« 善光寺の文学碑〔2〕 | トップページ | 短説「娘が三十、そして三十一に」 »

2022年8月16日 (火)

善光寺の迷子郵便供養塔

 善光寺に行くなら、某郵便局の局長をしている中学からの親友にここもお参りしてと言われていたのがこれ。善光寺の広い境内の一番奥まったところにあります。これは右の碑面の由来書きを横着せずに写しましょう。

Dscn3864

------------------------------
   縁  起

 わが国における郵便物の数は年間一一〇億通を超え米国英国についで世界第三位である
 このなかに受取人に配達することも差出人に返送することもできない郵便が一八〇万余通もある
 これら郵便として使命を果たすことのできない迷子郵便を供養するため郵便創業百年にあたり前島密先生出身の地に近いここ善光寺に全国有志諸君とともにこの塔を建てる
  昭和四十六年四月二十日
     郵政大臣 井出一太郎
-------------------------------

 あくまでも供養塔ですから、内部には“納骨室”があり、焼却処分せざるを得なかった迷子郵便の「遺灰」が収められているそうです。私はけっこう郵便物を出していますので、一通くらいはあるかも。それが届いていたら、もしかしたら人生が変わっていたかもしれないような大事な手紙もあったでしょうね。――合掌

Dscn3863

|

« 善光寺の文学碑〔2〕 | トップページ | 短説「娘が三十、そして三十一に」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善光寺の文学碑〔2〕 | トップページ | 短説「娘が三十、そして三十一に」 »