短説〈芦原修二作品〉

2010年1月12日 (火)

短説「性の読本」芦原修二

   性の読本

            
芦原 修二

 K君。僕は昨夜ジツに妙な夢を見た。それ
に君がかかわっている。君は商事会社の事務
所のような所にいて、スチール机の引出しか
ら一冊の本を取り出して見せてくれた。B6
判五〇〇ぺージ程の本で、最初の約四分の一
は、中、高校生の男子寄宿舎リポート。二百
余人の少年たちが、学生服や私服で、真面目
に、あるいはにっこり笑った顔写真で紹介さ
れていて、それぞれの性体験が語られ、性器
の形、大きさ、勃起した時や縮んだときの特
徴が、絵や写真で示してある。もちろん少女
たちも、一枚土手とか二枚土手とかいう説明
と共に、これも絵や写真で示されていて、ど
んな顔の少年を好むとか、同性や大人のどん
なしぐさに性的興奮を覚える、といったこと
が、克明に記されている。当然合体のしかた
も、同性、異性間の区別なく、何とかいう劇
団の、少年少女や大人の団員によって、例の
四十八手はもちろん、ありとあらゆるケース
が、それを演ずる俳優の性的個性とあわせ紹
介されていた。君が好きだという大村大地少
年。彼は、にっこり笑った全裸写真で紹介さ
れていた。彼の性器はまだ皮をかむっている
よ。そしてその勃起時の特徴は「ゆるやかに
して広大」と記されていた。彼は四所責めを
演じている。この本は、君が貸してくれたの
だが、夢の中の本だから、君が読んでいない
ことは確かだ。だがこの部分だけは君にも読
ませたかった。いずれにしてもこれは、よく
出来た『蝶類図譜』『野鳥民俗図鑑』『川魚
図志』『原色植物図鑑』といった本で〃知の
オーバーフロー〃そのものだ。僕はこれまで
「夢はその人の体験を超えない」を常識とし
てきたが、違う。夢は、体験を超越する。K
君。僕はあの本をもう一度君から借りて読み
たい。この熱い思いをわかってくれ給え。


〔発表:平成4年(1992)6月第81回東京座会/初出:「短説」1992年8月号/初刊:年鑑短説集〈6〉『函中の函』1993年12月/WEB版初公開〕
Copyright (C) 1992-2010 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

短説:作品「引き舟」(芦原修二)

   引き舟
 
            
芦原 修二
 
 記憶の中では、ここに川が流れていて、秋
には鮭が背鰭波を幾重にも残しながらのぼっ
ていた。
「まあ、こういうことは毎度のことだが……」
 と、少しは今度の旅にもなれてきた。
 口伝では、徳川家康が「きぬ川に布も晒す
や秋の雲」と吟じたあたりのはずだが、いま
にもひからびそうな細い排水堀が流れている
だけである。それよりもむかしなら、このあ
たりまで向こう岸の人の姿も見分けられない
ほど流れの幅が広かったはずだが。
「やれやれ、川をのぼるつもりできたが、こ
れでは〝田のぼりさん〟だ」
 と、自分の姿を振り返って見ると、事実自
分は三艘の空舟を引っ張って、仕付け前の田
んぼの中で西に向かって立っていた。
「やいやい、そこ行く旅ンひと。荷物をひき
ずりどこさ行く」
 土手の上にいたこども達が、声をそろえて
はやしかけてきた。
「秋なら、ここらさシャケとりよ、春ならの
ぼりの小鮎とり」
 と、返事をしたが、わたしがしてきたこと
のあかしは三筋の舟の引きずり跡になって、
東の地平までつづいているだけだ。
 わたしは、いったい何をしているのやら。
これでは、このあたりの人に迷惑作りをして
いるようなものだろう。
「やれやれ、これでは干上がった海を渡るガ
リバーだな」
 と、沈黙していたら、土手の子供たちは、
わたしをからかうのをやめて、西に向かって
歩き出した。その向っていく方角に夕焼け空
が広がりだした。
 ここらにあったはずの湖も干上がっていて、
夕焼け空の地平に黒富士が見えている。

〔発表:平成18年(2006)5月東京座会/2006年7月号「短説」/再録:「短説」2007年6月号〈年鑑特集号〉自選集/WEB版初公開〕
Copyright (C) 2006-2008 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

