« 今戸神社のリアル招き猫さま | トップページ | 温泉薬師瑠璃殿の芭蕉句碑と花柳章太郎供養碑 »

2021年7月 4日 (日)

北向観音の温泉薬師瑠璃殿と北原白秋歌碑

 信州上田の別所温泉紀行(平成30年4月11日)のつづきです。

 北向観音の本堂から愛染カツラの木を背に少し西側へ行くと、けっこう切り立った崖を背に温泉薬師を祀った瑠璃殿があります。
天台宗別格本山 北向観音・常楽寺』の公式サイトによると、
「寛保二年(1741)湯川の氾濫によって薬師堂は流され、寛保四年から湯本講中で再建を計画したようです。そして今の建物は文化六年(1809)に湯本講中の積立金により再建されました。」
 ということですが、ご覧の通り、崖に張り出して造られた懸造(かけづくり)の建築が素晴らしいです。その瑠璃殿の足元に石碑がたくさん建っています。ここ北向観音には古くから多くの文人墨客が訪れていた証左といえますね。

Dscn3782_720

 そのなかでも真ん中にでーんと建っているのが北原白秋の歌碑です。
 白秋長男の北原隆太郎氏作成の年譜(『日本の詩歌 9 北原白秋』昭和43年2月・中央公論社刊)によると、「大正十二年 一九二三年 三十九歳
この年、信州大屋の農民美術研究所開所式後、妻子と別所温泉、碓氷嶺に遊び、
……」とあります。
 この時の妻は、かの元人妻・松下俊子でも、二番目の詩人・江口章子(あやこ)でもなく、三番目の妻・佐藤菊子です。長男隆太郎氏が満一歳を過ぎたころのこと。

観音の この大前に 奉る 絵馬は信濃の 春風の駒

Dscn3783_720

 この歌は、白秋没後の昭和24年6月に刊行された歌集『海阪(うなさか)』に収められています。歌集『海阪』は、白秋亡きあと木俣修氏が編集したものですが、作品の制作年代的には白秋の第五歌集という位置づけがなされています。大正12年3月から昭和2年6月までに発表された作品のうち、旅の歌を集成したもの。版元は実弟・北原鉄雄が経営するアルス。
「七久里の蕗」の項に、
「四月中旬、妻子を率て、信州別所温泉、古名七久里の湯に遊ぶ。滞在数日。宿所たる柏屋本店は北向観音堂に隣接す。楼上より築地見え、境内見ゆ。遠くまた一望の平野みゆ。幽寂にしてよし。」
 とあります。現在、歌集『海阪』は青空文庫で全編読めます。この「滞在数日」のうちに、「北向観世音の絵馬を観て詠める歌七十五首」をはじめ、『海阪』に収録されているものだけでも(私の数え間違えでなければ)161首も詠んでいるのでした。

|

« 今戸神社のリアル招き猫さま | トップページ | 温泉薬師瑠璃殿の芭蕉句碑と花柳章太郎供養碑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今戸神社のリアル招き猫さま | トップページ | 温泉薬師瑠璃殿の芭蕉句碑と花柳章太郎供養碑 »