも、学校の同窓会とは性質が異なります。その学校を卒業していれば、本人の意思にかかわらず、たとえ消息不明でもその名簿から名前が削除されることはありません。しかしこの会は好きな者が集まっているだけです。
 ところが、その「好きな者」なのかどうか、よく分からない人もいるということです。この三十年の間に、次第に郵送物が届かなくなって、消息不明になってしまった人が数多くいます。一人ひとりこのOB会に〈オルグ〉してきた私としては、今でも皆の顔が思い浮かびます。一度でも合宿などに参加したことがある人は、ひと回り以上したの学年までみな覚えています。だから愛着もあるのですが、連絡先が分からなくなってしまってはどう仕様もありません。
 一方で、それは私の片思いで、学生時代に聞いた住所が実家だったり、その後一度も転居していないという理由だけで、今でも郵送物が届いているということもあるのではないか。
 合宿や花見を毎年のように開いていた頃は、しかもその案内を主に郵便で行っていたので、転居しても一年以内なら転送されて連絡がつくこともありましたが、間遠になると……。いや、去る者は去るで仕方ないのですが、意図せずにということもあるのではないか。
 何か矛盾することを言っているようですが、大学卒業以来、三十年以上みなさんに連絡を取り続けている私としては、どこかモヤモヤする気持ちがあるのです。要は、OB会の〈総会〉を開き、〈名簿〉を作る必要があるのですが、それがずっと出来ていないのが原因です。
 ですので、今回この冊子を送るのも、もはやゼミOB会としてというより、西山個人が知っている人に送るというのが実情です。
 何十年も付き合いが切れていたのに、ある日突然復活した例もあります。一般的な例ではなく、この会で実際に何度もあった話です。だから、住所が分かっている人には、私は今回も送り続けます。この声が届かない人には、何とかホームページに辿り着いてくれることを願います。
 われらが恩師和佑先生の「お師匠さん」である中村真一郎の『死の遍歴』という小説に、「仲間の解散は青春の終りを象徴する」という一節があります。そうしたことは遅くとも三十前後には訪れ、そうして人は否応なしに〈大人〉になっていくのですが、私はどうしてもそれが耐えられないようです。……小川先生、そしてみなさん!
     ――令和二年九月九日午前三時(西山正義)

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

谷保天満宮に参拝

 八月の末に、国立の谷保天満宮に参拝してきました。高齢の母をドライブで連れ出し、気晴らしを兼ねて、散歩させるためです。
 南武鉄道(現在のJR南武線)の谷保駅を「やほ」と読ませるようにしたため、地名としての「谷保」も今ではにごらないで発音されがちですが、本来は「やぼ」とにごるそうです。それでこちらも「やぼ天満宮」と読むのが正式で、略すと「やぼ天」になるのですが、東日本では最古の天満宮で、関東三大天神に数えられている由緒ある神社です。

Dsc_0605

 主祭神はもちろん菅原道真公です。初詣でや受験のシーズンには、東の亀戸天神社、都心の湯島天満宮に対して、西の、多摩地区の学問の神様ということでたいへん賑わいます。
 参道の甲州街道側に梅林があり、梅の名所としても知られていますが、矮鶏が放し飼いになっていることで有名です。

Dsc_0604

 人が来て、しばらくじっとしていると、二、三羽すぐに集まってきます。この時も、あとから餌をやる青年が来たので、続々と集まってきてその数に結構びっくりします。

Dsc_0600

 おなじみの「撫で牛」が二頭います。

Dsc_0597

 梅林にある菅原道真公の「御遺戒」が刻まれた「和魂漢才」の塔。

Dsc_0616

 同じく梅林の中ほどにある山口瞳の文学碑。なぜここにあるかというと、山口瞳さんは国立市在住で、谷保天満宮がお気に入りの場所だったそうです。文学碑には大いに興味があるのですが、私は全くの下戸で、酒には憎しみしか感じないので、壽屋(今のサントリー)の広告部のコピーライターだった人には興味がありません。というより、その通好みっぽい洗練された感じが私は好きではないですね。(もちろん人柄のことではありません)