短説:作品「飛行機」(芦原修二)

   飛行機
 
            
芦原 修二
 
「ああ。あれは成田空港へ行くんだね。
「あの鉄塔のあたりから、いつもゆっくり高
度を下げる……。
「いま? いまはコキリコ節に夢中だ。
「連休に皆一斉に田植えをやって、いまは一
面に水が張ってあるな。あと七日もすればあ
の苗の緑も濃くなるだろう。そしてほら、白
鷺の羽がいっそう白くなったと思わないか。
「え、教科書にも載っているって? そう、
コキリコ節を小、中学生がうたうんだね。
「ハレのさんさはデデレコデンとか、長いは
ア袖のカナカイじゃなんて、意味がわからな
くなっていたりしてね。それでいてなんとな
く面白いからみんながうたうんだろうな。
「長いはア袖のカナカイじゃ、もそうだけど、
向かいのオ山に鳴くひよどりは、鳴いてはア
さがり、鳴いてはあがり、なんて妙な語尾の
伸ばし方で。あれを生み字って言うんだ。そ
こがよくて自分もうたうのかな。
「えっ? 夕焼け。ああ。ほんとだね。田ん
ぼの水が赤く染まってきた。
「あれ? あれですか。魚が泳いでいるのか
も。昔は田植えの終わった田んぼによく魚が
あがってきた……。
「流れていると、鮒や鯉は卵をうみつけるた
め本能的に水をさかのぼるんだ。
「やっぱ、これは風が走っているだけかも知
れんな。魚がみえないもの。
「ね、ちょっと、まばたきしてみないか。
「ほら。飛行機は成田空港におりようとした
まンま。田んぼの水面を風が波だて、それを
夕日が赤く染める……。どう? この時間が
永遠につづくような気持ちにならない。
「そう。川端康成はこんな日に自殺した。こ
んな日だったよ。……あの夕方、私はテレビ
のニュースで知ったんだ。

〔発表:平成17年(2005)5月東京・ML座会/初出:「短説」2005年8月号/WEB版初公開〕

Copyright (C) 2005-2006 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

短説:作品「丸い男」(芦原修二)

   丸い男
 
            
芦原 修二
 
「目をつむって、手を出しておくれ」
 と、笑いながら啓那が言った。啓那は両手
を後ろにまわし、何かをかくし持っている。
 この少年がたくらんでいるいたずらはなん
だろうか。いちおうは用心しながら、山次郎
は目をつぶった。
 自分に渡して驚かそうとしているそのもの
を、いま現に啓那が手に持っているのだ。そ
れを山次郎が手にしてたとえ驚くことがあっ
たとしても、けっして危険なものではないの
だろう。そう判断し、山次郎は、目をつむっ
たまま右手を前にさし出した。
 その手に啓那が丸いものを載せる。ずっし
りと重い。山次郎はもっと軽いものを無意識
に予測していたようだ。あやうく落としそう
になって、両手で支えた。
 目をあけて見ると、それは白い球体の大理
石像であった。
 日本の力士を思わせるやわらかく太った体
を丸め男が団子状になっている。全裸だが両
手で頭を抱えこんでいる。そのため頭頂や首
筋そして背中は見えるが顔は見えない。
「ほら、こうやって見てごらんよ」
 啓那が、手をのばし、球状の彫刻を取り戻
す。そして肘と脇腹と太股の問にできたかす
かなすきまから、中を覗き込んだ。
「何が見えるのかね」
 山次郎が尋ねた。啓那はただ笑っている。
そこで山次郎は手を伸ばし、啓那から丸い男
の像を横取りした。いわれたように覗くと大
理石を透して入り込んでくる光の中で、男は
いまにも男根をくわえようとしていた。いっ
たいどこから彫刻刀を入れて彫り上げたのか。
「ね、かわいいでしょう」
 啓那が手を伸ばし、ふたたびその男の像を
山次郎から取り返そうとした。

〔発表:平成15(2003)年5月東京(同人合同)座会/初出:「短説」2003年8月号/再録:「短説」2004年5月号〈年鑑特集号〉*2003年の代表作「我」位選出作品/WEB版初公開〕

Copyright (C) 2003-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

短説:作品「犬と少年と郵便夫」(芦原修二)

   犬と少年と郵便夫
 
            
芦原 修二
 
「桜川もここいらまで来ると、ご覧のとおり
細い流れになります」という声で窓の外をみ
た。岸には柳と桜が植えられている。柳の淡
い緑と桜の花の色合いが、昔の襲にもこんな
取り合わせがあったのでは……と思わせた。
 バスはしばらく川に沿って走る。川岸はい
つかつめ草の原になっていた。その中で犬と
少年がじゃれあっている。衣服のはだけた少
年の腕やら腹を犬がなめまわす。
 ここは滝ノ瀬村。どこへいっても滝と瀬の
音が聞こえてくる。こういう所には、やはり
静かな電気エンジンのバスが似合いだ。
 一の谷養魚場で、鱒の定食を食べ、私たち
はふたたび桜川のほとりに出てきた。そこで
はまだ、犬と少年が遊びつづけていた。この
村では犬も少年も年をとらない。年をとるの
はバスの中にいる自分たちだけだ。
 桜川の源流にある鏡が池の底には、無数の
花びらが沈んでいた。そよという風もない。
波もない。ただ澄み切った水が、沈んだ桜の
花びらの上に載っている。鯉でもいるかとし
ばらく見守ったが、魚の姿はなかった。この
池では、魚よりむしろ、肩に羽を生やした幼
い男の子が、裸で泳いでいる方が好い。
 池を見ていると赤い自転車に乗った二人の
郵便夫が逆しまになって通り過ぎた。なんの
ことはない。水に映って見えたのだ。私たち
もバスに乗って出発する。黒森峠を過ぎると
眼下は一面の麦畑だ。ここでまた二人の郵便
夫に出あった。ゆっくり走る私たちのバスを
追い越して行く。大声で話しながら……。
「あの少年は、犬とつるんでいたナ」
「ああ。なにしろいまは春だもの」
 私たちの電気バスは音もなく黒森山の裾を
走る。赤い自転車の、若い二人の郵便夫は、
もう緑の麦畑を走っている。

〔発表:平成3(1991)年5月東京座会/初出:「短説」1991年6月号/ 初刊:年鑑短説集〈5〉『螺旋の町』1992年4月/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.5.21〕

Copyright (C) 1991-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

短説:作品「山吹の花」(芦原修二)

   山吹の花
 
            
芦原 修二
 
 この花をどうみるだろうか。
 そう思いながら壷いっぱいに活けた花をも
う一度まわりから見直した。
 先刻、桜桃の枝下を通って切ってきた満開
の山吹である。二、三百本ほどの枝を腕に抱
えて戻りながらふと見上げたら、桜桃はもう
小指の先ほどに緑の実をふくらませていた。
その実の先では、若い葉が広がり、これも勢
いよく数をふやしている。
 
 山吹の株は、常陸の国府跡からも見えた龍
神山で抜いてきた。むかし、この国府につと
めていた役人達もあの山に登ったに違いない。
そう思ったら急に登りたくなったのだ。
 近くで遊んでいた少年に道をきくと、あの
山はいま採石のために、真ん中が割り削られ
て二つになっている。その崖からの眺めが怖
いようで面白いという。そして「案内しても
いい」と、三人の中学生が同行してくれた。
 その帰りに抜いてきた。三本ほど抜いて、
その内の二本が活着し、いまは大きな株にな
った。満開の枝を二百本は切っただろう。そ
れでも、枝を切ったと判らない程、いまは大
きな株になった。その山吹を古い壷にほとん
どそのまま投げ入れた。いや、そう見えるよ
うに活けた。
 それを洋問の真ん中に置いた。
 庭には古くから八重咲きの山吹があったが、
あの時、龍神山で一重の山吹を見てからとい
うもの、八重咲きの花を忘れている。
 一重五弁の黄色い花が満開だ。
 
 水壷のまわりに落ちた小枝や花びらもひろ
って、すべてが整った。まだ少しの時問があ
る。そう思って新聞を広げ、記事を数行読み
はじめた時、玄関に人の声があった。

〔発表:平成16(2004)年4月東京・東葛座会/初出:「短説」2004年7月号/再録:「短説」2005年5月号〈年鑑特集号〉*2004年の代表作「天」位選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.6.10〕

