旅行・地域

2021年7月 9日 (金)

温泉薬師瑠璃殿の芭蕉句碑と花柳章太郎供養碑

◆北向観音の芭蕉句碑
 北原白秋「春風の駒」歌碑の左となりに、芭蕉句碑があります。
 松尾芭蕉は日本のあちこちを旅し、その句碑は全国至る所にありますが、この句碑に刻まれた句をこちらで詠んだということではないようです。
(参照:同じ信州の「旧軽井沢の芭蕉句碑」/「追分宿浅間神社の芭蕉句碑」)

 この碑は、安永3年(1774)に建立されたもので、揮毫は門人四千人といわれる加舎白雄(かや・しらお/元文3年1738-寛政3年1791)
 俳人・加舎白雄は、地元・信濃国上田藩の江戸詰め藩士加舎忠兵衛吉亨の次男で、江戸深川の生まれ。天明8年(1788)に芭蕉百回忌句会を催しています。

Dscn3786_480

観音の いらか見やりつ はなの雲

 この句は、芭蕉43歳の貞亨3年(1686)、江戸深川の草庵で寝ころびながら詠まれたとも、病に伏せて床の中で詠んだ句とも伝えられています。したがって、「観音のいらか」とは本来は北向観音のことではなく、浅草観音(浅草寺)の大屋根(現在はチタン製の瓦)のことです。「はなの雲」はその高く聳えるいらかと競うように空に広がる満開の桜を現わしているのでしょう。
 芭蕉の『更科紀行』はその翌々年の貞亨5年からで、8月に善光寺からの帰途、坂本宿から追分宿に至る間に、上田宿も通過しています。だからまるで縁がないというわけではありません。

◆花柳章太郎供養碑
 白秋歌碑の右手奥、瑠璃殿向かって右側に、斜に構えるような感じで花柳章太郎氏の供養碑が建っています。花柳章太郎といわれても、私などは名前しか知りませんが、戦前から戦後、昭和40年に急死するまで活躍した新派を代表する女形です。「賞太郎」といわれるほどたくさんの賞を受賞した人間国宝。
 以前の案内板の写真を見たら、
「当山に健康祈願し
舞台に専念出来た」

 とありました。役者にとっては職業病である白粉中毒に悩まされていたそうです。なにしろ美貌が売りでしたので。別所温泉の温泉薬師に祈願し、湯治したわけですね。

Dscn3787_480

北向にかんのん在す 志ぐれかな 

 俳句もよくし、女形の肖像レリーフの脇に、こんな句も添えられています。これも白秋歌碑と同じ昭和37年の建立で、発起人代表のひとりに川口松太郎の名が刻まれています。
 北向観音ゆかりの『愛染カツラ』の作者である川口松太郎とは親しい交流があり、急死する二日前に出ていた舞台の夜の部(つまり最期の舞台)は、川口松太郎作の『寒菊寒牡丹』でした。今際の際まで舞台のことを案じていたということです。

| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

北向観音の温泉薬師瑠璃殿と北原白秋歌碑

 信州上田の別所温泉紀行(平成30年4月11日)のつづきです。

 北向観音の本堂から愛染カツラの木を背に少し西側へ行くと、けっこう切り立った崖を背に温泉薬師を祀った瑠璃殿があります。
天台宗別格本山 北向観音・常楽寺』の公式サイトによると、
「寛保二年(1741)湯川の氾濫によって薬師堂は流され、寛保四年から湯本講中で再建を計画したようです。そして今の建物は文化六年(1809)に湯本講中の積立金により再建されました。」
 ということですが、ご覧の通り、崖に張り出して造られた懸造(かけづくり)の建築が素晴らしいです。その瑠璃殿の足元に石碑がたくさん建っています。ここ北向観音には古くから多くの文人墨客が訪れていた証左といえますね。