Dsc_0619

 それより、谷保天満宮が「交通安全祈願」の発祥の地であるということの方が興味がひかれます。実は今回初めて知りました。車に貼り付けるマグネットの交通安全お守りは靖国神社で求めましたので、こちらでは交通安全キーホルダーを買い求めました。

Dsc_0625

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

短説の会へのレクイエム(4)

 この稿を3回書いたところで、未完のまま令和元年は暮れた。そして明けた令和2年は、2月の末頃から新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行一色になった。緊急事態宣言から外出自粛になり、五月の大型連休はすっ飛び、長い梅雨に入った。やっと梅雨が明けたと思ったら、急激な猛暑・酷暑に見舞われ、そして間髪を入れずに台風の季節に突入した。
 平成の時代を一言で総括すれば「災害の時代」だったと言われている。それは令和も続きそうで、「異常気象」もそれが常態になりつつある。しかしもちろんそれと短説の衰退は何ら関係がない。

 平成21年(2009)の7月に月刊『短説』誌が休刊になり、それは事実上廃刊を意味し、川嶋杏子さんの死を契機に(おそらく理由はそれだけではないのだろうが)上尾座会が解散した。そして、短説の会は遅まきながらインターネットに活路を見出そうとするが、一歩も踏み出せないまま本部の機能は停止した。
 それでもその後、三つの流れがあった。
 一つは最も活況を呈していた関西座会で、本部が雑誌を出さない(出せないのなら)と、関西座会独自の雑誌を出したのである。これはあっぱれであった。
 年二回、半年間の座会から一人一作のアンソロジーである。『世界で一番短い小説 短説関西第〇集』と題されている。タイトル文字のレイアウトは、「短」と「説」が大きく印字されていて、「短説」に見えるように工夫されている。基本的には昔の「作品綴り」と変わらないが、ちゃんと印刷製本されている。正直、関西は金があるんだなあと思った記憶がある。いや、会員が多いので可能であったのだ。
 本部の雑誌が休刊になった翌年の平成22年(2010)4月に創刊され、10月に第二集が順調に出て、第三集「2011夏号」が5月31日に関西代表の道野重信さんから送られてきた。24作家が参加し、すなわち24作品収録されている。初めて見る名前もあり、関西座会の活況がうかがえた。
 しかし、その後私は第4号を受け取っていないし、その存在も確認できていない。私に送られて来ていないだけなのか、それとも文字通り「三号雑誌」で終わってしまったのか、それは不明であるが、どうも後者のような気がする。いやでも、その後も座会は続いていたようだ。関西座会の雰囲気から言えば、自然消滅というのはあまり考えられないから、座会は現在でも続けれているのかもしれない。