Copyright (C) 2004-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

短説:作品「腕の中の猫」(芦原修二)

   腕の中の猫
 
            
芦原 修二
 
 裕樹と健の忍び笑いが夾竹桃の株の向こう
に聞こえた。
「なにしてるんだァ?」
 美奈子は声をあげて走った。裕樹があわて
てシャツの裾を下ろし身づくろいをしている。
健はまだ笑っていたが、裕樹の方はもう森の
向こうの鉄塔を見ている。
「なァ、なにしてた?」
 美奈子は裕樹が答えないので、健に目を向
けた。
「ヒロちゃんのネコ。……ネコを見てた」
 健は、上気した表情を目に残したまま答え
た。美奈子は裕樹の腹のあたりをちらりと見
たが、そこはほっそりしていて、猫をかくし
ているようには見えなかった。
「拾ったの?」
 美奈子はつづけて健に聞いた。
「ちがう。ヒロちゃんの体の中にいる」
 美奈子は心臓がドキンとなった。――わた
しに見せられないところを健に見せていたの
だ。このごろ裕樹は女の子をのけものにして、
健とばかり仲よししている。
「ねえ、わたしにも見せて!」
 しかたない、といった表情で、裕樹が右腕
を伸ばした。
 健が裕樹の腕の力こぶに掌をあてた。
「ここにいるんだぞ」
 その手をのけて、裕樹が筋肉を力いっぱい
つねった。すると、そこの筋肉がもりあがっ
て、小さな生き物のように動いた。
 美奈子もまねて自分の腕を出した。
「ダメ。女の子は一生ダメ。ぼくは、いまに
出るようになるんだ!」
 健が言った。
 ――そんなのってない。美奈子は叫ぼうと
したが、くやしさで声が出てこない。

〔発表:2000年8月東京・東葛・ML座会/初出:「短説」2000年10月号/再録:「短説」2000年5月号〈年鑑特集号〉*2000年の代表作選出作品/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.4.20〕
Copyright (C) 2000-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 4日 (月)

短説:作品「四人ないし三人の彼等」(芦原修二)

   四人ないし三人の彼等
 
            
芦原 修二
 
 川べりを下っていったら、男の子同士が抱
き合っているのに出会った。見るのは気がと
がめたけれど、どうしても見て置きたかった。
目を向けたら、相手の一人と目線があってし
まった。それでも二人は抱き合っている。よ
く見ると、彼等は下半身がくっついたまま生
まれてきた双子であった。
 美しい匂いのする女性器を持ったひとがい
て、そのことを書いた小説が評判になってい
る。小説の名は『花の膣』。これはちょっと
ひどい題名だ。しかしわかりよいこともたし
かである。そういえば、自分の腋の下がいい
匂いを放っているときがある。自分のそこは
どうなんだろう。背をまるめて、鼻を近づけ
た。旅先の温泉で、誰もいない露天風呂での
ことである。湧き出す湯に含まれる硫黄の匂
いに消されてしまうのか、それとも体が硬く
て顔が近づかないせいなのか、そこの匂いは
嗅ぎ分けられなかった。もし、これがいい匂
いを持っているなら、『花の筒』ということ
になる、とそこまで考え、笑ってしまった。
 橋の上から眺めていたら、みみずくが溺れ
ている。ばかなやつだ。水の中で逆立ちでも
やったのだろう。それなら、もういちどひっ
くりかえればいいのに。そう思ったとたん、
みみずくはひっくりかえって、うまく水の上
に立ち、飛び上がった。みやがれ、そういう
こったろう、とべろを出したら、みみずくも
振りかえってべろを出した。それはまっ黒で、
先端がとがっていた。
 展覧会があった。いいものが並んでいる。
作者名に記憶がないのは、新人たちなのだろ
う。出ようとしたら入口脇に丸裸の少年が立
っている。「ほう」と立ち止まって見ると、
時々のどぼとけが動く。さわってみたくなっ
て、腹に指をふれたら温かであった。

〔発表:1999年8月東京・東葛座会/初出:「短説」1999年11月号/ (英訳版)「短説」2000年4月号:/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.2.1〕
Copyright (C) 1999-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 1日 (金)