Dscn3782_720

 そのなかでも真ん中にでーんと建っているのが北原白秋の歌碑です。
 白秋長男の北原隆太郎氏作成の年譜(『日本の詩歌 9 北原白秋』昭和43年2月・中央公論社刊)によると、「大正十二年 一九二三年 三十九歳
この年、信州大屋の農民美術研究所開所式後、妻子と別所温泉、碓氷嶺に遊び、
……」とあります。
 この時の妻は、かの元人妻・松下俊子でも、二番目の詩人・江口章子(あやこ)でもなく、三番目の妻・佐藤菊子です。長男隆太郎氏が満一歳を過ぎたころのこと。

観音の この大前に 奉る 絵馬は信濃の 春風の駒

Dscn3783_720

 この歌は、白秋没後の昭和24年6月に刊行された歌集『海阪(うなさか)』に収められています。歌集『海阪』は、白秋亡きあと木俣修氏が編集したものですが、作品の制作年代的には白秋の第五歌集という位置づけがなされています。大正12年3月から昭和2年6月までに発表された作品のうち、旅の歌を集成したもの。版元は実弟・北原鉄雄が経営するアルス。
「七久里の蕗」の項に、
「四月中旬、妻子を率て、信州別所温泉、古名七久里の湯に遊ぶ。滞在数日。宿所たる柏屋本店は北向観音堂に隣接す。楼上より築地見え、境内見ゆ。遠くまた一望の平野みゆ。幽寂にしてよし。」
 とあります。現在、歌集『海阪』は青空文庫で全編読めます。この「滞在数日」のうちに、「北向観世音の絵馬を観て詠める歌七十五首」をはじめ、『海阪』に収録されているものだけでも(私の数え間違えでなければ)161首も詠んでいるのでした。

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

今戸神社のリアル招き猫さま

 もう二週間がたってしまいました。5月25日の妻の誕生日に、浅草の今戸神社に参詣してきました。
 今戸神社は江東区の隅田川西岸、台東リバーサイドスポーツセンタの向かい側に鎮座します。今戸焼発祥の地、招き猫発祥の地、沖田総司終焉の地として知られています。まあ、招き猫発祥の地、沖田総司終焉の地に関してはそのほかにも諸説ありますが。

Dscn4721_640

 最近は何かというとパワースポットということが言われますが、こちらは「東京下町八社」の一社で、縁結びのパワースポットとしてちょっとした人気がありますが、なんといってもお猫様です。(わが家的には沖田総司もなんですが)
 境内に「会えたらラッキーというリアル招き猫」が出没するという噂。近所の野良猫らしいのですが、白ねこの〈ナミちゃん〉と名前が付けられています。会えるとは限らないらしいのですが、鳥居の写真を撮り、境内に入ると、いきなり出迎えてくれました。こりゃあ、ラッキー!

Dscn4727_640

Dscn4728_640

 この〈ナミちゃん〉、2019年9月1日にもすでに話題になっていました(「ねこのきもちNEWS」)。来る6月15日にも、かの有名な岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」(NHK-BSプレミアム)に出演するそうです。宮司の奥様が教えてくれました。この奥様、ちゃきちゃきの江戸っ子っぽい。

Dscn4729_640

「今戸焼発祥之地」と「沖田総司終焉之地」の碑の前を、悠然と歩いていきます。ちょうど夕方の散歩の時間だったようです。

Dscn4731_640

Dscn4734_640

 いい顔してますね。〈ナミちゃん〉の名前の由来は、今戸神社の御祭神の「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」からとのこと。これも宮司の奥様が教えてくださいました。

Dscn4738_640

Dscn4740_640

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

杉並の大宮八幡宮

 今戸神社の前に、これはその三日前の5月22日(土)、保護猫を見に永福町に行ったので、帰りに大宮八幡宮を参拝しました。この日は妻に加えて、娘も一緒でした。平成18年(2006)の元旦に初詣に来て以来です。

Dsc_0849_500

 通り雨が降った後で、濃い緑の中、たいへん清々しかったです。荘厳な、いい空気を吸い込むことができました。

Dsc_0846_1000

| | コメント (0)