 もう一つは、同じく若い(といっても五十を過ぎているのだが)主宰者が率いる藤代日曜座会である。私より少し年上の吉田龍星さんから相談のメールを受け取ったのは平成26年(2014)5月の連休最終日。
 この時点で、その前から芦原修二さんは病気で、「ずっと講師不在の状態が続いており、いささかマンネリで、諸般の都合から辞める人も出て参りました」とあり、「短説誌も止まってしまっていますし、先生も再起は難しい状態のようで、どうぞ好きにやってくださいと言われてしまいました」と。これには私も少々呆れてしまったが、それだけもう病状は篤かったのでしょう。その年芦原さんは79歳。
 そして、「今年の新年会で話し合った結果、これではいけないということになり、皆さん一念発起し今年度から発表の場を独自に設けることになりました。一つは年鑑集の発行。もう一つはブログなどネット上で発表を行うというものです」と。
 年鑑というのは、関西座会と同じ発想で、これはやる気と資金さえあればできる。しかしその後、それが発行された形跡はない。
 そして私への相談は、やはりインターネットの利用について。
 少々長くなるが、当時のやり取りを思い出すために、私の返信を引用する。(改行などは普通の文章のように修正)
     *
「もう一つはブログなど」ということですが、「各自で」開設するということですか?
 これも、〇〇さんなど木座の人達が短説の会を退会したあと、2006年頃、『800字のショートショート』というようなタイトルで、ブログを開設していました。
 これは、一つのブログを何人かで共有して(要するにパスワードを共有して)一つのブログに何人かの会員がそろぞれに作品をアップして、コメント欄に感想を投稿するというものです。しかしこれも、たしか半年ぐらいで尻切れトンボになって閉鎖されました。
 ブログを立ち上げるのもいいのですが、要するに、みなさんが毎日のように積極的にアクセスし、じゃんじゃんコメントなどを投稿しないと、厳しいです。(というより、やっていて空しくなってきます)
    *
 それに続いて、短説の会の公式サイトや同人会員でホームページやブログを開設したことがある人の例を説明し、それらへの他の会員の反応、アクセスの状況を書き、
    *
 要するに何が言いたいかというと、例えば藤代のみなさんも、公式サイトにアップされたご自身の作品を果たして見たことがあるのか?
 せっかくネットで発表しても、それを見られないのでは意味がありません。
 ブログを開設する場合でも、手書きの生原稿を吉田さんに送って、吉田さんがパソコンに入力して、ブログなり掲示板などにアップするのでははっきり言ってダメです。
 以前の木座の試みも、少なくとも各自が自分で家のパソコンを起動し、インターネットにアクセスし、自分で作品を投稿し、コメントも自由に投稿できるというのが、最低限の条件でした。
     *
 以下、短説関係のブログのURLを列挙した。今では閉鎖されたブログも含めて種類(運営会社)は6つ、合計9つのブログ。 
 私の長いメールは、藤代座会でプリントして回され、吉田さんから報告された由。
 それでどうなったかというと、その翌月(2014年6月6日)、『月刊 短説マガジン ~藤日版~』として開設された。
 しかし案の定というか、予想通り、私が懸念した通りになった。一回の投稿で、その月の点盛りの順番に作品が列挙されているのだが、問題はその出稿方法である。藤代ではこの時点でも生原稿しか書けない人がおり、ワープロは使えてもパソコンは出来ない人もいる。要するに、元の生原稿(ワープロ打ちのものも含み)を吉田さんが打ち直して出稿しているのである。これでは、まったくもって話にならないのである。
 6月11日と7月28日に、5月と6月の座会分の作品がアップされたが、2回目からパスワード設定がなされ、私は中身を読むことができない。だからその後別の展開があったのかどうか知る由もないが、これも「三号雑誌」で終わった。2020年現在でもブログ自体は生きているが、この三回(三日間)以降更新されていない。
 短説にこれだけ長い年月関わっていながら、私は藤代日曜座会(と上尾座会)には一度も行ったことがない。それに関しては何だか申し訳ない気がしているが、どのように行われているかの雰囲気はわかる。たぶんそう間違った想像はしていないだろう。最初から予想された通りの結果であった。しかしそれでも、その後も座会が続いているとしたなら、それは立派なことだと思う。

 そして最後にもう一つの流れ。そもそもの源流である東京座会である。
 芦原修二さんとは1960年代の『秘夢』、70年代の『海とユリ』の頃からのもっとも古い同人であるすだとしおさんを中心に、短説の作品集(単行本)を一番多く出している秋葉信雄さんに、短説ではないが随筆の書籍を三冊出している喜多村蔦枝さんなどにより、今年のすださんからの年賀状によると、少なくとも令和2年の正月まで座会が続けられている。途中には中断もあったかもしれないが、軽く300回を越しているはずである。これはまあ本当にすごいことだと思う。 
 その後コロナでどうなったか不明だが、逆に少人数で細々とやっている分、緊急事態宣言が一応解除された現在は再開されているかもしれない。
 この三つの流れ、独自の雑誌(作品集)を出す、インターネットの利用、そして従来からの座会をひたすら続ける。そのでれもが正しいように思える。
 しかし、それにしても――。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »