旅行・地域

2020年2月15日 (土)

玉川碑の梅が満開

 今度は妻とではなく母と散歩に行きました。まずは小田急線の狛江駅へ。駅ビルの喫茶店でランチして、駅近くの泉龍寺弁財天池の周辺を散策。
 それから狛江市立古民家園(通称「むいから民家園」)を見学して、西河原公園へは寄らずに、水神様から多摩川の五本松のところの河原だけ覗き、玉川碑(多摩川の万葉歌碑)へ。紅白の梅が満開でした。

Dsc_0233_720

 桜もいいですが、梅は香りがいいですね。ほのかに匂うというようなものではなく、相当にいい香りが周辺に漂っていました。

Dsc_0229_720

Dsc_0228_720

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

つげ義春「散歩の日々」の野川をめぐって

 鉄は熱いうちに打てというわけで、感興が冷めぬうちに、1月29日から2月4日にかけてこのブログに書いた「『散歩の日々』の祇園寺~虎狛神社へ」を大幅に増補のうえ再構成して、まずは2月6日に、
つげ義春「散歩の日々」の野川をめぐって(その一)-國領神社~野川~祇園寺」、
 そして本日さきほど、
つげ義春「散歩の日々」の野川をめぐって(その二)-佐須神明宮~虎狛神社~野川」を
『西向の山』サイト本編にアップしました。
 長年地元に住んでいて今更ながらですが、よく晴れた暖かい冬の日の散歩を記憶にとどめておきたいと思った次第です。

Dsc_0196_720

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

『散歩の日々』の祇園寺~虎狛神社へ(4)

 さて、祇園寺通りから佐須街道に入り、三鷹通りを越えて、武蔵野市場の方へ進みます。佐須街道の南側、野川を渡る少し手前(東側)に、虎狛(こはく)神社があります。

Dscn4376_720

 崇峻天皇2年(西暦589年)8月に、大歳御祖神(オオトシミノヤノカミ)を勧請して創建されたという非常に古い由緒ある神社です。といっても地元のみぞ知るマイナーな神社です。大歳御祖神は農業の神様で、のちに穀物の神様である倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)が合祀されています。

Dscn4385_720

 つげ義春の「散歩の日々」に即していえば、祇園寺にしても虎狛神社にしても、ヒントにしたモデルではあっても、作中の絵は実際とは異なっています。おそらく意図的に構図や配置を変えているのだと思われます。虎狛神社のカットも鳥居や常夜燈、門柱の配置も縮尺も異なります。
 いやまあ、そんなことはどうでもいいので、

  神社では、労務者風の
  男が博奕をしていた。

  地面に線をひき、
  銭を投げ、その線に
  近い者が勝ちで、線を
  越えると失格のようだ。

 という雰囲気は、現在でも濃厚にあります。

Dsc_0179_720

 実は、1月29日に一人で来た時に、二本の謎の線を引いておいたのです。誰かがそれを見つけて、「あっ、こらだ!」とびっくりする人がいたら、それは間違いなくつげ義春ファンですね。
 その三日後の2月1日に妻と散歩しにきたら、その線は残っていました。「あっ、これは!」とびっくりしたのは、つまり自作自演なんですが、妻と実際にこの遊びをしてみました。やってみると意外に難しいものでした。二勝二敗ということにしておきました。
 その線は残しておきました。誰か感動してくれないかしら?

Dsc_0203_720

 神社の裏手は真冬でもこんなに樹々が鬱蒼と茂っています。あまり武蔵野ぽっくない木も生えています。

Dsc_0204_720

 佐須街道の又住橋からの野川の眺め。向こうに跨っているのは中央フリーウェイです。左に見えるのが武蔵野市場。こうして再び野川に出て、土手の道を下流に向かって柴崎、国領方面に戻ります。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

『散歩の日々』の祇園寺~虎狛神社へ(3)

 今日もよく晴れて、二月に入ったとは思えないような温かさでしたので、つげ義春の「散歩の日々」の散歩コースを辿ってきました。今回は妻も一緒です。もちろん藤原マキさんでも「モモちゃん」でもありませんが、雰囲気は似ているかも?
Dscn4350_360
 今日は国領神社には寄りませんので、品川通りから野川の道へ。京王線をくぐり、甲州街道の柴崎と国領の間ぐらい、調布警察署があるあたりにかかる馬橋から見た野川です。緑の網は「柴崎バッティングセンター」です。最近はあまり行っていませんね。今日は土曜なので少年たちでいっぱい。
 なかなか虎狛神社に辿り着けないのですが、祇園寺をもう一度デジカメで撮ってきました。Dscn4354_360
 境内入口の右左に安置された石仏。ちょっと大陸っぽい雰囲気ですね。

Dscn4355_360

 (伝)板垣退助植樹の松
 明治42年9月12日、祇園寺で当時住職だった中西悟玄によって、秩父事件など自由民権運動の犠牲者を弔う追悼集会が開かれたそうです。それに参列した「板垣死すとも、自由は死なず」の板垣退助が記念に植樹したと伝えられるアカマツです。