浅草寺の五重塔とスカイツリー

 東京に緊急事態宣言が出ていて、不要不急の外出自粛が要請されているわけですが、一週間前の5月25日(火)は妻の誕生日で平日に仕事が休みになったので、ドライブに行ってきました。(こんなところで言うべきことではないのかもしれませんが……)
 4月10日の結婚記念日は、まん延防止なんちゃらでしたが、日帰り温泉は営業していました。三鷹の山本有三記念館を見学し、よみうりランドの丘の湯に入りに行ったのでした。この三度目の緊急事態では日帰り温泉はどこも休館。まあ当然といえば当然なんですが。それで、人があまり行かないところへ。
 目的地は台東区の今戸神社だったのですが、昼をどこでとろうかと迷っているうちに、浅草まで来てしまいました。こんな人がいない浅草は見たことがありませんでした。

Dsc_0852

 花やしきも休館でした。しかしこちらはたまたま休館日(基本、火曜と木曜が休館)だっただけで、人数制限しながら営業はしているようです。
 人が異様に少ないとはいえ、それでもそこそこ参拝客がいるので、結局、店には入らず、花やしき前のハンバーガーと芋のスイーツをつまむだけで昼を済ませました。そして今戸神社へ。(以下つづく)

Dsc_0855

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

三鷹市山本有三記念館

 本日は「西向」夫婦の結婚記念日で、ホームページ「短説と小説-西向の山」の開設日でもあるのですが、二日前の八日は私の誕生日で、妻と一緒に三鷹の山本有三記念館に行ってきました。
 もとは作家・山本有三が昭和11年から21年まで家族とともに暮らした家で、玉川上水のほとり、武蔵野市の井の頭公園側の万助橋と三鷹市のむらさき橋のあいだにあります。

Dsc_0821

 文芸評論家・小川和佑先生の明大ゼミのOB会で、井の頭公園で花見をしたことがあります。調べてみたら、下の子が生まれる前の年、平成6年(1994)4月3日でした。実に27年前のことですが、その時、公園での花見を終え、ゼミOB会の総会を開くべき吉祥寺の居酒屋へ向かう途中、山本有三記念館に立ち寄りました。
 しかしその時はまだ現在のようではなく、現在の「三鷹市山本有三記念館」として開館されたのはその翌年の平成8年(1996)のようです。いずれにしろ、その時は16時を過ぎていたので、建物の外観を眺めただけでした。
 山本有三「先生」は、明治大学文芸科の初代科長ですので、小川先生にとっても私たちにとってもいわば子弟の関係にあるということになります。さらに小川先生は山本有三と同じ栃木県の出身です。山本先生は現在の栃木市、小川先生は宇都宮(生まれは東京の目黒ですが)。そんわけで立ち寄ったのでした。

Dsc_0820

 今回は、「無事」という境地-山本有三「無事の人」をめぐって-という企画展が開かれていました。「無事の人」は昭和24年(1949)4月に「新潮」に発表された中編小説で、昭和18年の「米百俵」以来長らく遠ざかっていた新作でした。いわゆる戦後の老大家のカム・バックの一つと目されていましたが、世評は芳しいものではありませんでした。
 というか、私も読んでいませんし、そういう作品があったことすら知りませんでしたが、展示の案内チラシを見てたいへん興味が惹かれて、今回訪れたわけなのでした。改めて評価すべき作品ではないかと思いました。

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

北向観音堂の夫婦杉

 前々回の記事で書いた上田電鉄別所線ですが、二日前の日曜日(3/28)、令和元年10月の台風被害で「赤い鉄橋」として親しまれた千曲川橋梁が崩落して不通になっていた区間が復旧し、無事に全線開通したというニュースが流れました。よかった、よかった。動画でも見ました。「赤い鉄橋」はなるほど美しいですね。

 前回、北向観音堂の『愛染かつら』の木を調べて以来、その戦前の松竹映画の主題歌「旅の夜風」が頭の中を離れなくなりました。オリジナルは霧島昇とミス・コロムビアのデュエットですが、のちの懐メロでは女性の方はいろいろな歌手のバージョンがあります。
 その愛染カツラからの「木」つながりということで、おなじ北向観音堂の境内(愛染カツラの木とは逆サイド、本堂向かって左側、本堂は北を向いているので東側)に「夫婦杉」と呼ばれている杉があります。

