旅行・地域

2017年7月15日 (土)

国木田独歩文学碑

国木田独歩文学碑
 国木田独歩の『武蔵野』の文学碑です。JR中央線「武蔵境」駅から北へまっすぐ、武蔵野市の堺浄水場の西側、玉川上水の桜橋西詰めの上流に向かって左岸脇にあります。
 碑面には、『武蔵野』の「六」の冒頭部分が刻印されています。

 今より三年前の夏のことであった。自分は或友と市中の寓居を出でて三崎町の停車場から境まで乗り、其処で下りて北へ真直に四五丁ゆくと桜橋という小さな橋がある、

 よく確認してきませんでしたが、上記のように新漢字・新仮名遣いだったような気がします。そこが残念。右の立て札に、「昭和32年10月27日 除幕」とあります。独歩没後49年、つまり五十回忌の年に建てられたもの。
 上記の文章は、途中まででカットされていますが、それに続く文は、

……桜橋という小さな橋がある、それを渡ると一軒の掛茶屋がある、この茶屋の婆さんが自分に向て、「今時分、何にしに来ただア」と問うた事があった。 

 引用は新潮文庫(昭和24年5月初版・昭和42年10月36刷改版)より。岩波文庫(昭和14年2月初版・昭和47年8月37刷改版)は表記上異同があります。
 桜橋のこの碑がある側を渡ると、ちょっとお洒落っぽい喫茶店(?)のような店があるのですが、まさかこの婆さんの店ではあるまいな。
 独歩が『武蔵野』を「国民之友」に発表したのは、「五」までは明治31年1月、「六」以降は同2月で、書いたのは同年1月。したがって、「今より三年前の夏」とは、明治28年のことで、「或友」とは、独歩の最初の妻となる佐々城信子といわれています。そう、有島武郎の『或る女』のモデルです。私は詳しくは知りませんが、この結婚がすぐに破綻したのは、(当たり前といえば当たり前ですが)独歩、信子双方に問題があったようです。残された写真を見ると、相当な美人ですな。美形というより、ちょっと童顔でコケティッシュな感じとでもいうのでしょうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

仙川 湯けむりの里

仙川 湯けむりの里
わが家の誕生日の定番!
最後はやっぱり日帰り温泉へ。
ここ仙川の湯には前回久しぶりに行き、回数券を買ったので今月二度目です。

帰りは、バスなら家の近くまで行きますが、買い物がてら仙川駅に戻り、再び京王線に乗りました。
きょう一日、調布-府中-小金井-武蔵野-三鷹-調布を一周してきた格好になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たま散歩

井之頭池
(井之頭池)

妻の誕生日にたま散歩。
京王線の武蔵野台駅(長年京王線に乗っていますが初めて降りました)から西武線の白糸台駅まで歩きで。まったく長閑です。
これまた長年近くに住んでいながら、西武多摩川線に初めて乗りました。
新小金井駅で下車。小さな(本当に小さな)商店街と住宅街を抜けて、JRの東小金井駅へ。
ここもマイナーな駅とはいえ、さすがに中央線。西武多摩川線の沿線に較べればそこそこ賑わっています。
駅南口商店街で昼食をとり、中央線で吉祥寺へ。
古本屋を見て(辻井喬詩集を百円でゲット)、井の頭公園へ。近くはしょっちゅう通っていますが、公園の中に入るのは実に久しぶりです。
これからバスで仙川へ。京王線に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

國領神社の千年乃藤

國領神社の千年乃藤
東京調布市の國領神社で、「千年乃藤」まつりが開催中です。今年で7回目。
最初は2011年に、東日本大震災の被災地支援チャリティーを目的に始まったのでした。
ささやかなイベントですが、少しずつ定着してきた感があります。
今年は今日明日、初の二日間開催。初日の今日は20時までライトアップされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

多摩湖

多摩湖
村山下貯水池

 何十年ぶりかに来ました。上の子がまだ小さいころ以来。下の子はまだ生まれていなかったかも?
 向こう側に写っているのは西武所沢ドーム。写真のほぼ直角ぐらいのところにある西武遊園地には、下の子の四歳か五歳の誕生日に来て(ちょうど同じ二月)、インフルエンザを貰って来たことがありました。それも十五年以上前の話です。
 私が通った中学校では、創立記念日に多摩湖一周(約11Km)マラソン大会をやるというのが恒例の行事でした。二年生の時、四位になり、トロフィーを貰いましたが、そんなことも、もう四十年前の話ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年/西向天神社より

謹賀新年
初詣
新宿の西向天神社

あけましておめでとうございます

今年も家内安全、無病息災で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

初詣/富岡八幡宮

初詣
下町の守り神さま、門前仲町の富岡八幡宮

今年は、息子の運転する車で初詣に来ました。
小学校時代にちょっと縁のあった門前仲町。
母も連れてきました。娘は現地で合流。
東京の下町の雰囲気を堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

散歩の副産物

近所の団地の猫
Sn3n0366   Sn3n0369

 たぶん飼い主はいるのだろうけど、半外猫で、昼間はよく団地の公園のベンチやテーブルの上で寝ていました。人懐っこく、よく撫でさせてくれました。
 福々した猫でしたが、ちょっと見ぬ間に、だいぶ年老いてしました。

Sn3n0372
会議中

Sn3n0370
もの別れ?

Sn3n0373
なんか、ちょっと、シュールかも

Sn3n0374
西河原公園の運動広場

 高齢者向けの簡易なストレッチ体操器具ですが、真剣にやると結構な運動になります。

Sn3n0375   Sn3n0376
梅雨の晴れ間                 水かさが増えています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

新宿箱根山の桜


新宿箱根山の桜

 携帯電話(私はいまだに“ガラケー”です)の壁紙サイズで撮った写メをモブログで投稿したら、縦横が逆になってしまいました。ブログの編集画面で、写真を回転する方法が分かりませんでしたので、見にくいですがそのままにしておきます。


箱根山の山頂から新宿副都心方面を望む

 私が生まれ四歳まで育ったのは、新宿区喜久井町の夏目坂のちょうど真ん中あたりですから、現在では都立戸山公園の一角になっている箱根山は、非常に懐かしい場所です。都心のど真ん中にあるとは思えないちょっとした秘境です。まあ昔は、都の西北のド田舎だったわけですが……。

Sn3n0303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

西山家之墓(龍珠院)

 一昨日、10月1日月曜、大安、五日市にある母方の菩提寺に行ってきた。
 ある事情により、わが西山家には墓があってない。そこで、母方の曾祖母と祖父母が眠る墓のほぼとなりに墓を建てることになった。
 そのお寺は、臨済宗建長寺派の禅寺で、天照山龍珠院という。
 Pa010949_640  Pa010950_640
 東京の西、あきる野市のさらに西、JR五日市線の終点・武蔵五日市からさらに奥、キャンプ場やマス釣り場などがある秋川渓谷の北岸の高台。墓はほとんど山と言っていいような斜面にある。
 戦時中、この龍珠院の近くに、母方一家が牛込喜久井町から疎開していた。この寺と現在「瀬音の湯」温泉が出来た中間あたり。
 終戦直前の昭和20年8月3日に母方の曾祖母が亡くなり、当地で葬儀を行い、祖父母もこの地を気に入り、のちに墓を建てた。
 それが昭和46年7月だったとは、今回あらためて認識したのだが、私がこの寺に来た最初の記憶がまさにその時だったわけだ。小学二年生だった。お寺に泊まり、秋川で釣りや川遊びをした記憶がある。このとき私は、川で溺れそうになったのだ。
Pa010952_640  Pa010974_640
 この龍珠院、私の認識不足だったのだが、開創は貞治2年(1363)というから、もう650年の古刹というだけでなく、四季折々の花と紅葉がことに有名で、はとバスのツアーにも組み込まれるほどだという。「ONちゃんのPHOTO-Gallery」というホームページには、「龍珠院の四季」というコーナーがあり、四季折々の写真が大量にアップされている。
 うちの墓にはまだ誰も入っていないのだが、墓参りは二の次としても、これは季節ごとに来る価値があると思った。すぐ近くには日帰り温泉もあるし……。

(このわが家の墓にまつわる報告は何回かに分けてアップするつもり。第三者にはどうでもいいことでしょうが、龍珠院やその周辺の紹介も兼ねて)
 わが家の墓から見下ろした村落。うちの墓は絶壁のようなところにあります。墓自体はこれから建てるわけですが。
Pa010954_640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