Dscn4361_480

 向かい側の佐須神明宮もデジカメで改めて。
Dscn4369_720
 その裏手の畑に流れる用水路です。
Dscn4371_360

(つづく)

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

『散歩の日々』の祇園寺~虎狛神社へ(2)

 実のところ、この「散歩の日々」のG寺は、あくまでもG寺であり、深大寺でも祇園寺でもなく、実際マンガに描かれたお寺のカットはどちらでもありません。
 ただ、構図こそ違え、祇園寺境内の本堂に向かって右手にある「閻魔堂」によく似た御堂が右側に描かれています。まあ、モデルとしてはやはり祇園寺でしょう。「J」ではなく「G」だし。

Dsc_0173_720

 祇園寺の向かい側(東側)に佐須神明宮があります。この一角だけは令和になった現在でも武蔵野の雑木林の風情を残しています。
 狐か狸が出てきそうですが、実際、調布・三鷹・小金井あたりから西の多摩地区には狸がけっこういて、夜中急に道路を横切ったりしてびっくりさせられます。民家の垣根から覗いている狸と目が遭ったこともあります。

Dsc_0175_720

 左奥にちらっと見える畑をめぐって細い用水路が流れています。この近辺では信じられないようなきれいな水が流れていて、何年か前の夏に来たとき、おそらく天然と思われるヌマエビがいて感動しました。たしかメダカもいました。それも養殖品種のヒメダカではなく、天然もののいわゆる黒メダカが。
 昔は天然のメダカなんか日本全国どこでも見られたのですが、今では激減しています。しかしそのメダカよりさらにヌマエビは汚染に弱く、農薬などが流入するとメダカよりも先に死滅してしまうそうです。つまり、ヌマエビがいるということは相当にきれいな証拠なのでした。

Dsc_0174

 佐須神明宮の解説は上記案内板をご参照ください。(クリックすると拡大されます)
 祇園寺通りは柏野小学校正門のところで佐須街道にぶつかります。それを西側に左折し、三鷹通りを越えて、武蔵野市場の方へ行くと虎狛(こはく)神社に出ます。例の三百円をスル所ですね。

(つづく)

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

『散歩の日々』の祇園寺~虎狛神社へ(1)

 つげ義春の「散歩の日々」(『COMIC ばく』創刊号・昭和59年6月)を真似て、三百円だけポケットに入れて散歩に出ました。
 昨日は未明から雪まじりの雨で、一日を通じて冷たい雨が降り続け、深夜には風も強くなり荒れた天候でしたが、今日は一転、19℃近くまで気温が上がり四月中旬並みの陽気。ということで、午後からウォーキングを兼ねて散歩に出たのでした。
 まずは国領神社へ。近頃では「千年乃藤」で少しは知られるようになりましたが、地元の小さな神社です。ここへは用事があって来ました。つげ漫画とは関係ありません。

Dsc_0162_720

 参拝し、社務所へ。氏子の世話人のひとりになっているので、節分祭の福豆の申込みを取りまとめて持ってきたのでした。
 国領神社は甲州街道の新道(国道20号線)に面していますが、その甲州街道を北側に渡ると調布市立八雲台小学校があり、その東側から北の方へ同柏野小学校まで続いている道が祇園寺通りです。

Dsc_0165_720

 祇園寺通りの野川の橋を渡ります。上が上流(三鷹方面)、下が下流(世田谷方面)を望んだ図です。
 今はもちろん冬枯れていますが、季節には見事な桜並木になります。三月下旬か四月の頭に抜き打ちにライトアップのイベントが行われますが、この辺りがその中心(だったか折り返し点だったか)になります。

Dsc_0166_720

 つげ義春の「散歩の日々」で、

  昨日はG寺までちょっと
  遠回りして、野川に沿って
  往復七キロも歩いてきた。

 というG寺ですが、東京調布市でG寺といえば誰もが深大寺を思い浮かべると思いますが、このG寺は祇園寺ではないかと思われます。
 湧き水を飲んだという描写や地理的には深大寺でもいいのですが、真冬の平日でも常に一人や二人は参拝者がおり、門前には有名な「深大寺そば」の店やみやげ物屋が何軒も並んで営業していて、この作品の主人公が行きそうな場所としては規模が大きくメジャーすぎる感があります。

Dsc_0167_720

 天台宗のお寺。虎狛山 日光院 祇園寺。
 作者その人を思わせる主人公が、G寺の湧き水を飲み、ついでに参拝し、「どうかお金が儲かりますように」などと祈るのですが、「しかもお賽銭を上げなかったのだから虫がよすぎたかな……」と「ふっ ふふ ふ」と思い出し笑いなどします。そのG寺です。

(※この稿、散歩しながらスマホで撮ってきた写真も含めて再編集します。今日はここまで)