Dscn3792_360

 愛染カツラは「縁結びの霊木」といわれていますが、こちらはいわばその先の「夫婦円満」の象徴とされています。ほかにも別所温泉には恋愛に関するスポットがたくさんあり、「恋愛成就のパワースポット」めぐりが売りになっています。

Dscn3793_360

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

信州・別所温泉の北向観音堂と『愛染かつら』の木

 温泉の多い信州でも最古の湯といわれる別所温泉。と、きのうはさらりと流しましたが、その由来は、景行天皇の時代、ヤマトタケルの命(倭建命/日本武尊)の東征の折りに発見されたとの伝承によります。ということは、この時の旅ではそこまで足を延ばせませんでしたが、軽井沢の旧碓氷峠の「吾妻はや」からの続きというわけですね。
 別所温泉観光協会発行の「街歩きガイドマップ」には、〈信州の鎌倉〉〈太陽と大地の聖地温泉〉と謳われています。

 その別所温泉の地理的にも精神的にも中心にあるのが「北向観音」さまです。

Dscn3777_360

天台宗別格本山 北向観音・常楽寺』の公式サイトによると、

「北向観音堂は、平安時代初期の天長2年(825年)、比叡山延暦寺座主の慈覚大師円仁により開創された霊場です。
安和2年(969年)、平維茂は一山を修理し、三楽寺、四院、六十坊を増築したと伝えられています。
寿永元年(1182年)には源平争乱の中、木曾義仲の手により八角三重塔と石造多宝塔を残して全て焼失してしまいますが、源頼朝の命のもと伽藍復興がおこなわれ、建長4年(1252年)、塩田陸奥守北条国時により再興されました。」

 ということです。

Dscn3778_360

 そして、本堂が北に向いているのは、わが国でもほとんど例がないそうですが、通常の南向きに建立された善光寺に向かい合うように北向に建立された「北向観音様」は「千手観音様を御本尊として現世利益を願い」南向きに建立された「善光寺様」は「阿弥陀様を御本尊として未来往生を願います」ということで、「現在と未来の片方だけですと片詣りと言われおり、向き合ってる両方をお詣りしたほうが良いと言われるようになりました」というわけなのでした。

 信仰上の意味は分かるし、納得もするのですが、これは一種の観光戦略ではないのかと思います。まあ、昔から日本人は……。でも、それでいいのです。善光寺詣でもお伊勢参りも、生涯最大のそしてほとんど唯一の行楽だったのですから。ただ当時は命がけであったのですが。真剣深刻過ぎる信仰は排他的になりますね、たぶん。

Dscn3789_600

 さて、この木は何でしょう。北向観音堂の正面から見て右手すぐのところ(つまり、北を向いている正面に正対するので西側に位置する)梵鐘のとなりに、太く高く聳え立っています。桂の巨木ですが、ただの木ではありません。注連縄が張られていますね。上田市の指定文化財になっています。
 これが、第1回直木賞作家である川口松太郎の『愛染かつら』で有名になった愛染カツラの木です。

 小説『愛染かつら』は昭和12年(1937)2月号(一説には1月号)から翌13年(1938)5月号まで雑誌『婦人倶楽部』に連載され、のちにベストセラーになっていますが、むしろ、当時の大スター二人である上原謙と田中絹代が主演した松竹映画が大ヒットし、そちらが一世を風靡しました。〈前篇〉〈後篇〉同時公開というのは当時でも異例だったと思われます。
 と知ったようなことを書きましたが、現在80過ぎの私の親ですらまだ生まれるか生まれないかの戦前の話で、私などはまったくピンと来ないはずなのですが、あの、