"Four persons or three of them" by Shuji Ashihara

The Tansetsu:
"Four persons or three of them"
 
Shuji Ashihara

 
 I was coming down the riverside. There were two boys, and they were holding each other. I felt guilty as for seeing them. But, I wanted to stare at them well. Then, my eyes met one of boy's eyes. But they were still holding tightly. And I observed them well. They were twins whose lower half of the body stuck together.
 There was a woman who had the sex organs giving off fragrance. A certain writer novelized her life. The novel became one of the best sellers. Titled as "The flwer vagina". Isn't it a cruel title? But it is the name which is very easy to understand.
 Say the truth, my armpits have good smell, too. Then how about my sex organs? I rounded my back, and drew a nose to my sex organs. It was a happening in the hot spring of the destination. In the open-air bath, no one was there except for me. But my sex organs didn't smell. The sulfur smell of the hot spring might disturb it. And probably because my nose didn't reach to my sex organs. My body was so stubborm. If there was good smell there, it would be named "The flower pipe". As I thought so far, I began to laugh.
 I was looking around on the bridge. An eared owl was drowned in the river. What a silly feI1ow! Maybe, he stood on end in the surface of the water. As for such a thing, he had to be again overtumed. The moment I thought it, the owl was overtumed and stood on the water. Therefore, he could jump into the air. It was as I said. Then I stuck out my tongue. And the owl stuck out his tongue to me. He had a black tongue which was very sharp.
 I visited the artistic exhibition. It was the very good and fine exhibition. But all of artists were unknown to me. Probably, they were all newcomers. On the exit, a naked boy was standing, He didn't move like an object. I stopped, and looked at him well. Only his Adam's apple moved a little. I wanted to touch him. Ahen! His belly was so soft and Warm.

(translated by author himself) 〈August 1999 Tokyo/Tokatsu session〉 〔発表:1999年8月東京・東葛座会/初出:「短説」1999年11月号/(英訳版)「短説」2000年4月号:/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.2.1〕
Copyright (C) 1999-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 1日 (火)

短説:作品「叔父」(芦原修二)

   叔 父
 
            
芦原 修二
 
 その秋、叔父は黒い四角な革カバンを下げ
てバスから降りてきた。これが叔父に関する
まゆ子の一番最初の記憶である。
「ほら、あなたの叔父さまよ」
 そういう母の声に、まゆ子は走った。叔父
は笑いながら、まゆ子に革カバンを渡した。
重かったが、まゆ子は両手で懸命に持ちあげ
ていた。家についてから叔父は、カバンの止
めがねを音を立てて開け、中から土産物を取
り出した。叔父は、一人一人に土産を用意し
てきていた。そのとき何をもらったのか、ま
ゆ子はもう覚えていない。
 叔父が住んだ家は、海岸の松林の向こうに
あった。まゆ子は、松林の中を姿をかくすよ
うに歩いて叔父の家に近づく。
 ナオジが黄色いタオルでベランダの手すり
を磨いている。手すりはこげ茶色のペンキで
塗られている、ナオジの首すじのうぶ毛が金
色に光った。まゆ子は松の幹に体をひそめ、
じっとナオジをみつめている。
「おおい、ナオ君」
 突然叔父の声がした。それに「ハイ」と答
え、ナオジ少年が家の中に駆け込んで行く。
まゆ子は、訪ねて来たことを叔父に知られな
いように、こっそりと松林の中を引き返し、
途中からは逃げるように走った。
 叔父は何をして生活しているのか。「説明
のしようがないわね。だからわたしは外聞が
悪くて。あの弟は嫌い」と母はいう。
 五月になった。もう叔父は、松林の向こう
に住んではいない。それでもまゆ子はこっそ
り訪ねて行く。ベランダの板張りがきしみ、
鍵のこわれたドアが半分開いている。中に入
ってガラス戸から外を覗くと、九十九里浜と
海とが見える。地面には松の花粉が一面に散
り敷いていて真っ黄色だ。

〔発表:1996年3月東京/東葛座会/初出:「短説」1996年5月号 再録:「日&月」1996年7月第2号/「短説」1999年6月号(仏訳併録)/〈短説の会〉公式サイトupload:2005.2.1〕
Copyright (C) 1996-2005 ASHIHARA Shuji. All rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