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

信濃追分文学散歩メモ(2)

 前の記事で、油屋は「この時はまだ旅館として営業していました」と書いたのは誤りでした。
 私のホームページの掲示板は滅多に書き込みなどないのですが、2007年7月27日に「追分油屋、休業中、心配」というタイトルで、(追分、軽井沢、立原、堀・・・ファンより。)というまったく未知の方から書き込みがあり、油屋はこの年2007年の4月から休業中とのことです。
 ですので、私が先輩の五十嵐正人さんご一家と行った2007年7月9日(つまり前の記事の写真を撮った日)の時点では、すでに休業中だったのですね。
 この年以降、私は軽井沢から遠ざかってしまいましたが、油屋のホームページはその後もしばらく生きていて、「設備の修繕、改装工事の為 休業中」ということになっていました。が、実際には経営破綻していたわけで、改修は行われず、そのまま旅館としては廃業になったのでした。
 しかし、2012年に「油やプロジェクト」というNPO法人が発足し、油屋旅館の建物保全と有効活用を目的に「信濃追分文化磁場 油や」として再生されました。
 その趣旨を記したパネル看板が、入口の石垣の脇に建てられています。(クリックすると拡大画像に飛びますので、ちょっと光が映り込んでいますが内容が読めると思います)。ホームページではテキスト化する予定。

Dscn3585_960

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

信濃追分文学散歩メモ(1)

 ということで、ホームページ「西向の山」「軽井沢文学散歩」の〈信濃追分編〉の後半を作成するためのメモとして、その素材となるべく写真や草稿をアップします。

 いきなり個人的なことになりますが、信濃追分の旅館「油屋」は、私にとって神田神保町のカフェ「ラドリオ」とともに最も思い入れの深い青春の場所です。受験勉強や卒論を書くための避暑として長期滞在したことがあるというわけではありませんが。
 旧中山道追分宿の脇本陣であった油屋は、昭和12年(1937)11月18日に隣家からの火災により焼亡しています。翌年、小さな街道をはさんだ向かい側、すなわち現在の場所に移転のうえ新築し、営業を再開しました。

 それから約70年後の平成19年(2007)7月9日に訪問した時の写真がこちらです。

P7090577_360
 
P7090578_360
 

 この時はまだ旅館として営業していましたが、一時期休業していた後、現在は、「信濃追分文化磁場 油や」として再生されています。下は平成30年4月9日撮影。

Dscn3591_360
 
Dscn3588_720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

もう一つの多麻河万葉歌碑

もう一つの多磨河万葉歌碑
狛江の玉川万葉歌碑より一里ほど上流にあります。
京王多摩川駅から河川敷に向かって、河川敷グラウンドの入口あたり、多摩川白衣観音菩薩様のある一角。
僕らが時々利用する河川敷グラウンドの管理事務所の隣に建っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

国木田独歩文学碑

国木田独歩文学碑
 国木田独歩の『武蔵野』の文学碑です。JR中央線「武蔵境」駅から北へまっすぐ、武蔵野市の堺浄水場の西側、玉川上水の桜橋西詰めの上流に向かって左岸脇にあります。
 碑面には、『武蔵野』の「六」の冒頭部分が刻印されています。

 今より三年前の夏のことであった。自分は或友と市中の寓居を出でて三崎町の停車場から境まで乗り、其処で下りて北へ真直に四五丁ゆくと桜橋という小さな橋がある、

 よく確認してきませんでしたが、上記のように新漢字・新仮名遣いだったような気がします。そこが残念。右の立て札に、「昭和32年10月27日 除幕」とあります。独歩没後49年、つまり五十回忌の年に建てられたもの。
 上記の文章は、途中まででカットされていますが、それに続く文は、

……桜橋という小さな橋がある、それを渡ると一軒の掛茶屋がある、この茶屋の婆さんが自分に向て、「今時分、何にしに来ただア」と問うた事があった。 

 

 

 引用は新潮文庫(昭和24年5月初版・昭和42年10月36刷改版)より。岩波文庫(昭和14年2月初版・昭和47年8月37刷改版)は表記上異同があります。
 桜橋のこの碑がある側を渡ると、ちょっとお洒落っぽい喫茶店(?)のような店があるのですが、まさかこの婆さんの店ではあるまいな。
 独歩が『武蔵野』を「国民之友」に発表したのは、「五」までは明治31年1月、「六」以降は同2月で、書いたのは同年1月。したがって、「今より三年前の夏」とは、明治28年のことで、「或友」とは、独歩の最初の妻となる佐々城信子といわれています。そう、有島武郎の『或る女』のモデルです。私は詳しくは知りませんが、この結婚がすぐに破綻したのは、(当たり前といえば当たり前ですが)独歩、信子双方に問題があったようです。残された写真を見ると、相当な美人ですな。美形というより、ちょっと童顔でコケティッシュな感じとでもいうのでしょうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