♪ 花も嵐も 踏み越えて
♪ 行くが男の 生きる道
♪ 泣いてくれるな ほろほろ鳥よ

 という主題歌『旅の夜風』(作詞/西條八十・作曲/万城目正)は、その歌詞もメロディもすぐに思い浮かび、なんとも言えない哀切な気持ちになります。チャ~ンカ、チャンカ、チャンカ、チャン、という“演歌”の定番になった伴奏のアレンジは、いまとなってはパロディにしかならないのですが、何らあの時代にもあのドラマにも思い入れがなくても、なぜか胸に迫ってくるものがあります。
 話としては、「身分違いの男女の恋愛がたびたびすれ違いに見舞われる展開」という典型的なメロドラマなんですがね。そののちたびたび映画化され、テレビの時代になってもドラマ化され、懐メロ番組でさんざん『旅の夜風』を聞かされたせいでしょうか。オリジナルは霧島昇とミス・コロムビアのデュエットで、80万枚を売り上げたとか。これは当時としては驚異的なヒットですね。
 たぶん私などは、この曲によって『愛染かつら』というフレーズを記憶しているといったほうがよいでしょうね。その木が、信州・別所温泉の北向観音堂の脇にあったとは、この時ここへ来るまで知りませんでした。

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

上田電鉄7255型と別所温泉(平成30年4月10日)

 きょうからソフトボールの春季大会が始まる予定でしたが、荒天の予報できのうの夕方に中止(順延)が決定。予報通り朝から雨が降っています。しかし、まだ「荒天」というほどではありません。春の嵐になって激しい雨が降るという予報でした。どうせならすっきり諦めがつくぐらいの天候になってほしいものです。
 試合がなくなり、コロナで旅行にも行けませんので、過去の旅のアルバムをアップします。

 平成30年(2018)4月10日は私たち「西向」夫婦の結婚30周年記念日でした。前日は朝に軽井沢入りし、日が暮れるまで信濃追分を歩き、憧れの万平ホテルに泊まりました。三島由紀夫やジョン・レノンが泊まった部屋ではありませんが。
 その模様は私たちのホームページに「軽井沢文学散歩〈軽井沢編〉〈信濃追分編〉として18頁も費やして詳しくアップしました。(この「軽井沢文学散歩」は単に個人的なものではなく、“文芸評論家・小川和佑先生のゼミ合宿で歩いた”というコンセプトのもとに作られたものです)

 そしてこの日は、お昼すぎまで旧軽から新軽を散策し、旧信越本線(現・しなの鉄道)で上田まで行き、上田電鉄別所線に乗り換えて別所温泉へ来ました。

Dscn3768_360

 たまたま乗ったのが、この年5月12日(つまりあと一ヶ月後)に引退することが決まっていた7200系の7255編成・愛称「まるまどりーむ号」でした。元は東急の車両です。(鉄道の話をしだすと際限がなくなりますので、詳しくは省略)
 上は上田駅の出発まえ、下は別所温泉駅に着いたところ。特徴的なのがこの「丸窓」です。

Dscn3769_360

 この別所線ですが、二年半前の令和元年(2019)10月12日、 台風19号(「令和元年東日本台風」)により全線運休となり、翌13日には千曲川の増水により「城下」駅側の千曲川橋梁が崩落してしまいました。鉄の橋が真っ二つに落下。始発の上田から次の駅である城下間はいまだに運休したままです。(バスで代行運転)
 それがこの28日にようやく全線開通します。崩落した鉄橋は、上田市が市有化し、復旧工事が進められたそうです。

上田電鉄引退する7200系

 上と下の写真は、このブログに現地からリアルタイムにアップしたもの。

信州・上田電鉄別所線の終着駅

 この旅行の目的は第一に信濃追分をメインに軽井沢再訪でしたが、もう一つは信州・長野県のまだ行ったことがない地を巡るというものでした。
 当初は、私の父の故郷でる木曽の上松に行きたいと思っていました。木曽は材木の町(というより村に近い)で、小さな製材所を営んでいた祖父母が工場も家もたたみ、東京の自宅に同居することになったのは私が20歳のときですが、それ以来一度も訪れていません。ですので妻は行ったことがありません。
 しかし、軽井沢からだと、広い長野県のことゆえ交通の便が悪いので、今回は断念し、信越線沿いに行ける別所温泉と善光寺にしたのです。父の故郷ゆえ長野県はいろいろ廻りましたが、あの有名な善光寺にはまだお参りしていないのでした。
 ですので、第二の目的は善光寺なのですが、別所温泉の「北向観音」はその本堂が善光寺に向かい合うように「北に向いている」ということから、善光寺だけに参拝して北向観音に詣でないのは「片参り」といわれ、忌むべきことと伝えられているので、ぜひとも別所温泉に来たいと思ったのでした。
(最初は単に旅程の都合上、軽井沢-善光寺間の適当な経由地で、軽井沢ではあまり味わえない温泉に泊まりたいという理由で選んだのですが、調べたらそういう謂れがあったのでした)

Dscn3770_360

 別所温泉内ではメインストリートからはちょっと離れていますが高台に位置する「かわせみの宿」に泊まりました。その和室の部屋からの眺望。軽井沢ではまだ桜(ソメイヨシノではなく開花の遅いオオヤマザクラですが)は咲いていませんでしたが、こちらはちょうど満開でした。

Dscn3771_360

 花のことがよく分からなくて残念ですが、梅と桃と桜が同時に咲いている図でしょうか?
 夜は、宿の案内で、森林公園の方へ星空観察のミニツアーに出かけました。温泉の多い信州でも最古の湯といわれる別所温泉。泉質は単純硫黄温泉で、ph8~9の低張性アルカリ性高温泉。いい湯でした。
 外湯めぐりまではできませんでしたが、共同湯が三箇所にあり、そのうち「大湯」は三層の瓦屋根が特徴的ないかにも風情のある外観で、木曽義仲が葵御前と湯治したと伝えられています。ゆえに「葵の湯」とも。150円で入湯できます(2018年現在)。今度行ったときはぜひ入りたいですね。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

谷保天満宮に参拝

 八月の末に、国立の谷保天満宮に参拝してきました。高齢の母をドライブで連れ出し、気晴らしを兼ねて、散歩させるためです。
 南武鉄道(現在のJR南武線)の谷保駅を「やほ」と読ませるようにしたため、地名としての「谷保」も今ではにごらないで発音されがちですが、本来は「やぼ」とにごるそうです。それでこちらも「やぼ天満宮」と読むのが正式で、略すと「やぼ天」になるのですが、東日本では最古の天満宮で、関東三大天神に数えられている由緒ある神社です。

Dsc_0605

 主祭神はもちろん菅原道真公です。初詣でや受験のシーズンには、東の亀戸天神社、都心の湯島天満宮に対して、西の、多摩地区の学問の神様ということでたいへん賑わいます。
 参道の甲州街道側に梅林があり、梅の名所としても知られていますが、矮鶏が放し飼いになっていることで有名です。

Dsc_0604

 人が来て、しばらくじっとしていると、二、三羽すぐに集まってきます。この時も、あとから餌をやる青年が来たので、続々と集まってきてその数に結構びっくりします。

Dsc_0600

 おなじみの「撫で牛」が二頭います。

Dsc_0597

 梅林にある菅原道真公の「御遺戒」が刻まれた「和魂漢才」の塔。

Dsc_0616

 同じく梅林の中ほどにある山口瞳の文学碑。なぜここにあるかというと、山口瞳さんは国立市在住で、谷保天満宮がお気に入りの場所だったそうです。文学碑には大いに興味があるのですが、私は全くの下戸で、酒には憎しみしか感じないので、壽屋(今のサントリー)の広告部のコピーライターだった人には興味がありません。というより、その通好みっぽい洗練された感じが私は好きではないですね。(もちろん人柄のことではありません)

Dsc_0619

 それより、谷保天満宮が「交通安全祈願」の発祥の地であるということの方が興味がひかれます。実は今回初めて知りました。車に貼り付けるマグネットの交通安全お守りは靖国神社で求めましたので、こちらでは交通安全キーホルダーを買い求めました。

Dsc_0625

| | コメント (0)

より以前の記事一覧